梁丘穴の場所と効果、支配神経、使い方

梁丘穴は足の陽明胃経に属する34番目の経穴です。

足の陽明胃経とは鼻の根元から始まって鼻の外を巡り、上歯の中に入って、巡り出て唇を巡って承漿穴で左右が交わります。

そこから下顎の下縁を通って大迎穴から頬車穴を巡って耳の前に上って客主人穴を通って側頭髪際を巡って額に至ります。

大迎穴から別れた支脈が人迎穴に入ってのどを巡り缺盆穴に入り、そこから胸を下って胃に至ります。

さらに缺盆穴から乳中穴を通りさらに下がってへそを通って気衝穴に入ります。気衝穴から大腿前外側を通って膝関節を巡って下腿前外側を下って足の第2指外端に終わります。

梁丘穴は胃腸の調子を整える効果が高い経穴ですが、他にも膝の痛みに対して効果的です。梁丘穴の隣にある血海穴や、同経にある犢鼻穴と一緒に用いることでさらに効果を高めることができます。また血海穴はその名の通り血の集まる部分になっているため全身の血液循環を良くするサポートも梁丘穴が行います。

梁丘穴の場所

梁丘穴は膝蓋骨外端の上方2寸で外側広筋と大腿直筋県との間に取ります。

2寸が人差し指から薬指の3指の第1関節の横幅ですのでそれを参考に取穴してください。

梁丘穴の効果

梁丘穴は胃腸の調子を整える効果があります。腹部にも胃腸を整える経穴がありますが、それらの経穴と一緒に用いることが多いです。また膝の痛みに対しても効果があり、変形性膝関節症の治療にも使われます。

梁丘穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

梁丘穴の支配神経は以下の通りです。

支配神経:筋枝→大腿神経 皮枝→外側大腿皮神経・大腿神経(前皮枝)

大腿神経は歩行するときに必要な筋肉を支配している神経です。痛みに対しても慢性的な違和感に対してもこの神経をアプローチすることで改善することができます。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものですのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:外側広筋

外側広筋は大腿四頭筋の一部ですが、膝蓋骨の動きなどに深く関わっています。外側っ咬筋を正常な状態に保つことで膝への負担を減らすことができます。

梁丘穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

上記の場所を参考にしながら座って行うようにしましょう。

押し方の手順は以下の通りです。

1.上記の場所を参考にしながら梁丘穴に人差し指と中指を揃えて当てます。

2.この時に円を描くように押し込むようにしましょう。

3.気持ち良いくらいの圧で押し、ゆっくり離すというのを繰り返します。

4.左右とも3セットほど行いましょう。

以上が押し方です。

次に温めることで経穴を刺激する方法を紹介します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次にホットタオルを梁丘穴にあたるように膝上に巻き付けます。

3.30~40秒ほど上記の押し方で梁丘穴を続けて押し、一度離してまた繰り返すというのを3セット行います。

温めることでも高い効果を得ることができますので、押すのと合わせて行うようにしましょう。

ただし、経穴を刺激するときにやりすぎには注意してください。

刺激が強いと後からだるさが出たり、痛みにつながる可能性もあります。

関連記事

  1. お腹のツボ

    耳門穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 地倉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

  4. ダイエットをしたい人にオススメのツボ一覧

  5. 内関穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 頭維穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. お腹のツボ

    血海穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. お腹のツボ

    天窓穴の場所と効果、支配神経、使い方