刺激をする前に正しいツボの押し方を理解しよう

ツボの正しい押し方を理解することの重要性

体にあるツボは、押すことによって、生理痛や腰痛などを緩和させることができるため、体の状態を良くするために、刺激する人はたくさんいます。しかし、ツボを押す時は、正しい押し方をしっかりと理解することが大切です。ツボ押し治療が重要視されている東洋医学業界では、ツボの押し方によって効果が変化すると考えられています。

そのため、ツボを押す時はどのように押せばいいのか、正しいやり方を学ぶ必要があります。

集中力が大切

ツボを正しく、効率良く刺激するためには、集中することが必要です。読書をしながら押したり、テレビを見ながら押したりしてしまいますと、ツボ押しの効果を期待することができません。ツボの場所に集中し、しっかりと押すことが正しいツボ押しです。ただ、集中力を高めすぎて筋肉に必要以上の力を加えてしまうことは避けなければいけないので、まずは深呼吸をして、心を落ち着かせることが大切です。

深呼吸をしてリラックスをすることができれば、無駄な力を取り除くことができるようになりますので、適度な集中力を維持しながらツボをしっかりと押すことができるでしょう。

力加減と時間に気をつけることが大切

正しい方法でツボを刺激したいのであれば、ツボを押す時の力と時間をしっかりと考える必要があります。正しいツボの押し方は、最初から強い力を加えるのではなく、少しずつ強い力を加える方法です。。また、ツボを押す時は、3秒から5秒かけてじっくりと押し、指を話す時も同じように3秒から5秒間かけて少しずつ行う必要があります。

最初から強い力を加えたり、長時間ツボを刺激したりしてしまうと、筋肉組織にダメージを与えてしまう危険性があります。体に負担をかけないように、正しくツボを押すことが重要です。

呼吸の仕方を変えなければいけない

ツボを押す時は、呼吸の仕方を変えることが重要です。ツボを押す時は、3秒から5秒かけて少しずつ圧力を加えることが正しい押し方と言われています。そのため、ツボを刺激する時は、息をゆっくりと吐きだしながら行う必要があります。息を吐きながら押すことで、筋肉の収縮を助けることができ、筋肉が緊張状態から解かれます。

ゆっくりと息を吐いてツボの刺激を行うことができれば、ツボへの力が伝わり易くなるメリットがありますので、無駄な力を使う必要がありません。ツボ押しに適した正しい呼吸方法をすることで、効率の良いツボ押しをすることができるでしょう。

まとめ

ツボを押すと、生理痛や腰痛を改善させる効果が期待できるため、多くの人がツボ押しをしています。しかし、正しいツボの押し仕方をしなければ、ツボ押しの効果を期待できなかったり、筋肉組織を傷つけてしまったりする危険性があります。緊張をほぐすために深呼吸をしてからツボの刺激を行うなど、正しいツボ押しの仕方を理解することが重要です。

また、テレビを見ながらツボ押しをしてしまいがちなのですが、ツボ押しには高い集中力が必要とされていますので、集中力を欠いた状態で刺激してはいけません。正しいツボ押しを勉強せずに自己流で始めてしまいますと、効果を期待することができませんので、気をつけましょう。

関連記事

  1. 下関穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 下廉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 豊隆穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 上巨虚穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. ふくらはぎのツボ

    天容穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. お腹のツボ

    人気があるツボ押しグッズを紹介します

  7. ツボ押しの資格と通信講座

    太乙穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. 風門穴の場所と効果、支配神経、使い方