ふくらはぎのツボ

懸鐘穴の場所と効果、支配神経、使い方

懸鐘穴は足の少陽胆経に属している39番目の経穴になります。

足の少陽胆経とは足を流れる陽経の経絡で、外眼角と呼ばれる目の外側から始まり、上って側頭部を通りそのまま耳の後ろを通過して首を巡ってから肩に至ります。大椎穴で左右が交わって肩を巡りその後缺盆穴に入ります。

支脈が耳の後ろから耳の中に入り、耳の前に出て目じりに至ります。

またもう一つの支脈が外眼角から大迎穴を下り、ほほを上って手の少陽三焦経と合流し、下って下顎角へ行って、ついで缺盆穴の本流と合流します。

缺盆穴から胸中と呼ばれる肺の真ん中の所を通り、下って横隔膜を貫いていきます。

またそこから肩を通り側胸部、季肋部を巡って、脇を通り鼠径部の気衝穴に入って股関節あたりに入っていきます。

股関節あたりから大腿と下腿の外側を下って足の第4指の末端に終わります。

懸鐘穴は八会穴といわれる経穴の中でも特別に効果の高い経穴の一つになっています。

懸鐘穴はその中の骨会といわれるものに分類されており、骨会は骨の疾患に対して効果的だといわれています。

懸鐘穴の場所

懸鐘穴は下腿の外側にあり、腓骨の前方で外果尖の上方3寸にあります。

懸鐘穴は短腓骨筋中にあり、歩行時に痛みが出る際に使用すると効果的です。

懸鐘穴の効果

懸鐘穴は上記にもあるように骨の疾患に対して効果があると認められている経穴になります。

骨とはいっても関節痛などにも効果もあるため、幅広く使われます。

また骨の疾患だけではなく、頭痛や冷え、坐骨神経痛やむくみにも効果があります。

懸鐘穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

懸鐘穴の支配神経は以下の通りになります。

支配神経:筋枝→浅腓骨神経

皮枝→外側腓腹皮神経・浅腓骨神経

浅腓骨神経は麻痺すると下腿前外側の感覚や足背の感覚が鈍くなってしまったり、力が入らなくなってしまいます。

もしそういった症状があれば、この懸鐘穴を使いましょう。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものとなりますのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:胸鎖乳突筋、頭板状筋

上記にもあるように短腓骨筋は歩行時に使われる筋肉で、足関節を底屈させる際に使われます。

短腓骨筋付近に痛みが出たときは懸鐘穴を刺激します。

懸鐘穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

上記の場所を参考にしながら座って行うようにしましょう。

押し方の手順は以下の通りになります。

1.上記を参考にしながら懸鐘穴を探し、人差し指でゆっくり20秒くらいかけて押し込みます。

2.この時に円を描くように押し込むようにしましょう。

3.気持ち良いくらいの圧で押し、ゆっくり離すというのを繰り返します。

4.左右とも3セットほど行いましょう。

以上が押し方になります。

次に温めることで経穴を刺激する方法を紹介します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次にホットタオルを懸鐘穴に当たるように膝を曲げて経穴の上から巻き付けます。

3.30~40秒ほど上記の押し方で懸鐘穴を続けて押し、一度離してまた繰り返すというのを3セット行います。

温めることでも高い効果を得ることができますので、押すのと合わせて行うようにしましょう。

ただし、経穴を刺激するときにやりすぎには注意してください。

刺激が強いと後からだるさが出たり、痛みにつながる可能性もあります。

関連記事

  1. 陽渓穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. もものツボで痛み改善

    ボールペンを使った効果的なツボ押しの方法

  3. 壇中穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 陽白穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. もものツボで痛み改善

    美肌になることができるツボ

  6. 100均で購入することができるツボ押し棒

  7. 目の疲れを改善できるツボ

  8. 眠気を生み出すツボを紹介