照海穴の場所と効果、支配神経、使い方

照海穴は足の少陰腎経に属する6番目の経穴です。

足の少陰腎経は足の第5指外側より始まり、太谿穴より別れてかかとの中に入り、下腿内側を上って膝裏の内側に出て大腿内側を上り、長強穴に合流し前に出て盲兪穴まで上って腎に属して膀胱をまといます。

さらに長強穴から直行するものは腎から上って肝臓、横隔膜を貫いて肺に入ってのどを巡って舌に繋がります。

照海穴は月経不順を抑える経穴として知られており、不眠や脚気などの症状に対して効果的です。婦人科疾患、リラックス、不眠、生理不順にも効果的とされ、実際の治療現場でも多くつかわれます。夫人疾患に対する効果の多さから足の太陰脾経の三陰交穴と一緒に用いられることが多く、そうすることで多くの婦人科疾患を緩和することができます。

照海穴の場所

照海穴は内果の直下1寸に取穴します。

照海穴の効果

照海穴は上記にもあるように月経不順をはじめとする婦人科疾患に対して効果が高く、

他にもリラックスさせる効果や不眠などにも効果的です。

さらに婦人のツボとも呼ばれている足の太陰脾経の三陰交穴とともに使用することで、逆子を治したり不妊を治すなどの治療にも用いられます。

照海穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

照海穴の支配神経は以下の通りです。

支配神経:筋枝→脛骨神経 皮枝→伏在神経

脛骨神経は障害を受けると足関節の屈曲に制限がかかり歩行にも影響が出てしまいます。

伏在神経は足の皮膚感覚を支配している神経です。また膝関節の感覚も支配しており、この神経が絞扼されることで痛みやしびれを生じます。主に内転筋管内で絞扼されることが多いためここをアプローチすることで症状を緩和することができます。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものですのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:後脛骨筋(腱)、長趾屈筋(腱)

後脛骨筋は走る時によく使われる筋肉で陸上部などよく走る競技ではシンスプリントというものになってしまいます。

長趾屈筋は指を曲げる筋肉ですのでこちらも走る際や歩く際に使用されます。

照海穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

上記の場所を参考にしながら座って行うようにしましょう。

押し方の手順は以下の通りです。

1.照海穴に人差し指と中指を揃えて当てます。

2.この時に円を描くようにゆっくりと押し込むようにしましょう。

3.気持ち良いくらいの圧で押し、ゆっくり離すというのを繰り返します。

4.左右とも3セットほど行いましょう。

以上が押し方です。

次に温めることで経穴を刺激する方法を紹介します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次に照海穴を包むように足にホットタオルを巻きつけます。

3.30~40秒ほど照海穴をホットタオルの上から上記のように押し、一度離してまた繰り返すというのを3セット行います。

やっている最中に照海穴の奥のほうからじわじわと血液が流れるような感覚があり、足の指のほうにも流れるような感覚があれば効果的にできている証拠です。

押すときも温めるときもやりすぎてしまうとだるくなってしまうことがあるので注意して行うようにしてください。

関連記事

  1. むくみを解消させられるツボを刺激しよう!

  2. 股関節の痛みを改善する為にツボを押すことが必要

  3. 様々なツボ押し棒の特徴

  4. ツボ押しをしても効果ない方の特徴

  5. 集中力を高めるツボ

    迎香穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 頬車穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 100均で安く手に入るツボ押しグッズ

  8. ふくらはぎのツボ

    天容穴の場所と効果、支配神経、使い方