肩のツボを押すと頭痛や四十肩を改善できる

肩にあるツボに圧を加えよう

こりに悩まされることもある人間の肩ですが、肩には、刺激をすることで、たくさんの症状を解消させてくれるツボがたくさんあります。圧を加えるツボによって効能はことなりますが、押し方はとても簡単なので、素人でも簡単にツボ押しが可能です。ツボの刺激は、時間がかかるわけではありませんので、気軽に始めることができるでしょう。

肩髃ツボ

肩髃は、頭や肩の血流を改善させる効果があるため、頭痛や肩こりを解消させることができます。歯の痛みや首の痛みにも効果的ですので、これらの症状に悩んでいる人は、肩髃を押す必要があります。

肩髃は、頭を前に移動させ、首の後ろから背中などを触るとある尖った骨と、肩の先を流れる線の中心にあります。肩髃を押す時は、手の人差し指と中指でツボに触れながら、下に向かって真っ直ぐ押しましょう。3秒間刺激して3秒かけて指を離す作業が1セットです。合計5回ほど行うことが大切です。

肩井ツボ

四十肩や腕の痺れ、腕の倦怠感に効果があると言われているのが、肩井ツボです。腕を垂直に上げた際、肩と腕の間にくぼみが2ヵ所できます。2つのうち、前側にある窪みが肩井ツボです。肩井を押す時は、ツボと反対側にある手の親指で刺激します。自分が適度な気持ちよさを感じる強さで圧を加えることが大切です。

ドライヤーを活用して温めるのも効果的です。

大杼ツボ

大杼ツボは、首の付け根付近にあるツボです。大杼は、刺激することで肩こりを緩和させることができますので、肩こりの痛みに悩んでいる人は、大杼ツボを押してみましょう。大杼ツボを刺激する時は、力を入れすぎないように気をつけながら、人差し指と中指を活用して、上と下に動かしながら押す必要があります。

曲垣ツボ

曲垣ツボは、肩甲骨から内側に移動すると触ることができる、くぼみから2cmほど上に動かした箇所にあります。曲垣ツボを押すことによって、コリを解消させたり、寝違えが原因となる肩のこわばりを解消させることができます。

曲垣ツボを押す場合は、手の人差し指と中指を使って、腕の重量を活用し、手前方向に引きながら刺激することが大切です。

大椎ツボ

大椎は、首を前に向けて曲げると現れる尖った部分から下に移動した場所にあるくぼみにあるツボです。大椎ツボは、疲れを改善させる効果がありますので、疲労が原因で食欲不振になってしまうなどの症状を解消できるでしょう。

血液の流れを良くすることもできますので、高血圧に悩んでいる人にとっては、嬉しい効果と言えます。

大椎ツボを押す時は、手の人差し指の腹を用いて、強めに刺激を与えることが大切です。その際、少し回転させながら押しましょう。

まとめ

こりを感じさせることが多い肩に悩んでいる人は多いのですが、肩には人間の体を健康的にしてくれるツボがたくさんあります。こりを和らげたり、疲れを解消させたりすることができるツボがありますので、ツボを押しながら、疲れから解放してもらうことができるでしょう。

ツボの位置で押し方や時間が違いますので、押す前に必ず再確認しましょう。特別な道具を必要としませんし、短い時間で終えることができるので、誰でも気軽に肩のツボを押すことが可能です。

関連記事

  1. 慢性鼻炎や眼疲労などを緩和できる顔のツボ

  2. 首にあるツボは肩こりや頭痛を和らげてくれる

  3. ふくらはぎのツボ

    膝の痛みや胃の調子を整えたい人は足のツボを刺激する必要がある!

  4. 背中のツボは風邪や後年障害などを緩和可能

  5. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    バストアップに効果のあるツボ押し

  6. 手の甲にある効果的なツボ押し

  7. 肩甲骨の周りをツボ押しすることによる効果

  8. 経絡図で確認した肛門周辺に効果のあるツボ押し