ツボ押し資格と通信講座

ツボ押しに関するおすすめ資格一覧とおすすめの通信講座

目次

ツボとは

ツボ押しはいつでもどこでも気軽に行える健康法として古くから日本でも親しまれています。ツボ押しには科学的な根拠はないと言われながらも、腰痛や肩こりなど外因的な疾患のみならず、頭痛や胃痛などといった内臓疾患にも有効な場合があり、その根拠や効果に疑問を持たれる人も珍しくありません。

そもそもツボというのは東洋医学で用いられる考え方です。東洋医学では、私たちの体には「気」が巡っているとされています。気というのは、自然界に存在するエネルギーのようなものを指します。この「気」が流れる道筋のことを「経絡(けいらく)」と呼び、私たちの体にはいくつもの経絡が存在しています。経絡の所々には、様々な臓器などにつながっている神経が通っており、経絡の中で、それらの神経が集中している部分を「経穴(けいけつ)」と呼び、この経穴を「ツボ」といいます。

そのため、ツボを刺激するということは、神経を刺激するということです。刺激された神経、特に自律神経がつながった先の臓器などに直接働きかけることで、ツボ押しをすると臓器など内臓疾患にも有効な場合があります。

ツボ押しに関する人気資格

ツボの知識や技術を活かせる資格の中で、特に人気がある資格をご紹介します。

つぼトレーナー

つぼトレーナーとは、人間の体に存在するツボの種類・見つけ方・押し方などの基礎知識を理解し、実践的にマッサージを活用できる方に与えられる資格です。

人間の全身には361個のツボが存在し、ツボを活用した健康法はWHO(世界保健機構)にも認められ、長い歴史にわたり私たちの健康・美容に役立ってきました。

悩みに対応するツボを刺激することで、肌荒れ・ダイエット・デトックス・不眠など様々な不調解消に効果があります。

特につぼトレーナーの資格では、「美容」に重点を置いたツボ活用法が修得できるため、ご自身の美容を高めたい人や他者に助言・施術したい人に適した資格です。

つぼトレーナーの基本情報

つぼトレーナーは、日本生活環境支援協会(JLESA)によって主催されており、資格試験が2ヶ月に1回実施されます。

こちらの資格により、「つぼの歴史」「東洋医学」「足・手・耳つぼの経穴と反射区」に関する知識だけでなく、健康・美容に効果のある実践的なマッサージ技術が修得可能です。

  • 受験資格・・・特になし
  • 受験料・・・・10,000円(消費税込み)
  • 申込方法・・・日本生活環境支援協会ホームページからの申込み
  • 受験方法・・・在宅受験
  • 合格基準・・・70%以上の評価

申し込みから合否通知までの流れは以下のとおりです。

  1. 日本生活環境支援協会のホームページから受験申込の手続きをします。
  2. 同協会より受験票・試験問題・解答用紙が送付されます。受験料は代金引換での支払いなので、書類を受け取った際に配送スタッフに10,000円 (税込み)を支払います。
  3. 指定された試験期間内の都合の良い日に、在宅にて試験を実施します。
  4. 試験後、同封された返送用封筒に解答用紙を入れ、提出期限までに同協会へ返送します。
  5. 合否通知は、翌月20日に同協会より発送されます。

つぼトレーナーは受験資格が特にないのでどなたでも受験可能です。日程の詳細情報は、日本生活環境支援協会ホームページにてご確認ください。

つぼトレーナーを取得するメリット

つぼトレーナーを取得すると、それぞれの悩みに適したツボを理解した上でセルフマッサージや他者へのサービス提供が可能になります。

サロンや店舗でつぼマッサージを受けたいと思っても、継続するにはやや高めの料金設定で躊躇してしまいがちです。

反面、ご自身で技能を取得してしまえば気軽に自宅でセルフマッサージが行え、悩みに対して早い段階で対応ができます。

また女性が悩みがちな冷え性やむくみに対しても効果を発揮するので、ご自身だけでなく身近な人にマッサージを施してあげると喜ばれます。

そしてプライベートで効果を実感できるだけでなく、仕事を通して他者に施術したりツボに関する知識を指導したりと、幅広い場面で力を発揮できます。

つぼトレーナーを活かせる仕事とは

つぼトレーナーの知識・技術を活かし、美容業界でのサービス提供や講師活動が可能です。

企業・個人サロンでお客様のご要望に合ったつぼマッサージの提供、そしてツボに関する知識・技術を多くの人へ伝える講師活動、などが代表的な例です。

実際にお客様の体に触れるマッサージにおいては、相手との信頼関係のもと施術が行えるようコミュニケーション能力が高いと有利です。

反射区を用いたツボの刺激により不調を解消するつぼトレーナーは、健康と美容の両面からサポートできる貴重な人材として美容業界で活躍できます。

つぼ押し士

つぼ押し士とは、ツボ押しに必要な足・手・耳の反射区の位置を理解した上で、知識や活用法を指導できる方に与えられる資格です。

ツボ押しの仕組みは、反射区を正しく押すことで神経・自律神経に刺激を与え働きの活性化を図る、という流れです。

そうしたメカニズムを十分理解したつぼ押し士は、マッサージを提供することはもちろん、これから「健康のためにツボ押しを学びたい」と思う人に対し、正しい知識のもと指導できる人材だと言えます。

つぼ押し士の基本情報

つぼ押し士は、日本インストラクター技術協会(JIA)によって主催されており、資格試験が2ヶ月に1回実施されます。

日本では「足つぼマッサージ」という名称で親しまれていますが、世界各地には英国式・タイ式・台湾式・ドイツ式など様々な種類が存在します。

ただし、それぞれに異なる特徴はあるものの、基本的な反射区のメカニズムは同じです。

そうした種類の違いを把握していれば、今後の活用の幅も広がります。

  • 受験資格・・・特になし
  • 受験料・・・・10,000円(消費税込み)
  • 申込方法・・・日本インストラクター技術協会ホームページからの申込み
  • 受験方法・・・在宅受験
  • 合格基準・・・70%以上の評価

申し込みから合否通知までの流れは以下のとおりです。

  1. 日本インストラクター技術協会ホームページから受験申込の手続きをします。
  2. 同協会より受験票・試験問題・解答用紙が送付されます。受験料は代金引換での支払いなので、書類を受け取った際に配送スタッフに10,000円(税込み)を支払います。
  3. 指定された試験期間内の都合の良い日に、在宅にて試験を実施します。
  4. 試験後、同封されている返送用封筒に解答用紙を入れ、提出期限までに同協会へ返送します。
  5. 合否通知は、翌月20日に同協会より発送されます。

日程の詳細情報は、日本インストラクター技術協会ホームページにてご確認ください。

つぼ押し士を取得するメリット

つぼ押し士の取得により、足・手・耳における反射区を把握した上でマッサージや指導が可能です。

特に、多くのツボが存在する手と足はご自身でもセルフマッサージがしやすい部分なので、手軽にいつもの生活へ取り入れて健康促進へ役立てましょう。

また同協会では、つぼ押し士認定を「教える技能が一定以上ある者」に定めているため、講師を目指す方にも的確な資格だと言えます。

つぼ押し士を活かせる仕事とは

複数あるツボ押しに関連する資格の中でも「教える技能」が証明されたつぼ押し士の取得は、将来講師として活躍したい方に最適な資格です。

カルチャースクールや自宅での講師活動のほか、サロンでお客様にマッサージをしながら詳しいツボの知識・仕組み・効果を説明できるため、安心と信頼のもとサービス提供ができます。

いずれにしても、ツボ押しの知識を十分に身に付けた人材は、健康志向の人や不調を抱える人の心強い味方になるでしょう。

リフレクソロジスト

リフレクソロジストとは、足や手の反射区を刺激して行う反射療法を用いて、その知識・施術を正しく提供できる方に与えられる資格です。

現代人の抱えるストレスや体の疲れに対し、一人一人のご要望に合わせたマッサージ・アドバイスが可能な人材であり、心身ともに健康的に過ごすためのサポート役として注目されています。

リフレクソロジストの基本情報

リフレクソロジストの資格は、複数の団体で催されており、それぞれの特徴を把握した上でご自身の希望に合う選択が可能です。

代表的な認定資格を以下3つご紹介します。

日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)

  • 資格名・・・・リフレクソロジスト(レギュラー/マスター/インストラクター/トップインストラクター)
  • 受験資格・・・同団体の指定講座カリキュラム修了者
  • 受験方法・・・カリキュラム終了後、受験

こちらのリフレクソロジスト資格は「レギュラー」「マスター」「インストラクター」「トップインストラクター」の4つから選択できます。

丁寧なカウンセリングを前提とした施術を会得でき、一人一人の状態や希望に合わせたマッサージ・アドバイスが行える能力が備わることが、この資格の特徴です。

西洋式リフレクソロジーの施術技術だけでなく、体の仕組み・栄養素の働きなど正しい知識を把握した上で、お客様ご自身が自宅で行える内容もアドバイスできます。

費用や日程詳細は、同団体ホームページでご確認ください。

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)

  • 資格名・・・・リフレクソロジスト
  • 受験資格・・・同協会の指定講座カリキュラム修了者
  • 試験日程・・・随時
  • 受験料・・・・5,600円(消費税込み)※講座料金は別途負担
  • 受験方法・・・カリキュラム終了後、在宅受験

マッサージを提供するために必要な「人間の体の仕組み」「反射区の基礎知識」を理解し、足・手の反射区を用いた施術技術が身に付きます。

リフレクソロジストを取得するメリット

リフレクソロジストの資格取得により、体の仕組み・反射区の知識・施術方法など、私たちの健康的な生活のために必要な技能が身に付きます。

その技能を証明した者に与えられる「リフレクソロジスト」資格を活かした仕事に従事するだけでなく、ご自身や家族の健康促進にも大変役立ちます。

リフレクソロジストを活かせる仕事とは

リフレクソロジストは、リラクゼーション・美容業界のほか医療・福祉の現場、講師活動と幅広い分野で活躍できます。

先ほどご紹介した各団体における資格の特徴を確認し、ご自身が将来目指す分野をイメージして、それに適した選択を行うと近道です。

資格取得後の就職・転職・開業に向けたサポート体制が整っている団体・スクールも多いので、講座受講の際には確認すべきポイントです。

リフレクソロジストは、企業への就職はもちろん独立開業も可能であり、心身の健康が求められる社会で需要のある仕事だと言えます。

リフレクソロジーjp

リフレクソロジーjpとは、東洋医学の歴史・基本、リフレクソロジーの種類・効果・施術方法の知識を有した者に与えられる資格です。

反射療法とも呼ばれるリフレクソロジーでは、足裏の反射区を刺激することで不調改善や健康促進に対応し、心身ともにリラックス効果も期待できます。

東洋医学や施術の種類・効果の知識を有しているリフレクソロジーjpは、一人一人のご要望に適した足ツボ押しマッサージを提供、または人に癒しを与えることが可能な人材です。

リフレクソロジーjpの基本情報

リフレクソロジーjpは、日本メディカル心理セラピー協会によって主催されており、資格試験が2ヶ月に1回実施されます。

こちらの試験により、「東洋医学の歴史・考え方」「各国の健康法」「リフレクソロジーの歴史・種類・効果」「英国式・台湾式リフレクソロジーの違い」「反射区」などの知識が身に付くほか、心のケアに重点を置いたリフレクソロジーの施術方法が理解できます。

  • 受験資格・・・特になし
  • 受験料・・・・10,000円(消費税込み)
  • 申込方法・・・日本メディカル心理セラピー協会ホームページからの申込み
  • 受験方法・・・在宅受験
  • 合格基準・・・70%以上の評価

申し込みから合否通知までの流れは以下のとおりです。

  1. 日本メディカル心理セラピー協会ホームページから受験申込の手続きをします。
  2. 同協会より受験票・試験問題・解答用紙が送付されます。受験料は代金引換での支払いなので、書類を受け取った際に配送スタッフに10,000円(税込み)を支払います。
  3. 指定された試験期間内の都合の良い日に、在宅にて試験を実施します。
  4. 試験後、同封されている返送用封筒に解答用紙を入れ、提出期限までに同協会へ返送します。
  5. 合否通知は、翌月20日に同協会より発送されます。

日程の詳細情報は、日本メディカル心理セラピー協会ホームページにてご確認ください。

リフレクソロジーjpを取得するメリット

東洋医学におけるリフレクソロジーを理解した上でお客様や家族にマッサージを行い、心身の健康に対する手助けができます。

足ツボと聞くと「痛そう」と不安に思うかもしれませんが、痛みを伴う台湾式に比べ、リフレクソロジーjpが用いる英国式はリラクゼーションを目的とした痛みのない施術なので安心です。

お客様にサービス提供するだけでなく、足裏はご自身でもマッサージしやすい部位なので日頃の体と心のケアにも役立ちます。

リフレクソロジーjpを活かせる仕事とは

リフレクソロジーjpは、リフレクソロジーを提供するサロンや店舗などに勤務できます。

カウンセリングのもと一人一人のご要望に沿った施術は、お客様に体と心の癒しを提供するやりがいのある仕事です。

またカルチャースクールや自宅教室での講師活動も可能であり、能力の証明となるリフレクソロジーjp資格は信頼にも繋がります。

ツボ押し資格が取得できる通信教育スクール

ここからは、ご紹介した資格を取得できる通信教育スクールをご紹介します。

つぼトレーナーW資格取得講座(諒設計アーキテクトラーニング)

諒設計アーキテクトラーニングのつぼトレーナーW資格取得講座では、日本生活環境支援(JLESA)主催のつぼトレーナー、日本インストラクター技術協会(JIA)主催のつぼ押し士の2資格に関する学習が可能です。

  • 受講期間:6ヶ月(最短2ヶ月)
  • 添削:5回 (試験免除講座は、さらに卒業課題1回)
  • 受講料:「美容つぼマイスターW資格取得講座」:59,800円、「美容つぼマイスターW資格取得スペシャル講座」(試験免除講座):79,800円

諒設計アーキテクトラーニングの「美容つぼマイスターW資格取得講座」で学ぶメリット

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座「美容つぼマイスターW資格取得講座」は、この講座ひとつで2つの資格が同時取得できます。日本生活環境支援(JLESA)による「美容つぼマイスター」と、日本インストラクター技術協会(JIA)による「健康つぼ押しインストラクター」です。

また、忙しくて試験を受ける余裕がない人や、できるだけ早く資格をとりたい人、確実に資格をとりたい人には、試験が免除されるコースもあります。このコースは、諒設計アーキテクトラーニング限定で、「美容つぼマイスター」と「健康つぼ押しインストラクター」の2つの資格が、講座を卒業すると同時に取得できるものです。資格を認定する各協会によって指定されたスペシャル講座を受講し、卒業課題を提出すると、その時点で両方の資格が認定されます。

「美容つぼマイスター」や「健康つぼ押しインストラクター」は、手や足、耳などのつぼについて、位置や見つけ方、おし方といった基礎知識の理解が必要で、さらに、それらを美容や健康に活かすための知識も求められる資格です。この講座は、初心者でもわかりやすいカリキュラムを採用し、自宅で効率よく学べるというメリットもあります。

資格取得までの流れ

コースは、通常コースと、試験が免除されるスペシャルコースの、2種類から選べます。どちらも受講期間の目安は6ヶ月ですが、最短では2ヶ月で終了することも可能です。資格を取得するには、まず、教材を使って自宅で学習して、5回の添削を受けます。受講マニュアルも準備されているので、通信講座に慣れていない人でも安心して進められます。

教材は、「完全攻略テキスト」のほか、練習問題集、模擬試験/などが用意され、資格試験にむけて、実践的に学べる内容です。わからない時は、質問することもできます。自宅で学習する際には、自分の体で試したり、家族や友人の協力を得たり、工夫して確認することで、理解を深める人も多いようです。

通常コースでは、講座を終了した後に、「美容つぼマイスター」や「健康つぼ押しインストラクター」の試験に申し込む形です。2つの資格は認定団体が異なるので、それぞれの団体への申し込みが必要です。その後、試験に合格すると、それぞれの資格が取得できる流れです。試験免除のスペシャルコースの場合は、最後に卒業課題を提出します。スペシャルコースでは、終了した時点で資格も取得できるので、当然、試験の申し込みや受験は必要ありません。

卒業して資格を取得した後は、現在の仕事の幅を広げる人や、さまざまな副業をはじめる人、講師活動をする人、美容や健康に活かして生活を豊かにする人など、さまざまです。

ツボ押しとは

つぼ押しに関する資格や通信講座をご紹介しましたが、ここからはツボ押しの効果や代表的なツボについての知識をご紹介します。資格を取得するひも必要な知識で、日常的に押して効果が期待できるツボもありますので、ぜひ確認してみてください。

ツボ押しの効果

様々な場所とつながっているツボですが、ウイルス性の病気などには効果がありません。ツボ押しで改善できる体の不調は、ホルモンバランスの乱れによるものやその器官の働きが悪くなることで起こるトラブルなど、つまり「気」の流れが悪くなることで起こる不調です。これらの不調は、その器官の気の流れを良くすることで改善できます。

例えば胃痛の場合、胃につながるツボを刺激すると、神経を伝って直接胃に働きかけることができます。具体的には胃の血流が良くなることで胃の働きを良くします。そのため、胃痛の改善につながる、といった流れでツボ押しにより胃痛が改善されます。血流だけでなく、リンパの流れやホルモンバランスの乱れなどから起こる不調も同じように、ツボ押しをすることでリンパの流れを良くし、ホルモンの分泌量を調整することができ、不調を改善できます。

効果の出やすいツボ押しの方法

いつでもどこでも気軽に行えるのがツボ押しの良いところですが、よりツボ押しの効果を得たい場合には、ツボの押し方と時間帯に気をつける必要があります。

東洋医学では、気が流れやすくなるとされている時間帯があり、6時、12時、18時、24時です。この時間帯にツボ押しをすると、気が流れやすくなることからツボ押しの効果をより得られます。一方、食前食後やお風呂上がりは体に負担がかかるためツボ押しには向きません。

また、ツボ押しはツボの場所によってより効果を得られやすい押し方があります。親指で強く押す方が良い場所や、人差し指の腹を使ってやさしくマッサージするように押す方が良い場所など、様々なのでよく調べて正しい押し方を心がけることでより効果を得られやすくなります。また、ツボ押しをする時はリラックスした状態で行い、気が流れていくところを頭の中でゆっくりとイメージしながら行うと、実際に気が流れやすくなり、効果を実感しやすくなります。

ツボ押しは気軽に行える健康法

ツボ押しはいつでも気軽に行える健康法です。より効果を高めたい場合には、正しい押し方を心がけ、時間帯にも気を配る必要があります。何よりもリラックスした状態で、自分の体に気が流れていくところをイメージしていくと、より効果的です。

私たちの体の様々な場所につながっているツボ。不調を感じる時は、症状別にツボを調べて正しくツボ押しをすることで、ツボを有効に活用することができます。

改善したい不調別ツボ押しの方法

東洋医学の一つにツボ押しがあり、日本でも古くから気軽に行える健康法として多くの人が活用しています。ツボとは東洋医学では「経穴(けいけつ)」と呼ばれる神経が集中した場所のことです。そのため、ツボを刺激すると神経、特に自律神経に直接はたらきかけることができ、その神経がつながった先の患部を刺激できるので、体の不調が改善します。

ツボは正しい位置を正しく押さないと効果が得られません。ツボを押すときは、痛気持ちいいくらいの強さとし、一つのツボに対して10秒ほどを目安にします。改善したい患部のツボの場所をしっかりと調べ正しくツボ押しをすると、不調を改善することができます。

頭痛の時のツボ押し

頭痛には緊張型頭痛と偏頭痛の2つのタイプがあり、緊張型頭痛にはツボ押しが有効です。緊張型頭痛は血管の収縮により起こる頭痛なので、血液の流れを良くすることで改善することができます。緊張型頭痛に有効なツボには、天柱(てんちゅう)・頷厭(がんえん)があります。

天柱(てんちゅう)

天柱とは、後頭部にあるツボで、耳の後ろ、髪の生え際のあたりにあります。首の後ろ側にあるくぼみの両端には2本の太い筋肉があり、その外側を指します。

天柱を押すときはアゴを上げ気味にしながら、気持ちいいと感じるようになるまでゆっくり押すようにします。また、蒸しタオルなどで天柱を温めるのも効果的です。

頷厭(がんえん)

頷厭とは、顔ツボの一つでこめかみの上側にあり、口を開け閉めした時に動きがある場所を指します。頷厭は中指でやさしく押すようにして、慣れてきたら少し強めに刺激します。

肩こりの時のツボ押し

パソコンやスマホの普及とともに肩こりに悩む人が増えました。肩こりは不自然な体勢を長時間とることにより、首や肩周りの血流が悪くなることから起こります。そのため、首や肩付近の筋肉を和らげるようにツボを刺激すると症状を緩和することができます。肩こりに有効なツボには、風池(ふうち)、肩井(けんせい)があります。

風池(ふうち)

風池は首の後ろ中央部にあるくぼみから指2本分ほど外側、髪の生え際よりも少し上にあるツボを指します。

風池は風池の場所に親指がくるようにして、頭部を包むように手を添え、やさしく刺激していきます。慣れてきたら痛気持ちいいと感じるくらいに強くしていきます。

肩井(けんせい)

肩井はもっとも肩こりを感じやすいところにあるツボです。首の付け根と肩の先端のちょうど中間にあり、肩こりがひどい人だと肩井が固くなっているケースもあります。

肩井は中指を使って気持ちいいと感じる程度に刺激します。また、反対側の手でつかみようにして持ち、肩甲骨を回しながら刺激すると効果的です。

眼精疲労の時のツボ押し

テレビやパソコンから出るブルーライトにより眼精疲労に悩む人が多く、眼精疲労は放っておくと頭痛や肩こりの原因になります。眼精疲労に有効なツボには、太陽(たいよう)、晴明(せいめい)があります。こまめにツボ押しをすることで眼精疲労を改善することができます。

太陽(たいよう)

太陽は顔ツボの一つで、こめかみの下にあるくぼみの部分を指します。太陽は中指でやさしく刺激するようにします。眼精疲労の他、かすみ目の改善にも有効です。

晴明(せいめい)

晴明は目頭の先端のくぼみにあるツボを指し、ちょうど鼻の付け根の位置でもあります。晴明は目の周りの筋肉に直接働きかけ血流を良くすることで眼精疲労を改善できます。晴明のツボ押しは目を閉じて人差し指でやさしく刺激するようにします。

疲労回復のツボ押し

心身ともに疲れがたまると、体中の気が滞り、体がだるくなったり気力が湧かなくなったりします。疲労回復には体中の気の流れをよくする湧泉(ゆうせん)・労宮(ろうきゅう)というツボを刺激することが有効です。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は足ツボの一つで、足の裏の土踏まずよりも少し上側、足の指を曲げた時にへこむ場所を指します。湧泉は親指でやや強めに押し、足の裏が温かくなったと感じるまで刺激すると効果的です。また、ゴルフボールなどを使って刺激すると楽にツボ押しをすることができます。

労宮(ろうきゅう)

労宮は手のひらにあるツボで、手を握った時、中指が当たる場所を指します。労宮は親指を使い、5秒ほど強めに押しては離す、という動作を繰り返しながら刺激します。

腰痛のツボ押し

同じ姿勢での長時間作業や、運動不足が続くと血行が悪くなり腰痛の原因となります。腰痛は腰まわりにつながる筋肉や神経を刺激することで改善でき、大腸兪(だいちょうゆ)・委中(いちゅう)というツボが効果的です。

大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪は腰にあるツボで、腰骨と同じ高さ、背骨から左右に指2本分ほど外側にあります。大腸兪は親指で押さえてしっかりと押します。また、大腸兪から指3本分ほど上にある腎兪(じんゆ)というツボも合わせて押すとより効果的です。

委中(いちゅう)

委中は膝の裏にあるツボで、膝の裏のちょうど真ん中にあり、触ると脈打っているのを感じられる場所にあります。委中は人差し指・中指・薬指を使い、軽く押しながら回るようにして押します。委中は体中の血の巡りを良くするツボで、腰痛のほか、むくみなどにも効果的です。

不眠のツボ押し

不眠で悩む人は多く、眠りにつけないだけでなく、良質な睡眠を取れないという人も珍しくありません。不眠は交感神経が高ぶるために起こることが多いため、交感神経を落ち着かせるツボを押すと効果的で、失眠穴(しつみんけつ)・丹田(たんでん)というツボがあります。

失眠穴(しつみんけつ)

失眠穴は足ツボの一つで、かかとの中央にあります。握りこぶしを作りかかとを叩くようにして刺激します。高ぶった神経を落ち着かせスムーズに入眠できるようになります。

丹田(たんでん)

丹田は、へその下3〜5cmのところにあるツボで、体中の気力が集まる場所といわれています。仰向けやあぐらなどリラックスできる状態になり、丹田に両手を添えるようにしてゆっくりやさしく刺激していきます。カイロなどで温めるのも効果的です。

正しいツボ押しで症状を改善

私たちの体にはたくさんのツボがあり、その全てが神経でつながっています。ツボを刺激すると体の患部に直接働きかけることができ、不調を改善できます。また、ツボを押す時は呼吸も大切にし、ツボを押すときにゆっくりと息を吐くようにすると、より効果を得られます。体の悩みに応じたツボを正しく押すことで、体の不調を改善できるツボ押しは、いつでもどこでも気軽に取り入れることができます。また、比較的すぐに効果を実感できるところも魅力の一つであるツボ押しは、身近な健康法として重宝できるものです。

ツボ押しの美容効果

私たちの体にはたくさんのツボがあり、体中の様々な場所につながっています。その中にはリフトアップや美肌・美髪など美容に効果のあるツボもたくさんあります。美容はホルモンと深い関係にあり、ホルモンバランスが崩れると肌が荒れたり髪にツヤがなくなったりします。ツボ押しはホルモンや自立神経に直接アプローチできるため、比較的効果が出やすく、お金がかからず誰でも気軽に行える美容法です。

リフトアップに効果のあるツボ押し

顔がむくんだり、たるんだりすると法令線が気になります。リフトアップして顔のたるみや法令線を改善するには、率谷(そっこく)・地倉(ちそう)というツボ押しが効果的です。どちらも顔ツボなのでメイクの前や寝る前など日頃のお手入れの一つに取り入れて毎日ツボ押しをするとより効果が得られます。

率谷(そっこく)

率谷は耳の一番高い部分から2cmほど上側、少し凹みのある場所を指します。率谷は親指でしっかり押さえ、少し上に引き上げるように刺激します。頭の血流が良くなり、顔のたるみを改善できリフトアップします。

地倉(ちそう)

地倉は唇の両端から2cmほど外側にある顔ツボです。地倉は中指や人差指を使って軽く押さえ、少し上に引き上げるような感じで刺激します。地倉を刺激すると、顔の表情を作る筋肉を緩めることができ、リフトアップに効果があります。

小皺に効果のあるツボ押し

乾燥するとできることの多い目尻の小皺は、顔まわりの血流をよくすることで改善することができます。目尻の小皺には攅竹(さんちく)・球後(きゅうご)というツボが効果的です。

攅竹(さんちく)

攅竹は目頭の上側、眉毛の下側にある深い凹みにある顔ツボです。人差指で押し上げるようにして刺激します。攅竹をツボ押しすると目周りの血流が良くなり、基礎代謝がアップするので、小皺を改善できます。疲れ目にも有効です。

球後(きゅうご)

球後は目尻から指1本分下側にある顔ツボです。球後は人差し指を使い、軽くはじくように刺激します。球後をツボ押しすると、むくみを改善し目周りの腫れぼったさを改善できるので、小皺にも効果があります。

肌荒れに効果のあるツボ押し

肌荒れは不規則な生活や暴飲暴食、ホルモンバランスの乱れによって起こります。そのためホルモンに直接作用するツボや胃腸に働きかけるツボを刺激すると肌荒れに効果があり、合谷(ごうこく)・三陰交(さんいんこう)というツボがあります。

合谷(ごうこく)

合谷は手の甲にあるツボです。親指と人差指の付け根、骨と骨が合わさる部分にあります。合谷は親指で強くしっかりと刺激するようにします。合谷は胃腸や大腸に直接作用するので、暴飲暴食による肌荒れに効果的です。

三陰交(さんいんこう)

三陰交は内くるぶしの一番高いところに小指を置き、指をそろえた時に人差し指があたる場所にあるツボです。三陰交は婦人系に万能のツボといわれ、ホルモンバランスを整えることができます。三陰交をツボ押しするとホルモンバランスを整えることで肌荒れに効果があります。三陰交は自分が気持ちいいと感じるくらいの強さで刺激します。

ニキビに効果のあるツボ押し

ニキビや体調不良はホルモンバランスの乱れのサインです。東洋医学ではニキビができる時は、肺経という生命のエネルギーの流れが滞っていると考えます。そのため、肺経に直接働きかけることのできる上巨虚(じょうこきょ)というツボ押しが効果的です。また大人ニキビはホルモンバランスの乱れです。大人ニキビには瘂門(あもん)というツボを刺激します。

上巨虚(じょうこきょ)

上巨虚は肺経を刺激して胃腸に働きかけることができるツボです。上巨虚は足三里(膝にあるお皿から指4本分下側で骨の外側にあるツボ)から指4本分下側にあります。上巨虚は親指でしっかり押さえ、痛気持ちいいと思うくらいの強さで刺激します。

瘂門(あもん)

瘂門は、首の後ろ側にあるくぼみの中央にあるツボです。髪の生え際より少し上側にあります。瘂門を刺激すると血流が良くなり、自律神経を整え流ので、大人ニキビに効果的です。ツボ押しをする時は、親指で押さえ、はじめは少し軽めに、慣れてきたら少し強めに押していきます。

美髪に効果のあるツボ押し

頭の血流が悪くなると髪にツヤがなくなったり白髪が増えたりします。頭のツボを刺激することで、体中の血流を良くして美髪を作ることができ、百会(ひゃくえ)というツボが効果的です。

百会(ひゃくえ)

百会は耳と耳を結んだ頭のちょうど頂上にあるツボです。百会は万能のツボで、体中の血流を良くし、自律神経を整えることができます。親指でしっかり押さえ、5秒ほど押しては離す動作を繰り返すようにして刺激します。

ツボ押しで体の内側から美容を作る

ツボ押しは、お金をかけずにいつでもどこでも気軽にできる美容法です。ツボ押しをすると体の内側に働きかけることができるため、悩んでいる症状を根本的に解決できることが魅力の一つです。また、ツボ押しには効果が得られやすい時間帯があり、6時、12時、18時、24時です。この時間は体の気が流れやすくなります。一方、深夜や食後30分以内は効果を得られにくい時間帯です。時間帯にも気をつけてツボ押しをするとより効果が得られます。