耳にはダイエット効果や耳鳴り改善のツボがある!

耳の特徴

耳は、音を聴く聴覚と平衡感覚に関係がある機関として認知されています。耳の大きさと形は人によって異なると言われています。耳にはいくつかのツボがあり、圧を加えることで、気になる悩みを緩和させることができます。

褐点ツボ

褐点ツボを刺激すると、体の水分のバランスを整えることができ、水太りを改善できるためダイエットに効果があると言われています。経路には無いツボとしても有名です。耳の穴から少し下に行くと、小さな尖りがあり、少し上に移動すると褐点ツボはあります。

褐点ツボを効率良く刺激したい人は、爪楊枝やヘアピンなどを活用することが大切です。褐点は小さなツボですので、指では押しにくくなっています。3分から5分間押すことで効果が期待できるのですが、ダイエットがしたい人は、食べ物を口に入れる15分から30分前に刺激するとより効果が期待できます。

飢点ツボ

飢点は、食欲を抑えることができると言われているツボですので、食事制限をしなければいけないダイエット中の人にメリットがあるツボです。食べ過ぎを予防することができる飢点ツボは、耳の穴の近くにある小さな尖った場所から少し下に動いた場所にあります。

飢点ツボは、右耳と左耳両方にあるツボですので、両方のツボをしっかりと押す必要があります。飢点は、手の親指と人差し指を活用しながら、少し痛みを感じる強さで刺激を与えることが大切です。毎日欠かさず圧を加えることが重要ですので、忘れずに毎日行いましょう。

耳門ツボ

耳門ツボは、耳鳴りや難聴、中耳炎など耳の不調を改善できるツボです。21番目の経穴としても有名です。耳門ツボは、耳の前にある尖った箇所から顔側に移動した場所にあります。耳の付け根付近の顎骨部分の近くにあるへこんだ箇所が耳門ツボです。

耳門ツボに圧を加える時は、両手の人差し指を誓って、優しく押した後に指を離すことが大切です。合計5回から6回行うと効果的です。

聴会ツボ

聴会ツボは、耳鳴りや外耳炎などを緩和することができます。2番目の経穴である聴会は、両耳にあります。聴会ツボの場所は、耳の穴の近くにある尖った箇所から少し移動し、顔側に動かすと見つけることができます。聴会ツボを刺激する時は、両手にある人差し指を用いなければいけません。

弱めに刺激し、ゆっくりと離すことが基本的な流れです。合計で5回から6回行うと効果が期待できます。

聴宮ツボ

聴宮は、19番目の経穴であり、耳鳴りを改善できるツボとして有名です。高血圧や糖尿病にも効果があり、ストレスを緩和させることも可能です。聴宮ツボは耳珠の中心ぶから顔の方向に移動すると簡単に探すことができるでしょう。

聴宮ツボは両手の人差し指で優しく押した後に指を離し、5回もしくは6回刺激をしましょう。

まとめ

耳は、音を聴いたり平衡感覚に影響を与えたりできる器官です。耳にあるツボは複数あり、難聴の改善や食欲を抑えることができるなど、効果は様々です。耳のツボ押しで得られる効果は魅力的なのですが、押す時の力加減を調整師ながら加圧する必要があります。そのため、正しい押し方をきちんと把握してから、しっかりと刺激を与えることが大切です。

関連記事

  1. 自律神経を整え、痔を緩和できる腕のツボ

  2. ツボ押しに合わせて行う足のマッサージ

  3. お腹のツボ

    お腹のツボは消化不良や水太りに効果を発揮する!

  4. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    おしりのツボを押すとヒップアップ効果が期待できる

  5. 背中のツボは風邪や後年障害などを緩和可能

  6. 首にあるツボは肩こりや頭痛を和らげてくれる

  7. ふくらはぎのツボ

    ふくらはぎのツボ押しで足のむくみや痛みを改善できる!

  8. ツボ刺激の方法

    足裏をツボ押しすることによる効果