ツボを押してホルモンバランスを整える大切さ

ホルモンバランスの乱れを未然に防ぐ重要性

人体にあるツボの中には、ホルモンバランスの乱れを改善させる効果がある場所があります。加齢やストレスが原因で発生するホルモンバランスの乱れですが、ホルモンバランスが乱れてしまいますと、自律神経失調を引き起こし、頭痛や不眠などの症状に悩まされてしまう可能性があります。女性の場合、生理不順や不正出血など赴任の原因となる状態になる危険性があります。

そのため、ホルモンバランスの乱れを放置することはとても危険です。ホルモンバランスを整えることができるツボを刺激することはとても大切なことです。

女性に嬉しい効果があるツボ

ホルモンバランスを整えるツボはいくつかあるのですが、内分泌と呼ばれているツボは、女性に嬉しい効果があるツボです。女性ホルモンの乱れが原因で発生する生理不順や赴任などに効果があると言われています。内分泌は、耳の穴から下に移動すると触れることができる、切れ込み部分の内側にあります。

内分泌を刺激する時は、人差し指を使ってツボに触れ、息を吐きつつ親指でつまみながら10秒ほど押します。押すことに慣れた人は、1日4回から5回ほど行いましょう。

ホルモンバランスを整えてくれる神道ツボ

ホルモンバランスを調整する効果があるのが、神道ツボです。精神的なストレスが原因で生まれたホルモンバランスの乱れを改善させることが可能となっています。神道は、背骨からわきの近くまで上に移動した場所にあるツボです。神道ツボの場所はわかっても、自分で刺激することが難しい箇所にあるので、椅子の背もたれ部分にある角部分を使って刺激しましょう。

息を吐きつつ10回刺激する必要があるツボなのですが、ドライヤーを活用してツボを20cmから30cm離れた場所から温めることも効果的なので、近くにいる人に手伝ってもらいながら温めることが重要です。

中渚ツボを刺激してホルモンバランスの状態を改善

ホルモンバランスの乱れを改善させてくれる中渚は、手を握った時に小指と薬指の間に生まれるくぼみ部分にあるツボです。中渚を刺激する時は、握った手の反対側の手にある中指を使って、息を吐きながら痛みを感じるまで2秒ほど刺激しましょう。2秒経過したら、指をゆっくりと離すのですが、繰り返し10回行うと効果的です。ただし、入浴しながら中渚ツボを刺激してしまいますと、お湯の熱によって刺激の力が弱まってしまう可能性がありますので、行わないようにしましょう。

まとめ

加齢やストレスが原因になることが多いホルモンバランスの乱れですが、ホルモンバランスがおかしくなってから放置すると、頭痛や不眠症に悩まされるようになり、自分を苦しめてしまいます。そのため、ホルモンバランスを整える効果がある内分泌や中渚など、効果的なツボを見つけて刺激を与えることが大切です。

ホルモンバランスの乱れに効果を発揮するツボを押さずに、そのままの状態でいることは良くありません。特に女性の場合、ホルモンバランスの乱れが原因で生理不順や生理痛を引き起こしてしまうことがありますので、ホルモンバランスの乱れを軽く考えないようにしましょう。

自分のためになるホルモンバランスを整えることができるツボを押して、悩みを解消させることが大切です。

関連記事

  1. 上廉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 肩髃穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. お腹のツボ

    血海穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. お腹のツボ

    眠気覚まし効果があるツボはいくつかある

  5. 扶突穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. お腹のツボ

    天窓穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 肩井穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. 完骨穴の場所と効果、支配神経、使い方