太谿穴の場所と効果、支配神経、使い方

太谿穴は足の少陰腎経に属する3番目の経穴です。

足の少陰腎経は足の第5指外側より始まり、太谿穴より別れてかかとの中に入り、下腿内側を上って膝裏の内側に出て大腿内側を上り、長強穴に合流し前に出て盲兪穴まで上って腎に属して膀胱をまといます。

さらに長強穴から直行するものは腎から上って肝臓、横隔膜を貫いて肺に入ってのどを巡って舌に繋がります。

太谿穴は足の少陰腎経において原穴とされており、腎気が出てくる経穴となっています。

湧泉穴から出た腎気が太谿穴で一つにまとまり、大きな渓流となったことから太谿穴と呼ばれています。頭痛やめまい、のどの痛みなどをはじめとする非常に多くの効果を兼ね備えている経穴です。

太谿穴の場所

太谿穴は内果の最も尖ったところで内果とアキレス腱の陥凹部です。

丁度内果の後ろ5分になり、後脛骨動脈の拍動部に取穴します。

太谿穴の効果

太谿穴は上記にもあるように頭痛やめまい、のどの痛みをはじめ、歯の痛み、難聴、耳鳴り、月経不順、不眠、健忘、インポテンツ、小便品数などの症状に対して効果的です。足の少陰腎経の原穴ということで非常に多くの効果があるのと同時に、他の経穴の効果も高めることができるため非常に使用頻度の高い経穴です。

太谿穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

太谿穴の支配神経は以下の通りです。

支配神経:筋枝→脛骨神経 皮枝→伏在神経

脛骨神経は下肢の筋肉を支配している重要な神経です。この脛骨神経が麻痺してしまうと足関節の底屈不能となり、足が思うように動かなくなってしまいます。治療をする際にこの太谿穴が使用されることがあります。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものですのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:長趾屈筋、アキレス腱

長趾屈筋は足の指を屈曲させる働きがあります。この筋肉が損傷するとその働きがやりづらくなってしまいます。

太谿穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

上記の場所を参考にしながら座って行うようにしましょう。

押し方の手順は以下の通りです。

1.太谿穴に人差し指と中指を揃えて当てます。

2.この時に円を描くようにゆっくりと押し込むようにしましょう。

3.気持ち良いくらいの圧で押し、ゆっくり離すというのを繰り返します。

4.左右とも3セットほど行いましょう。

以上が押し方です。

次に温めることで経穴を刺激する方法を紹介します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次に太谿穴を包むように足にホットタオルを巻きつけます。

3.30~40秒ほど太谿穴をホットタオルの上から上記のように押し、一度離してまた繰り返すというのを3セット行います。

やっている最中に太谿穴の奥のほうからじわじわと血液が流れるような感覚があり、足の指のほうにも流れるような感覚があれば効果的にできている証拠です。

押すときも温めるときもやりすぎてしまうとだるくなってしまうことがあるので注意して行うようにしてください。

関連記事

  1. 腎兪穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 目の疲れを改善できるツボ

  3. 孔最穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. ツボ押しの資格と通信講座

    ツボを学びたい人にオススメの本

  5. 気舎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 缺盆穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. むくみを解消させられるツボを刺激しよう!

  8. 陽渓穴の場所と効果、支配神経、使い方