ボールで効率的に足裏のツボ押し

花粉の春、外は暑いけどエアコンで冷える夏、夏バテで疲れが溜まっている秋、外の寒さで身体が冷えきってしまう冬など、一年中身体はストレスにさらされています。
このストレスを放っておくと、不調や病気などの症状が出てしまいます。
不調を改善するには、足裏を刺激することが効果的ですが、慣れない方が足裏のツボ押しを行うと、指が痛くなったりうまく刺激が伝わらなかったりします。
足裏は、ボールを使えば全体をまんべんなく刺激することができるので、おすすめのボールや方法を紹介します。

足裏の反射区

足裏には、心臓や肺、腎臓などの各臓器の神経が集まっています。
そのため、足裏を刺激することにより、各臓器の神経の刺激につながるため、働きが活性化します。
足裏の反射区をすべて覚えるのは大変なので、インターネットで図を確認しながら行うことをおすすめします。
また、重力の関係で足は血液や老廃物が溜まりやすくなっています。
足裏を刺激することにより、足の血流を促進して、むくみの改善にもつながります。

ボールの種類

足裏を刺激するときには、強めに刺激をしたほうが効果があるので、硬いボールを選びます。
ゴルフボールは、大きさや硬さがちょうどよく、おすすめです。
テニスボールは、ゴルフボールと比べて大きくて柔らかいですが、腰のツボ押しやマッサージも行えて便利です。
イボイボの突起がついたボールは、足裏を気持ちよくケアすることができます。
この他にも、大きめのスーパーボールも足裏を刺激しやすいです。

ボールを使った足裏マッサージの方法

座った姿勢でも立った姿勢でもどちらでも行えます。
そのため、家事やデスクワークをしながらツボ押しを行えます。
マットの上にボールを置いて、足でボールを踏みます。
最初は、ボールを踵の方で踏み、親指の付け根まで踏みながらボールを動かします。
次に、踵の方から中指の付け根まで踏みながらボールを動かします。
最後に、踵の方から小指の付け根まで踏みながらボールを動かします。
この3コースを繰り返すと、足裏全体をまんべんなくほぐすことができます。
ポイントは、体重をかけ力強くマッサージすることです。優しくコロコロ転がしているだけでは、刺激が足りません。
マッサージ前後は水分を補給し、身体の循環を促しましょう。
冷たい水は身体を冷やしてしまうため、できるだけ温かい飲み物で水分を補給します。

足裏のツボ押し

次に、ボールを使った足裏のツボ押しを紹介します。
ボールをツボに当て、体重をかけてツボを刺激します。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は、万能なツボで様々な症状に効果があります。
例えば、足のむくみ、冷え性、気分の落ち込み、疲労感、集中力低下などに対して効果的です。
5本の足指を曲げたときにできるくぼみの真ん中に圧痛点があります。
椅子に座り、ツボにボールを当てて体重をかけるようにします。

踝下(かか)

踝下は、顔だけではなく、全身のむくみに効果があるツボです。
内くるぶしの真下で、踵の内側を少し足の裏に寄ったところに圧痛点があります。
踵の中心に向かって、床に置いたボールをツボに当て踏みます。

紹介したボールは、インターネットや100円均一で気軽に購入することができます。
ボールがあれば身体のケアのバリエーションが増えるので、ぜひお試しください。

関連記事

  1. ツボ刺激の方法

    足裏をツボ押しすることによる効果

  2. 自律神経を整え、痔を緩和できる腕のツボ

  3. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    バストアップに効果のあるツボ押し

  4. 腰のおすすめツボ押しグッズ

  5. 首のおすすめツボ押しグッズ

  6. 経絡図で確認した肛門周辺に効果のあるツボ押し

  7. ふくらはぎのツボ

    ふくらはぎのツボ押しで足のむくみや痛みを改善できる!

  8. 手の甲には自律神経や頭痛を改善できるツボが存在する