ツボ刺激の方法

足裏をツボ押しすることによる効果

足裏には多くのツボが集まっていて、足裏をケアすることにより、身体全身のコンディショニングに繋げることができます。
しかし、顔のケアをする方は多くても、足裏のケアを定期的に行っている方は、少ないです。
足裏をケアすることの大切さを紹介するので、参考にしてください。

足裏にある反射区とは

足裏には、反射区という各器官や内蔵につながるとされる末梢神経の集中箇所があります。
足裏は、身体の臓器や各器官が縮図となって反射投影されているといわれています。その反射区を押して刺激することにより、臓器や各器官の働きを促進させて、身体のケアをすることができます。
足裏は疲労が溜まりやすい
人間は二足で立ち、二足歩行で移動します。そのため、知らないうちに脚には疲労が溜まり、特に身体の全身を支えている足裏の負担は大きいです。
足裏に疲労が溜まると、筋肉がこわばって固くなり、身体のバランスが崩れて肩こりや腰痛の原因になります。

足は血液循環の役割がある

血液は、心臓から栄養を含んで全身に運ばれて、全身から心臓へ戻ってきます。
身体には重力の負担がかかっているので、足先から血液を心臓へ戻すには、力が必要です。
そこで、力を発揮するのが足の筋肉です。
足は血液を心臓へ送り出すポンプの役割をしているので、「第2の心臓」といわれています。
そのため、足のケアをしたり筋肉を鍛えたりすることは、健康にとってとても重要なことになります。

足裏のツボ押しのコツ

親指を使用して、刺激していきます。ツボ押し棒やボールペンで行うと、指が疲れず力を入れて刺激することができます。
ツボ押しに決まった順番はありませんが、少し強めに押すようにしましょう。
固いところがあったら、集中的にその部位を刺激してほぐすようにします。
お風呂後の足が温まった後に行うと効果的です。

足裏のツボ押しの注意点

飲酒した後は、ツボ押しを行うことによりアルコールが全身に循環してしまうため、行わないようにしましょう。
食後30分は、消化にエネルギーを使うため、ツボ押しをして消化器系に負担をかけないようにします。
妊娠中は、ツボ押しにより体調が悪化することかあるため、刺激するツボをしっかりと調べてから行いましょう。
また、体調がひどく悪いときには行わないでください。

疲労やストレスが溜まっているときのツボ

疲労やストレス、眠れないときなどの精神的にストレスが溜まっているときに効果的です。
足の指をすべて曲げたときにできるシワの真ん中に圧痛点があります。

肩こりに対するツボ

足の親指の付け根が首コリに効果があります。
足の人指し指から小指にかけての付け根の下が、肩や背中のコリに効果があります。
親指から小指に向かって、少しずつずらしながら押すようにしましょう。

胃腸の不調に対するツボ

土踏まずのあたりをまんべんなく刺激すると、胃や大腸、十二指腸の不調に効果があります。
肝臓に対するツボは、右足の土踏まずの外側で、指幅1~2本分上にあります。
お酒を飲み過ぎて、二日酔いの時に刺激すると効果的です。

むくみに効果的なツボ

足の人指し指、中指、薬指の付け根にツボがあります。肩こりのツボの少し上にあります。
デスクワークや立ち仕事で、脚がむくんだときに刺激すると、効果的です。

足裏のツボ押しに合わせて、靴下や足湯でしっかりと足を温めると、身体全身が温まり、健康的に日常生活を送ることができます。

関連記事

  1. 肩甲骨の周りをツボ押しすることによる効果

  2. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    バストアップに効果のあるツボ押し

  3. 手の甲にある効果的なツボ押し

  4. 首にあるツボは肩こりや頭痛を和らげてくれる

  5. 耳にはダイエット効果や耳鳴り改善のツボがある!

  6. 首のおすすめツボ押しグッズ

  7. 足首のツボを押すと関節痛やヘルニアが緩和される!

  8. お腹のツボ

    お腹のツボは消化不良や水太りに効果を発揮する!