ツボ押しが楽に行えるボールの使い方

ツボ押しは、身体の様々な痛みに効果のある万能な治療方法です。
特別な道具を使用せず行えるツボもありますが、背中や腰部のツボはボールを使用すると楽に刺激することができます。

ボールの種類

セルフケアで問題になるのが、背中や腰などの自分では届かない部分です。
また、おしりや太ももなども自分では刺激が届きにくく、効果があまり出ません。
ボールの種類は、軟式野球ボールか硬式テニスボールをおすすめします。
痛みに強い方は、硬式テニスボールの方が刺激が強くなります。
背中や腰、おしりなどを刺激する場合は、ボールの上に仰向けになり、ボールを転がしながらツボに移動して体重をかけます。
身体の傾きで押す角度や力の調節ができます。
フローリングの上にボールを置いて行うと、刺激が強くなりすぎるので、マットや座布団などの柔らかいところにボールを置くことをおすすめします。
膝を立てると身体を動かしやすいので、ツボの位置にボールを移動させやすくなります。

ボールでのツボ押しが効果的なツボ

同じ姿勢や前かがみな姿勢を続けていると、腰痛が発生します。
腰痛はひどくなると日常生活に死傷をきたし、悪化すると働くことができなくなる可能性もあります。
腰痛に効果的なツボは、ボールを使用するとうまく押せます。
まずは、ウエストあたりの腰痛に効果のあるツボを紹介します。

腎兪(じんゆ)

腰痛による筋肉の緊張を和らげます。
ウエストのくびれあたりの高さで、背骨から左右に指幅2本分の位置に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

志室(ししつ)

だるさや痛みを軽くします。
ウエストのくびれのやや下で、背骨から左右に指幅4本分の位置に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

大腸兪(だいちゅうゆ)

長時間運転したり、座ったりした場合に効果的です。
腸骨(いわゆる腰骨)の上部の高さで、背骨から左右に指幅2本分の位置に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

最後に、腰の下の仙骨周辺の痛みに効果のあるツボを紹介します。
ここは、新幹線や車などで背もたれを少し倒して乗っていると痛みが出る部位です。
足につながる筋肉や関節があるので、負担がかかると痛みが出やすいです。

関元兪(かんげんゆ)

腰の付け根の痛みに効果的です。
背骨の一番下から、左右に指幅2本分の位置に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

腰陽関(こしようかん)

腰の付け根の痛みに効果的です。
腸骨上部の高さにある背骨に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

胞盲(ほうこう)

腰だけではなく、おしりの痛みに対しても効果があります。
仙骨の中心線から左右に指幅4本分の位置に圧痛点があります。
膝を立て仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

次寥(じりょう)

仙骨の中心線から左右に指幅2本分の位置にあり、仙骨の上から2番目にあるくぼみの中に圧痛点があります。
膝をたて仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

ツボ押しを継続して行っている方は、ボールがあればバリエーションが増えるので、ぜひお試しください。

関連記事

  1. 子宮の環境を良くするために大切なツボ押し

  2. 梁丘穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 集中力を高めるツボ

    迎香穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 内関穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 気舎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 刺激をする前に正しいツボの押し方を理解しよう

  7. 天枢穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. 100均で安く手に入るツボ押しグッズ