ツボ押しで歯痛を緩和できる

すぐに歯痛を改善したい時はツボ押しをしよう

歯痛があった時は、専門家である歯科医に相談することが大切なのですが、歯科クリニックが開いていない時間に歯痛を収めたい時は、効果のあるツボを押すことが大切です。痛みを改善させることができるツボや刺激の仕方をきちんと学びましょう。

虫歯による歯痛を改善できる歯痛点

歯痛点は、虫歯が原因で生じる痛みを緩和させる効果があるツボです。手のひらを自分に向け、薬指と中指の付け根部分を探すと歯痛点を見つけることができます。歯槽膿漏の痛みにも効果が期待できる歯痛点ですが、刺激を行う時は、反対側の手にある親指と人差し指を使う必要があります。

丁度良い痛みを感じる程度の圧力を加えながら、両手のツボを複数回押すことが大切です。

太渓を押して歯痛から解放

歯痛に効果があると言われているのが、太渓ツボです。太渓は、足を内側に向けてくるぶしとアキレス腱にあるくぼみの中間部分に存在します。太渓を刺激する時は、自分の人差し指で太渓ツボに触れ、刺激を行いましょう。

足の裏にある湧泉も効果がある

足の裏に存在する湧泉は、歯痛や体力を向上させる効果が期待できるツボです。土踏まず部分から少し上に移動した中央付近にあるのですが、足の指を曲げると現れるへこみ部分を目印にすれば、すぐに発見することができるでしょう。

湧泉を押す際は、両手の親指の先端部分を活用しながら、強めに揉むことが大切です。3秒かけてゆっくりと刺激したら、押した時同様に3秒間で元に戻しましょう。湧泉部分の温度が高まるまで続けると効果的です。

歯の上部分が痛んだら陥谷を刺激

上の歯に歯痛が現れた時は、陥谷と呼ばれているツボを刺激する必要があります。陥谷は、足の甲にあり、人差し指と中指の中間部分にあるくぼみを探すとすぐに見つかります。陥谷の刺激方法は、親指でツボを押し、残った4本の指を足の裏側を支えるように握りましょう。少し強めに押すことがコツです。

合谷ツボで歯痛を和らげることができる

合谷ツボを刺激することで得られる効果は多く、万能的な効果があるツボと呼ばれています。合谷ツボを刺激することで、歯痛を改善させることができるため、痛みを感じた時は合谷ツボを押しましょう。

合谷ツボは、手の甲にあり、親指と人差し指の中間部分にある付け根を目印にすると、簡単に見つかります。ツボを刺激する時は、反対側の手にある親指で、気持ち良いと思える適度な痛さで3秒間押しましょう。3秒間経過したら、圧力を弱めて再び3秒間刺激することが大切です。5セットずつ行うとより効果的です。

まとめ

歯痛があると、水を飲んだり食べ物を口に入れたりした際、痛いと思ってしまうため、苦しい思いをしてしまいます。歯痛の悩みは、歯医者さんに相談をすることが大切なのですが、休診日や営業時間外の時は、自分でどうにかしなければいけません。

歯痛に効果を発揮するツボは複数個所あるため、合谷や太渓などを押しながら、歯痛を緩和させる必要があります。高い効果が現れる刺激の仕方や、ツボのある場所が異なりますので、押す前に必ず確認しましょう。

自分の力で少しでも歯痛を緩和させることができれば、長時間痛みに悩まされることがありませんので、試してみる必要があります。

関連記事

  1. 太谿穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 天枢穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 気穴穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    聴宮穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    水突穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 効果的にツボ押しを行うコツ

  7. ツボ刺激の方法

    肓兪穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. 100均で購入することができるツボ押し棒