お灸による熱でツボを刺激することができる

お灸の基礎知識

ツボを押す時は、指を使う以外にも、お灸の熱を活用して刺激する方法があります。ツボ部分の上にモグサを設置し、火をつけて温めながら刺激を行います。お灸は2000年以上前に中国で誕生した歴史があり、日本に伝えられたのは、6世紀ごろです。長い歴史がある級ですが、現在も大学病院などでもお灸による治療が行われています。

近年はお灸を自宅で行う人が増えており、せんねん灸を使うことで、自宅で簡単にツボを刺激することができるようになっています。

お灸に使われているモグサとは

ツボを刺激するためにお灸をする人はたくさんいるのですが、お灸の際に使われているモグサについて、きちんと理解することが重要です。モグサは、お灸に欠かせない存在なのですが、乾燥したヨモギの葉を裏返した時に見つけることができる白色の綿毛から作られています。

モグサの原材料として使われているヨモギですが、胃袋の状態を整えたり利尿効果を期待することができたりする魅力的な植物です。

目的に合わせてモグサを変えることが大切

お灸をする時は、モグサを使うのですが、治療に合わせてモグサの大きさを変える必要があります。体の痛みをピンポイントで除去したいのであれば、直接灸によって刺激を行います。慢性的な腰痛を治療するのであれば、直接灸よりも大きくモグサを作る必要があります。

内臓など、体の中にある臓器の働きを改善させたいのであれば、多くのモグサを箱に入れてじっくりと時間をかけて温める治療法が効果的です。

お灸が体に良いと言われている理由

ツボを刺激する為にお灸をする人は多いのですが、何故お灸が体に良いのか、きちんと学ぶ必要があります。お灸は血流の流れが悪化した場所を温めながら血の流れを改善させ、酸素を届けたりリンパ液を活性させたりします。私たちの体には、元々自然治癒能力が備わっているのですが、体温が低いと免疫力が低下してしまい、自然治癒力による治療効果を期待することが難しくなります。

冷えた体は自然治癒力が落ちているため、ウイルスや細菌に対処する力が低下しています。そのため、だるさを感じやすくなる危険性があります。お灸を行いながら体を温め、自然治癒力を高めることが大切です。

お灸の方法はいくつかある

お灸による治療の仕方はいくつかの種類がありますので、きちんと理解しておく必要があります。

・透熱灸

モグサを円錐の形にしながら皮膚の上に設置させる治療方法です。水ぶくれを引き起こしてしまうことがあるのですが、わざと火傷状態にしたまま治療効果を高めることを重要視しています。

・焼灼灸

角質化してしまった部分に設置し、角質化した場所を焼くことを目的に行われます。

・打膿灸

大豆の大きさほどのお灸を準備し、設置するツボに膏薬を塗って化膿させることで免疫は脳を加速させるためにする治療方法です。

お灸を使った治療方法はいくつかありますので、違いをしっかりと把握することが大切です。

まとめ

お灸の熱を活用してツボを刺激し、慢性的な腰痛や内臓の働きを向上させることができます。お灸は熱によって体の自然治癒力を高める治療法ですので、薬に頼る事無く、少しずつ症状を緩和させることができます。血の流れを促進させ、酸素をきちんと運ぶ手伝いをしてくれるお灸による治療をしましょう。

関連記事

  1. 身体にあるツボの秘密と効果を徹底解剖!

  2. ツボ押しによる効果に根拠はあるのか

  3. もものツボで痛み改善

    美肌になることができるツボ

  4. ツボ押しの資格と通信講座

    曲池穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 風門穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 集中力を高めるツボ

    陽陵泉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 中脘穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. 外陵穴の場所と効果、支配神経、使い方