足の甲にあるツボを押すと頭痛や消化不良を改善可能

足の甲つぼ

足の甲は、解剖学用語では足背と呼ばれている場所です。足の甲にはたくさんのツボがあり、押すことで気になる症状を緩和させることができます。ツボの位置は手の指で触りながら見つけることができるため、簡単に発見できます。

衝陽ツボ

衝陽は、足の甲に存在する人差し指と中指の骨が交わる場所の前にあるツボです。指で触ると丁度止まる場所なので、すぐに探すことが可能です。衝陽ツボは、異径の原穴として認知されており、ストレスによる食欲低下や、神経性胃炎を和らげる効果があります。

衝陽ツボを押す時は、手の親指と人差し指で5分間優しく揉みながら刺激を与えましょう。

至陰ツボ

足の甲のにある小指の生え際から2mmもしくは3mm外に動かした場所に至陰ツボはあります。至陰ツボを押すことによって、冷え性の悩みを解消させることができ、血液の流れを改善させることが可能です。血液の流れが良くなるので、血行不良が原因で生じる頭痛や抜け毛を緩和させることもできます。

至陰ツボを加圧する時は、手の人差し指と親指でツボを掴み、揉みながら刺激を与える必要があります。

公孫ツボ

足の甲にある親指の付け根には、尖った骨があるのですが、その骨から指3本かかとの横に移動すると公孫ツボが見つかります。胃潰瘍や食べ過ぎることで生じる消化不良、下痢などを改善することが出来るツボとして注目されています。

公孫ツボを効率的に押したい人は、正しい刺激の仕方を学ぶ必要があります。公孫ツボを刺激する際は、足の甲を手で掴み、手の親指を使って気持ちよさを感じる適度な圧力を加えることが大切です。5秒間押した後は、ゆっくりと指を離しましょう。両方の足にある公孫ツボをそれぞれ10回押すと効果的です。

行間ツボ

行間の場所は、足の親指と人差し指の付け根付近にあります。行間ツボは、刺激を与えることによって神経を安定させる効果があるため、ストレスによる不眠や更年期障害を和らげることが可能です。行間ツボを加圧する時は、手の親指と人差し指でツボに触れ、揉みながら刺激することが大切です。

ただ、行間ツボは神経が多い場所にあるので、強すぎる力で押さないようにしましょう。

京骨ツボ

京骨は、足の甲の外にあるヘリから小指に向かって触ると見つかる尖った骨の近くにあるツボです。京骨ツボは、押すことで体に流れる気を向上させる効果があるため、内臓などの働きを改善させることができます。京骨ツボを刺激する時は、手の親指と人差し指でツボに触り、適度な気持ち良さを感じることができる圧力で10回から20回ほど加圧することが必要です。

京骨ツボは両方の足にあるツボですので、両方のツボをしっかりと加圧しましょう。

まとめ

多くの人が足の甲を見る時は足の爪を切ったりネイルをしたりする時で、あまり気にしない人は多いのですが、足の甲には、たくさんのメリットが得られるツボが数多く存在します。体の気を高めてくれる京骨ツボや、ストレスが原因となる睡眠障害を緩和できる行間などがあります。

足の甲にあるツボの場所は、それぞれ違うので、ツボを刺激する前に正しい箇所を手の指で探しながら、ツボに適した力で圧を加えましょう。

関連記事

  1. 腰のおすすめツボ押しグッズ

  2. 経絡図で確認した肛門周辺に効果のあるツボ押し

  3. 慢性鼻炎や眼疲労などを緩和できる顔のツボ

  4. 足首のツボを押すと関節痛やヘルニアが緩和される!

  5. ツボ押しに合わせて行う足のマッサージ

  6. 肩甲骨の周りをツボ押しすることによる効果

  7. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    バストアップに効果のあるツボ押し

  8. お腹のツボ

    お腹のツボは消化不良や水太りに効果を発揮する!