手のひらには鼻づまりやストレス改善が期待できるツボがある!

手のひらにあるツボに圧を加える

私たちの手のひらには、押すと嬉しい効果が得られる魅力的なツボがたくさんあります。正しい押し方やツボの場所を学んで、手のひらのツボを押しましょう。健康的な体を手に入れるために、高価な道具を準備する必要が無いので、予算の心配をすることはありません。

魚際ツボ

魚際ツボは、親指の付け根にある関節部分から、手のひらに向かって少し下に移動した場所にあります。魚際を押すことで、咳きや頭痛、二日酔いなどを改善することができます。魚際の刺激をするには、ツボの反対にある手の親指を使って、3秒間押した後にゆくりと指を離す必要があります。

両手の魚際ツボを、合計で5回から10回刺激することが大切です。

手心ツボ

手心は、手の中指と薬指を結ぶ骨の間に存在します。手心ツボは、押すことで精神的な不安定によるイライラを改善させることが可能です。また、乗り物酔いにも効果があります。手心ツボを刺激する時は、反対側の手にある親指で、丁度いい気持ちよさの圧を加えながら、5秒から10秒間押す必要があります。

両方の手にある手心をしっかりと刺激することが重要です。

神門ツボ

手首の小指の近くには、尖った骨があり、その突起部分から内側の斜め下付近に神門ツボはあります。へこんだ場所にあるので、触ることで、すぐに見つけることができるでしょう。神門ツボは、自律神経を安定させる効果があるため、ストレスや精神の不安定から起きる歯ぎしりを緩和させることができます。

神門ツボに圧を加える際は、反対の手にある親指の腹部分で、息を吐きつつ優しく押すことが大切です。親指以外の指を手首に当てることで、安定させることができるため、より刺激しやすくなります。

太淵ツボ

太淵は、手首で脈を取る際に触れることが多い、親指側のシワにあるツボです。太淵ツボを押すことで、のどや鼻など、呼吸の際に使われる器官の状態を改善させることができるツボです。鼻づまりやのどの痛みを緩和できるのが特徴です。

太淵ツボは、浅い場所にあるため、力を入れる際は注意が必要です。優しく3秒間時間をかけて押す必要があります。

注夏ツボ

親指の根元部分には、少しふくらみのある部分があるのですが、ここが注夏です。注夏ツボは、夏バテの解消や疲労回復に効果があります。他にも、肩こりにも効果があるので、疲れを感じた時は、注夏ツボを刺激してみましょう。

注夏ツボを押す時は、ツボの反対側にある手の親指を使って、少し痛みを感じる程度の気持ちよさを感じる力で、5回から6回刺激を与える必要があります。両方の手のひらにある注夏をしっかり押しましょう。

まとめ

手のひらには、夏バテを改善できる注夏ツボや鼻づまりやのどの痛みを緩和できる太淵ツボなど、健康的な体を維持する為に欠かせないツボが複数存在します。そのため、圧を加えることによって体の不調を改善させることが可能です。手のひらのツボは、しっかりと刺激することが重要なのですが、場所によっては、浅い場所にありますので、力加減をきちんと考えなければいけません。

手のひらにあるツボを押す時は、注意すべきことをきちんと把握しながら、正しく刺激することが大切です。

関連記事

  1. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    バストアップに効果のあるツボ押し

  2. 手のひらのツボ押しをすることによる効果

  3. もものツボで痛み改善

    もものツボに圧を加えると足の痛みなどを改善できる

  4. お腹のツボ

    お腹のツボは消化不良や水太りに効果を発揮する!

  5. 手の甲には自律神経や頭痛を改善できるツボが存在する

  6. 自律神経を整え、痔を緩和できる腕のツボ

  7. ボールで効率的に足裏のツボ押し

  8. 経絡図で確認した肛門周辺に効果のあるツボ押し