ツボ押しが迅速に効果が出る理由

ツボ押しは気軽に実践することができ、迅速に効果が現れます。
ツボは3000年以上前から多くの方が実践され、ツボ・お灸・鍼の3種類に大きく分けることができます。
この3種類の中で、最も効果が迅速に現れるのがツボ押しです。
つらい痛みや症状を早く治したい場合には、ツボ押しを試してみてください。

局所の不調を集中ケア

ツボ押しが迅速に効果が現れる要因として、作用の仕方があげられます。
関節が痛んで鎮痛剤を服用した場合、体内に入った鎮痛剤は、食堂や胃を通り腸で吸収されます。
それから、血液によって全身に運ばれて関節に作用されるため、効果が出るまでに時間がかかります。
さらに、鎮痛剤には副作用があるため、服用の際には注意が必用です。
ツボ押しの場合は、関節の痛みに関連するツボを押すことで、神経に直接働きかけます。
この刺激が痛覚に対する過敏性や、自律神経の交感神経の異常な興奮を和らげてくれます。
そして、痛みや血流障害を改善してくれます。

不調の原因である血流不足に効く

肩こりや腰痛、冷え性などは、筋肉や皮膚に血流不足が起こり発生する、いわゆる虚血性の障害です。
虚血性による痛みは、交感神経が異常興奮して血管を収縮させることで起こります。
血液のうっ滞に対しては、漢方薬が効果的といわれています。しかし、血管を拡張させて血流を促進させる薬はありますが、局所の血管だけを拡げることがしにくいのが難点です。
そのため、痛みが長引いて慢性化するほど、薬での虚血性による痛みは解消しにくくなっています。
ツボ押しは、局所の血管を選択的に拡張することができ、血流不足の部位の血流が回復します。
ツボ押しのポイントとして、一時的に血管を圧迫し、血流を止めてから一気に解放すると、血管拡張物質が分泌されて局所の血管が拡がります。
そのため、ツボを5秒押して5秒解放することにより、血流の増大が起こり、痛みが解消されます。

筋肉と腱を刺激して筋肉をゆるめる

肩こりや腰痛などの筋肉がこわばって硬くなっている部位には、押すと痛みを感じるツボがあります。
これは、筋硬直と血流障害が原因になっています。
血流が滞ると、血液中から発痛物質が発生して、痛みが強くなります。
そのことにより、筋肉は硬直して思うように動かなくなり、さらに血流が滞ってしまいます。
筋肉がこわばって動きが悪くなる原因は、筋繊維であるアクチンとミオシンがかみ合ったまま動かなくなるからです。
コリや五十肩のなどの原因も、このアクチンとミオシンが関わっています。
この対処法として、ストレッチによりアクチンとミオシンを引き離すことですが、簡単にはほぐすことはできません。
ツボ押しは、強い圧力を加えることにより、アクチンとミオシンを外し、スムーズに動くようになります。
さらに、筋肉や神経だけではなく、腱にも作用します。
腱にあるツボを押すことにより、筋肉をゆるめることができます。
これは、ツボ押しならではの効果になります。

ツボ押しが迅速に効果が現れる理由を紹介しましたが、他にも多くのメリットがあります。
ツボ押しは、特別な道具を必要とせず、場所を選ばないでどこでも行えるという万能なケアの方法です。
ツボ押しを実践すれば、身体に良い変化が訪れるので、行ってみてください。

関連記事

  1. 温溜穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 犢鼻穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    水突穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 大鐘穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 陽白穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 大椎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 風門穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. かわいいツボ押しグッズ