もものツボで痛み改善

もものツボに圧を加えると足の痛みなどを改善できる

もも部分にもあるツボ

足や腰など、様々な場所にあるツボですが、足の膝より上を指すもも部分にもたくさんのツボがあります。風市や殷門などのツボがももに存在します。押すとどのような効果があるのか学ぶために、基本的な知識を頭に入れましょう。

風市ツボ

風市ツボはももにあるツボで、大腿の中心にあります。直立になった際、手を下に降ろして中指の先が触れる場所が風市ツボです。風市ツボを刺激すると、腰痛を緩和させ、足の疲労や痛みを改善させることが可能です。風市ツボを押す時は、正しい押し方を把握していなければいけません。

3秒間押した後、3秒間かけてゆっくりと指を離すことが基本的な圧の加え方です。3分から5分間繰り返し刺激を与えると効果が得られます。

殷門ツボ

殷門は、ももに存在します。膝の裏とお尻、太ももの付け根を結んだ線中心部にあります。殷門ツボは、むくみや腫れなどで膨らんでしまった足の症状を和らげる効果があります。また、疲労を解消させることも可能です。殷門ツボを刺激する時は、両手を使って自分の太ももを掴まなければいけません。

太ももを覆うように掴んだら、指の中指を使用して力をしっかりと加えながら3秒間揉みながら圧を加える必要があります。片足ずつ刺激を与え、10回行うと効果的です。

無名穴ツボ

太ももの内側にある無名穴は、血の流れを改善させることができるため、代謝を向上させることができます。そのため、下半身部分に蓄積した血液や老廃物を解消させることができ、足のむくみを緩和させることが可能です。無名穴は、太ももの中心部分にあるツボなのですが、正確な位置は個人差がありますので、実際に指で太ももを押しながら、痛みを感じる部分を探す必要があります。

無名穴に圧を加える際は、椅子に腰かけて足を少し開き、手の指を4本使って刺激する必要があります。

血海ツボ

血海ツボは、ももの先にあり、膝のお皿と呼ばれている部分の近くに存在します。左右それぞれのももにあり、膝のお皿部分から指3本内側に移動すると触れることができます。10番目の経穴として知られている血海ツボですが、生理痛や貧血、冷え性など多くの女性を悩ませている症状を緩和することができます。

血海ツボを押す時は、椅子に座り、深呼吸などをして足から力を抜く必要があります。リラックスして力を抜くことができたら、手の親指でツボに触れ、息を吐きつつ3秒間かけて押すことが大切です。圧を加える時は、少し強めにする必要があります。3秒経過したら、押したときと同じように、3秒間かけてゆっくりと指を離すことが重要です。

基本的な流れを1分から3分かけて繰り返し行うことで、効果を期待することができます。

まとめ

足のももには、たくさんのツボが存在します。ももにあるツボは、それぞれ異なる効果が得られるのですが、生理痛の改善や足のむくみを緩和できるなど、女性にとって嬉しい効果を期待することができます。ももを押す時は、椅子に座って刺激することが多いので、自分が座りやすいと感じている椅子を準備して押しましょう。

押す時間と正しい指の使い方を理解することができれば、効率良くツボの刺激をすることが可能です。

関連記事

  1. 自律神経を整え、痔を緩和できる腕のツボ

  2. ふくらはぎのツボ

    膝の痛みや胃の調子を整えたい人は足のツボを刺激する必要がある!

  3. お腹のツボ

    お腹のツボは消化不良や水太りに効果を発揮する!

  4. 手の甲には自律神経や頭痛を改善できるツボが存在する

  5. 腰のツボは便秘や下痢などを改善できる!

  6. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    おしりのツボを押すとヒップアップ効果が期待できる

  7. 手のひらのツボ押しをすることによる効果

  8. 肩甲骨の周りをツボ押しすることによる効果