背中のツボは風邪や後年障害などを緩和可能

背中にあるツボを刺激

背中には、たくさんのツボがあります。指で指圧することで、辛い症状を改善させる効果が期待できます。たくさんの種類があるので、名前や効能、押し方などを学ぶことが大切です。背中にあるツボは、他の人に押してもらうことができれば楽なのですが、他人に依頼することが難しい時でも刺激できる方法を紹介します。そのため、1人暮らしの人でも安心です。

肺兪ツボ

背中の脇脇にあるのが、肺兪ツボです。肩甲骨の上の位置から背骨に向けて、指2本動かした場所にあります。肺兪ツボは、刺激を与えることで、肺の機能を向上させることができます。そのため、血液の流れを改善させ、体内に蓄積された老廃物を効率良く外に出すことができます。

また、肺兪は風邪やぜんそくなど、呼吸器官に生じる疾患を改善させることも可能です。肺兪ツボを押す時は、他人にお願いすると楽です。もし、自分1人しかいない時は、小さなボールを用意して、背中に密着させながら転がし、ツボを押しましょう。

身柱ツボ

身柱は、肩甲骨の上にある尖った背骨の下付近にあります。気持ちを落ち着かせてくれるツボとして認知されており、身柱ツボを押すことで、ストレスや更年期障害、うつ病を改善させる効果があります。身柱ツボを自分1人で押す時は、人差し指もしくは中指を使って、こねながら刺激しましょう。シャワーなどで熱を与えることも効果的です。

天宗ツボ

天宗を探す際は、肩甲骨の窪んだ知友芯部分に触れる必要があります。天宗ツボは、肩こりを解消させることができるツボと言われています。他にも、胸の痛みや腕の痛みも和らげることが可能です。他の人にお願いして押してもらう時は、両手の親指を活用して、同じタイミングで刺激してもらう必要があります。

もし、自分で刺激しなければいけない時は、人差し指もしくは中指で10秒間押し、ゆっくりと指を離しましょう。

胃兪ツボ

頭を前方向に倒すと、突起のある骨が現れるのですが、上から数えて12本目の骨の下から指2本外に向かって動かした場所に胃兪ツボはあります。胃兪ツボを押すと、胃袋の不快な状態を改善できます。胸やけや腹部のハリを感じた時は、胃兪ツボを押しましょう。

胃兪ツボは、両方の手のひらで、脇から腰周辺をしっかりと掴み、親指で刺激するのが正しい方法です。自分が丁度良いと思える強さで5分ほど刺激しましょう。

脾兪ツボ

脾兪は、頭を前に傾けた時にできる尖った骨の上から数えて11本目の下から指2本外に動かした箇所にあります。脾兪ツボは、糖尿病に効くツボとして有名です。食欲の低下や消化不良などの症状を解消させるためにも使われます。脾兪ツボを誰かに刺激してもらう時は、両手の親指で同じ瞬間に押してもらわなければいけません。

もし、自分で脾兪ツボを押すのであれば、手のひらで脇を抑えながら、適度な力で5分間刺激しましょう。

まとめ

背中には、身柱や胃兪、脾兪などたくさんのツボがあります。効能はツボの場所で違いがあるため、自分の悩みに適したツボを見つける必要があります。背中は、自分で押しにくいと思われがちなのですが、1人でも刺激できる方法がありますので、他の人にお願いすることが出来ない人も安心です。

関連記事

  1. 腰のおすすめツボ押しグッズ

  2. 経絡図で確認した肛門周辺に効果のあるツボ押し

  3. 足首のツボを押すと関節痛やヘルニアが緩和される!

  4. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    おしりのツボを押すとヒップアップ効果が期待できる

  5. 足の甲にあるツボを押すと頭痛や消化不良を改善可能

  6. 頭にはストレスや眼精疲労を改善できるツボがある!

  7. 自律神経を整え、痔を緩和できる腕のツボ

  8. 足裏のツボ押しを効果的に行えるグッズ