腰のおすすめツボ押しグッズ

腰痛は多くの方が悩まされています。腰痛の原因は様々ですが、長時間のデスクワークや立ち仕事により、姿勢が崩れること、中腰の作業により腰に大きな負担がかかることなどが主な原因です。
腰痛を発症すると、仕事や家事への影響だけではなく、外出が億劫になり、友人との付き合いや趣味活動などへも悪影響を与えます。
腰痛は、ツボ押しにて痛みが軽減しますが、身身の背面なので指では刺激が伝わりにくいです。
そこで、一人でも腰のツボ押しがしっかりと行えるように、腰のおすすめツボ押しグッズを紹介します。

ツボ押しボール

腰のツボ押しにはボールが適していますが、様々な形状のボールがあるので、いくつか紹介します。

コルク素材のボール

適切な弾力と硬さに調整されたコルクで、腰のツボをしっかりと刺激することができます。
木とコルクでできているので、部屋に置いていても目立つことなく、すぐに使用することができます。

ピーナッツ型のボール

ピーナッツのように、ボール2個がくっついた形をしています。
縦にしたり横にしたり、ボール1個分だけをツボに当てたりすることができるので、様々なパターンでツボ押しを行えます。
横で使用する場合には、左右のツボを同時に刺激することができるので、忙しい方におすすめです。
また、腰だけではなく、首や肩などにも使用することができ、身体全身のケアを行えます。
床で使用したり、椅子で使用したりして、仕事や家事をしながらツボ押しを実感できます。
この他には、テニスボールやゴルフボールがおすすめです。ボールは、様々な場所で購入できるので、1個持っておくと身体のコンディショニングに役に立ちます。

ボールでは、腎兪(じんゆ)や志室(ししつ)のツボ押しがおすすめです。
腎兪は、腰痛による筋肉の緊張を和らげます。
ウエストのくびれあたりの高さで、背骨から左右に指幅2本分の位置に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、コルクのボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。
志室は、だるさや痛みを軽くします。
ウエストのくびれのやや下で、背骨から左右に指幅4本分の位置に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

とげとげボード

腰の形にフィットした形状で、全体に突起がついているので、腰全体をまんべんなくほぐすことができます。
突起の大きさや形が違うので、腰への刺激がしっかりと伝わります。
使い方は、滑りにくい床に置き、仰向けになり腰周辺にボードがくるようにします。
5分ほどを目安にし、ツボを刺激します。
椅子の背もたれにもセッティングすることができるので、デスクワーク中にも行うことができます。

ツボ押し棒

ツボ押し棒で腰をツボ押しする場合には、ペアで行う必要があります。
家族や恋人などの気心を知った仲で、ペアでのツボ押しを行うと、安心感がありリラックスすることもできます。
腰には一人で行うことはできませんが、手や足には一人でもしっかりとした刺激を与えることができるので、ツボ押しを習慣的に行っている方におすすめです。

ツボ押しグッズに合わせて、温熱シートを使用すると、身体全身が温まり効果が高くなります。
温熱シートは、服に貼るだけでじっくりと身体を温めることができます。
仕事中や家事中、外出中でも使用できるので、便利なグッズです。
ツボ押しの前後に、水分補給として白湯を飲むことも身体の内部から温めるので、おすすめです。

関連記事

  1. ふくらはぎのツボ

    膝の痛みや胃の調子を整えたい人は足のツボを刺激する必要がある!

  2. 手のひらのツボ押しをすることによる効果

  3. 経絡図で確認した肛門周辺に効果のあるツボ押し

  4. もものツボで痛み改善

    もものツボに圧を加えると足の痛みなどを改善できる

  5. 肩甲骨の周りをツボ押しすることによる効果

  6. ふくらはぎのツボ

    ふくらはぎのツボ押しで足のむくみや痛みを改善できる!

  7. 手の甲には自律神経や頭痛を改善できるツボが存在する

  8. 足首の周りをツボ押しすることによる効果