ツボ押しに合わせて行う足のマッサージ

仕事や家事でがんばった日の夕方に、脚がパンパンにむくんでだるくなった経験をしたことがある方は多くいます。
その日の疲れをなにもせずに放っておくと、次の日に疲れが残ってしまい、パフォーマンスに悪影響が出てしまいます。
そこで、ツボ押しに合わせて行うと、身体の疲れに効果のあるマッサージを紹介します。

身体の不調には足つぼマッサージ

だるさ、むくみなどの身体の不調を感じている方は、足つぼマッサージがおすすめです。
足裏は、全身の反射区が神経が集中している場所なので、マッサージをしてケアをすることで全身の不調に効果があります。
足つぼマッサージを行う前に、まずは足裏を触って状態をチェックします。
固い部分があったら、重点的にほぐすように意識してください。

むくみへの対策方法

身体は重力の関係で、脚がむくみやすくなっています。
ふくらはぎの筋肉が働くことにより、ポンプ作用によって心臓へ血液が戻りますが、デスクワークや立ち仕事をしていると、脚の筋肉が働かず、むくんでいきます。

ツボ押し

足三里(あしさんり)は、むくみに効果のあるつぼです
膝のお皿の下から、すねに沿ってつま先方向に指幅4~5本分の位置に圧痛点があります。
片膝を立てて床に座り、反対側の手の親指をツボに当て、脚の中心に向かって押します。

マッサージ

足の裏で、各指の付け根から指先に向かって筋肉をほぐすようにマッサージします。
足首を両手で包み込むようにして、ギュッギュッと膝下に向かってマッサージしましょう。

冷え性への対策方法

足のマッサージをすることにより、血流が良くなって身体全身の冷え性の改善につながります。

ツボ押し

八風(はちふう)は、冷え性の方に効果があるツボです。
足の甲側で、各足指の付け根にある関節の手前にあるくぼみに圧痛点があります。
4本の指をそれぞれのツボに当て、皮膚に対して垂直に押します。
同時に押すのが難しい場合には、親指で一つずつ押すようにしましょう。

マッサージ

足の裏側で、土踏まずのくぼみを踵の方から足指の方へ向かってマッサージしていきます。

リラックスできる方法

自律神経が乱れると身体が緊張し、ストレスが溜まりやすくなります。
ツボ押しやマッサージにて、自律神経を整えるとリラックスできます。

ツボ押し

合谷(ごうこく)は、万能なツボでありリラックスしたいときに、刺激することをおすすめします。
手の甲を上に向けて指を広げ、人指し指の骨の中間に圧痛点があります。
親指をツボに当て、人指し指の骨の横から下に滑り込ませるように手の中心に向かって押します。

マッサージ

親指の裏側や土踏まずのくぼみをほぐすことにより、リラックス効果があります。

肩こりへの対策方法

姿勢が崩れて歩いていると、足裏の筋肉に偏りが出ます。足は身体を支えているため、足裏が片寄っていると肩こりの原因になります。

ツボ押し

肩井(けんせい)は、肩こりのツボ押しで迷ったら、まずは押してみてください。
うつむいたときに首の付け根に出る骨と、肩先の骨を結んだ線の真ん中あたりに圧痛のあるシコリがあります。
中指または人差し指、中指、薬指の3本指をツボに当て、皮膚に対して垂直に惜します。
身体のケアを継続して行うコツは、無理をしないことです。

マッサージ

足の裏側で、各指の付け根をまんべんなくほぐします。

最初は飽きずに行えますが、徐々に慣れてしまい、ケアを怠ることが多くなってきます。
すべてのツボ押しやマッサージを行おうとせず、自身の生活リズムに合わせて、できる範囲で行いましょう。

関連記事

  1. 背中のツボは風邪や後年障害などを緩和可能

  2. 足の甲にあるツボを押すと頭痛や消化不良を改善可能

  3. 肩甲骨の周りをツボ押しすることによる効果

  4. 手のひらには鼻づまりやストレス改善が期待できるツボがある!

  5. 足首のツボを押すと関節痛やヘルニアが緩和される!

  6. 足裏にあるツボを加圧すると食あたりや膝の痛みが緩和される

  7. 頭にはストレスや眼精疲労を改善できるツボがある!

  8. 手のひらのツボ押しをすることによる効果