ツボ押しの資格と通信講座

巨髎穴の場所と効果、支配神経、使い方

巨髎穴は足の陽明胃経に属している3番目の経穴になります。

足の陽明胃経とは鼻の根元から始まって鼻の外を巡り、上歯の中に入って、巡り出て唇を巡って承漿穴で左右が交わります。

そこから下顎の下縁を通って大迎穴から頬車穴を巡って耳の前に上って客主人穴を通って側頭髪際を巡って額に至ります。

大迎穴から別れた支脈が人迎穴に入ってのどを巡り缺盆穴に入り、そこから胸を下って胃に至ります。

さらに缺盆穴から乳中穴を通りさらに下がってへそを通って気衝穴に入ります。気衝穴から大腿前外側を通って膝関節を巡って下腿前外側を下って足の第2指外端に終わります。

巨髎穴はあまり知られている経穴ではありませんが、鼻のつまり感に対して非常に効果的であり、セルフケアにうってつけの経穴になります。

もちろん鍼灸師やマッサージ師の方も多用しており、その効果の高さに美容の分野でも使用される経穴です。

巨髎穴の場所

巨髎穴は目を正視させて、瞳孔を通る垂線と、鼻翼下端から横に引いた線上の交わる点になります。

巨髎穴の部分は丁度骨が陥凹していますので、それを参考にして取穴するようにしてください。

巨髎穴の効果

巨髎穴は鼻づまりを解消できる数少ない経穴の一つなのですが、鼻づまりで悩んでいる方は多く、多くの方から指示を受ける経穴です。

美容の分野ではほほの高さを調整するために巨髎穴の筋肉をほぐすこともされます。

また、顔のむくみや肌の張り感を戻すなどの効果もあり、非常に効果的です。

さらに花粉症の治療に対しても用いられることがあり、体質改善にも使う方が多い経穴になります。

巨髎穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

巨髎穴の支配神経は以下の通りになります。

支配神経:筋枝 顔面神経(頬骨枝)  皮枝 上顎神経(三叉神経第2指)

顔面神経は表情筋を支配している神経になりますので、年齢とともに肌がたるんだりするのが気になる方は巨髎穴を刺激して顔面神経へアプローチするのも効果的です。

巨髎穴が美容の分野で使用されるのはこの顔面神経にアプローチできることも一つの理由になります。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものとなりますのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:小頬骨筋

巨髎穴は刺激することでこの筋・靭帯を回復させる働きがあります。

小頬骨筋はほうれい線に直接関係してくる筋肉ですので、年齢とともに下に垂れ下がり、ほうれい線をくっきりと分かりやすくしてしまいます。

巨髎穴を刺激することで、それを予防することもできます。

巨髎穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

巨髎穴は顔面部にある経穴なので、両手を使ってしっかり刺激していきましょう。

両手の人差し指か中指使います。

押し方の手順は以下の通りになります。

1.巨髎穴に指を当てたら細かく円を描くように押し込んでいきます。

2.10秒ほど時間をかけながらゆっくりと行ってください。

3.これを3セットほど繰り返します。

以上が押し方になります。

次に温めて刺激する方法をご説明します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次に仰向けになり、ホットタオルを両目の上にかぶせます。

3.この状態でホットタオルの上から巨髎穴を上記の押し方で押していきます。

やっている最中に巨髎穴の奥のほうからじわじわと血液が流れるような感覚があればOKです。

押すときも温めるときもやりすぎてしまうとだるくなってしまうことがあるので注意して行うようにしてください。

関連記事

  1. 肩髃穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 外関穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 中注穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 肩外兪穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 復溜穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 腰腿点穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. お腹のツボ

    眠気覚まし効果があるツボはいくつかある

  8. 腎兪穴の場所と効果、支配神経、使い方