お腹のツボ

天窓穴の場所と効果、支配神経、使い方

天窓穴は手の太陽小腸経に属している16番目の経穴です。

手の太陽小腸経とは手を流れる陽経の経絡で、手の小指の末端から始まり、手の尺側(小指側)を巡り、手関節を通って前腕尺側を上って肘関節に至ります。

その後、上腕後内側より肩の後ろから肩甲骨を巡って大椎穴で左右が交わります。

そこから缺盆穴に入って横隔膜を下って胃のあたりで終わりますが、支脈が缺盆穴から別れ出て首を巡り、頬に上って外眼角と内眼角に至ります。

天窓穴は頸部にある経穴で、全身の疲労感に対して効果的になっており、さらに前進のむくみも解消させてくれます。また顔の筋肉にも作用が届き、ほうれい線を目立たなくさせる効果もあります。

天窓穴の場所

天窓穴は胸鎖乳突筋の後縁にあり、甲状軟骨上縁と同じ高さです。足の陽明胃経の人迎穴と胸鎖乳突筋を挟んで同じ高さに取るため同時に使用されることもあります。

天窓穴の効果

天窓穴は主な働きとして全身の疲労を回復させたり、むくみを解消させる経穴です。他にも上記にあるようにほうれい線を目立ちにくくする効果もあるため、美容分野でも活躍する経穴です。

天窓穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

天窓穴の支配神経は以下の通りです。

支配神経:筋枝→顔面神経(頸枝)、副神経、頸神経叢の枝

皮枝→頸横神経

副神経は首を動かしている筋肉を支配しており、天窓穴がある筋肉だけではなく、肩の大部分を占めている僧帽筋も支配しています。

なので肩まわりに痛みを感じる場合でも天窓穴を刺激することで痛みが緩和する効果もあります。

また顔面神経に刺激を与えられることで顔のほうれい線を目立たなくすることができているのです。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものですのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:広頚筋、胸鎖乳突筋

これらの筋肉はものを噛んだりする時にも使用される筋肉ですので、ここをしっかりと緩めておくことで噛む力を保つことができます。

また胸鎖乳突筋が固くなってしまうと胸郭出口症候群という状態になってしまうことがありますので、注意が必要です。

天窓穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

押し方の手順は以下の通りです。

1.まず天窓穴に人差し指と中指を揃えて当てます。

2.そのままゆっくり回すように押し込み10~15秒ほど押し続けます。

3.左右とも3セットほど繰り返し行ってください。

以上が押し方です。

次に温めて刺激する方法をご説明します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次にホットタオルを天窓穴を中心に首に巻き付けます。

3.30~40秒ほど続けて押し、一度離してまた繰り返すというのを3セット行います。

やっている最中に天窓穴の奥のほうからじわじわと血液が流れるような感覚があり、首全体に暖かくなるような感覚があれば効果的にできている証拠です。

押すときも温めるときもやりすぎてしまうとだるくなってしまうことがあるので注意して行うようにしてください。

関連記事

  1. 孔最穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 三陰交穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. もものツボで痛み改善

    ボールペンを使った効果的なツボ押しの方法

  4. 諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

  5. 膈兪穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 地倉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 中注穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. ツボ押し棒の使い方を紹介