首にあるツボは肩こりや頭痛を和らげてくれる

首のツボを理解しよう

首と呼ばれている場所には、たくさんのツボが存在しています。正しい押し方や効能などをきちんと学びながら、健康的な体を維持できるようにしましょう。強く押しすぎて首を傷つけないように注意しながら、優しく刺激を与えることが重要です。首にあるツボは多く、押し方に違いがありますので、事前にしっかりと把握する必要があります。首にあるツボと効果、押し方を紹介します。

天容ツボ

天養ツボは、刺激を与えることで自律神経を安定させる効果があるため、リラックスさせてくれます。また、耳やのど、頭などに生じるトラブルを解消させることも可能です。天容ツボは、両耳から下に移動した場所にあり、首筋を通る太い筋肉の前が目印です。

天容ツボを刺激する時は、手の中指でくぼみを掴み、内側に向かって押すことが大切です。天容は2ヵ所ありますので、左右両方のツボを刺激しましょう。

天窓ツボ

天窓ツボは、耳の後ろ側にある骨から、下に移動する線とのどぼとけからのラインを交差させた場所にあります。ムチウチ症やのどの痛み、中耳炎に効果があるツボです。天容ツボを刺激する時は、ツボの反対側にある手の親指を除いた全ての指を使って、円を作りながらゆっくりと押しましょう。力を入れすぎないように注意しながら、優しく刺激することが大切です。

扶突ツボ

耳の裏側と鎖骨の内側にある筋肉の中心にあるのが、扶突ツボです。のどぼとけから外側に指を3本分離した場所にあります。扶突ツボは、風邪やのどを酷使した際に現れるのどの痛みや、咳き、肩こりなどに効果を発揮します。扶突ツボを刺激する時は、手の人差し指と中指を使って、丸を描きながらツボを丁寧に刺激する必要があります。合計で5回から6回行うと効果的です。

天牖ツボ

天牖ツボは、耳たぶの後方にある骨から下に移動した場所にあります。天牖ツボを押すことで、首や肩のコリを解消させることができるため、コリに悩まされている人は、天牖ツボを押しましょう。また、頭痛やのぼせ症状にも効果があります。天牖ツボを押す方法は、ゆっくりと息を吐き、時間をかけながら押したり揉んだりする必要があります。

天鼎ツボ

天牖は、のどぼとけ部分から指1本移動し、指1本下に動かした場所にあります。天鼎ツボは、刺激を与えることで、ぜんそくやのどの痛み、寝違えなどを改善させることができます。顔のむくみを解消させることができますので、小顔になりたい人にもオススメのツボです。

天鼎ツボを押す時は、親指の腹部分を使って、弱めに押したり揉んだりしながら圧を加える必要があります。強すぎる力で刺激しないように、気をつけながらツボを押すことが大切です。

まとめ

首付近には、たくさんのツボがあります。ムチウチやのどの痛みに効果がある天窓ツボや、ぜんそくなどを改善できる天鼎ツボ、リラックス効果を生む天窓ツボなど、魅力的な効果が期待できるツボが数多く存在します。正しくツボに刺激を与えることで、悩んでいる症状を解消できる首のツボですが、デリケートな場所にあるので、優しくツボ押しをすることが大切です。

首に負担をかけないように注意しながら、効率良く首のツボを刺激しましょう。

 

関連記事

  1. 手の甲にある効果的なツボ押し

  2. 腰のツボは便秘や下痢などを改善できる!

  3. 首のおすすめツボ押しグッズ

  4. ふくらはぎのツボ

    ふくらはぎのツボ押しで足のむくみや痛みを改善できる!

  5. ふくらはぎのツボ

    膝の痛みや胃の調子を整えたい人は足のツボを刺激する必要がある!

  6. 手のひらのツボ押しをすることによる効果

  7. 頭にはストレスや眼精疲労を改善できるツボがある!

  8. 背中のツボは風邪や後年障害などを緩和可能