ツボ刺激の歴史を紐解く

長い歴史があるツボ刺激

鍼灸師に依頼したり、自分で刺激したりしながら押すことが多いツボですが、ツボにはどのような歴史があり、現代まで伝わったのか、勉強することはとても重要なことです。ツボが伝わらなければ、押すだけで健康的な体を手に入れることはできませんでした。

昔の人々がどのようにしてツボ押しを知り、どう進化したのかを学ぶことが大切です。

中国で誕生したツボ治療

ツボ刺激が生まれたのは、今から2000年も前のことです。実は、2000年前から当時の人は体の決まった場所に石などで刺激を与えることが治療効果があることを知っていたと言われています。医療の専門家である医学者が、人体のどこに刺激を与えると効果が現れるのかを知るために、たくさんの経験をしました。

そして、莫大なデータを元にツボ刺激の基礎となる書物を生み出しました。中国で生まれた理論が日本に伝わったのは、414年のことです。

ツボ治療が日本で定着するまで

中国で生まれたツボ刺激による治療ですが、日本では伝わってから一般の人々に知られるようになったのは、室町時代以降です。江戸時代になると、中国で作られたツボ押しの基本を参考にしながら、日本オリジナルの鍼灸治療が生まれました。

日本独自の進化を遂げたツボ押し治療ですが、明治時代になると、大きな出来事が原因で衰退の道を歩むことになります。明治時代の日本は、西洋文化が入るようになり、西洋医学が伝えられました。その結果、日本で進化した鍼灸治療はどんどん減退してしまいます。

ツボ押しが再び注目されるようになったきっかけ

明治時代の出来事が原因で衰退してしまったツボ押し治療ですが、再び注目されることになります。1972年に、アメリカの大統領が中国を訪れ、ツボ押し治療を受けた様子がテレビで放送され、一度は注目されなくなった鍼灸治療に再び多くの人が興味を持つようになります。

進化を続けるツボ押し治療

一度は忘れられてしまったツボ押し治療は、アメリカの大統領のおかげで再び注目されるようになりました。指で押したり、お灸で熱を与えて刺激することができるツボですが、医療技術の進歩により、ツボ押し治療も進化を遂げています。

近年は、レーザー針をハリ治療として、ツボ刺激をするようになっています。30秒から2分ほどツボ部分に熱で刺激を与えるのが基本です。中国から日本に持ち込まれたツボ押しの技術は、歴史の中で消えることなく、今も多くの人に愛されています。

まとめ

ツボを押して体の中に影響を与えながら、症状の改善に喜んでいる人はたくさんいます。指や針などで刺激することができるツボですが、ツボは中国の医学者が研究成果をまとめた書物を作成し、日本に伝わることが無ければ、私達日本人は当たり前のようにツボを押すことができませんでした。

先人達の努力があるおかげで、簡単にツボを見つけて刺激を与えることができるようになっています。明治時代に失われてしまう危険があったツボ押し治療ですが、再び注目されたことがきっかけとなり、現代ではレーザー針のような新しい技術で刺激することが可能となっています。

ツボ押しの歴史を学ぶことで、細かいツボを発見して本にした医学者や、テレビで中継させたアメリカ大統領に感謝しつつ、ツボを押すことができるでしょう。

関連記事

  1. ふくらはぎのツボ

    天容穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. もものツボで痛み改善

    美肌になることができるツボ

  3. ツボ押しが迅速に効果が出る理由

  4. 中脘穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 瞳子髎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 疲労回復を緩和できるツボを刺激!

  7. 気穴穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. 内関穴の場所と効果、支配神経、使い方