自律神経を整え、痔を緩和できる腕のツボ

腕のツボを押そう

体にはたくさんのツボが存在し、名前によって得られる効果に違いがあります。腕にあるツボはどのような特徴があるのか、正しく押すためにはどうすればいいのか、基本的な知識を学ぶことが重要です。自分が改善したい症状とは異なる効果が得られるツボを押さないためにも、しっかりと正しい情報を頭に入れておく必要があります。

関使ツボ

人間の腕には、中央部分に筋が2本あります。2本の筋の間を触りながら、手首のシワから指4本離れた場所に関使ツボは存在します。便秘を解消させることができるツボとして注目されており、胃腸の働きをサポートする効果があります。また、息切れなどが起きる精神的なストレスを緩和させることもできます。

たくさんの効能がある関使ですが、刺激をする時は、ツボの反対側にある手の親指でツボを押し、残った指で腕の外を掴んで固定させることが大切です。適度な気持ちよさを感じる強さで5秒間ツボを押し、ゆっくりと弱めていくのが正しい刺激法です。

外関ツボ

外関は、手の甲を逸らせたときに出現する、手首のシワから指を3本移動した中心部にあります。外関を刺激すると、自律神経のバランスを整えることができます。また、体のだるさを解消させることも可能です。外関ツボを刺激する時は、ツボの反対側の手にある親指でツボを押し、残った指で腕を抑えて安定させなければいけません。

静かに息を吐きながら、ツボを刺激し、息を吸う際にツボへの圧を弱めることが大切です。

局地ツボ

肘の横側にあるのが、局地ツボです。局地は、肘を曲げた時に生まれるシワの親指側から横に移動し、端部分にあります。局地を押すことで、関節痛や肩こり、頭痛などを改善できます。局地ツボを刺激する際は、ツボと反対側の手にある親指でツボを押しましょう。

残った指は、肘を安定させるために使うことが重要です。息を吐きつつ、ツボを5秒間押し、時間をかけてツボから指を離しましょう。合計で10回行うと効果的です。

郄門ツボ

郄門ツボは、手首のシワと、肘の内側にあるシワの間にあり、腕の中心部にあります。郄門ツボを刺激することができれば、不安な気持ちを解消させることができるため、癒されるでしょう。また、郄門はめまいや息切れにも効果があると言われています。郄門を押す際は、ツボと反対の手にある親指で、息をしっかりと吐きながら適度な力で圧を加えましょう。

孔最ツボ

孔最は、腕の中心部分から親指側に移動した2つの腱の間にあるくぼみにあります。気管支喘息と痔の症状を緩和させることができるツボとして有名です。孔最ツボを押す時は、ツボの反対にある手の親指で2分から3分間揉むことが重要です。痔の症状を改善させたい人は、お灸を用いて刺激を与えるとより効果的です。

まとめ

局地や外関、孔最などのツボがある腕ですが、押すだけで自分の悩みを解消させることが可能です。腕にあるツボにある効能はかなり魅力的なのですが、圧の加え方に差がありますので、どのように力を加えて押すべきなのか、正しいやり方をきちんと学んでおく必要があります。間違ったツボを押してしまわないためにも、正しいツボの位置を把握することが重要です。

関連記事

  1. 肩が痛む方や腕が上がらない方におすすめできるツボ押し

  2. 手のひらのツボ押しにおすすめのボール

  3. ふくらはぎのツボ

    ふくらはぎのツボ押しで足のむくみや痛みを改善できる!

  4. 腰のツボは便秘や下痢などを改善できる!

  5. 慢性鼻炎や眼疲労などを緩和できる顔のツボ

  6. 首にあるツボは肩こりや頭痛を和らげてくれる

  7. 肩のツボを押すと頭痛や四十肩を改善できる

  8. 足の甲にあるツボを押すと頭痛や消化不良を改善可能