疲労回復を緩和できるツボを刺激!

効率良く疲労回復するために

仕事やスポーツなどで疲労が蓄積すると、体が重くなってしまい、自分では大丈夫だと思っていても体が言うことを聞きません。疲労が溜まった状態が持続してしまうと、最悪の場合、寝たきりの状態になってしまう危険性があります。そのため、疲労を溜めないように気をつけなければいけません。

疲労回復に効果があるツボを刺激して、疲れを取ることが大切です。ツボ押しは、特殊な道具を準備せずとも、自分の指を使って刺激を与えることができますし、短時間で終わらせることができますので、忙しい人でも簡単に疲労回復効果を得ることができるでしょう。

手三里を刺激して疲労回復

腕の外方向にある手三里は、疲労回復に効果を発揮します。手三里を探す時は、肘をまげてしわを作り、外側から指3本を当てて手首近くまで移動すると簡単に見つけることが可能です。手三里は指で押すと強い痛みを感じますので、指で刺激しながら探しましょう。

手三里は痛いと感じさせるツボですので、刺激する時は、時間をかけて少しずつ押すことが大切です。右肩の疲労が気になる人は、右手の手三里を、左肩が疲れている人は、左手の手三里を押すことが重要です。

足の疲労回復に効果がある足三里

足の疲れを感じた時は、足三里を刺激する必要があります。疲労回復に良い影響を与える足三里は、足の外にあるツボです。膝の皿から外方向に移動すると、へこみがあります。そこに指を3本当て、足首に動かすと、足三里があります。

足三里ツボは、足の太い骨付近にあるツボですので、効率良く刺激する為に、手の中指や親指でしっかりと押す必要があります。太い骨を外から刺激する感覚で圧力を加えましょう。

背中や腰の疲れを感じたら湧泉を刺激

足を裏返すと見つけることができる湧泉は、背中や腰の疲労回復に効果があるツボです。湧泉を探す時は、足の裏中央部分を見つけ、つま先側に移動するとあるへこみを見つける必要があります。

見つけにくい場合は、土踏まずと呼ばれている親指の端を見つけると、すぐに探すことができます。湧泉を刺激する場合は、両手の親指を使って、通常よりも少し強めの力で3秒間刺激しましょう。何度か繰り返すことで、疲労回復効果が期待できるのですが、湧泉は、足の裏にあるツボです。

そのため、指で指圧することが大変な人は、ゴルフボールのような、固いもので代用することができます。

まとめ

体に疲労が溜まっていても、これくらいなら大丈夫だと我慢してしまう人は多いのですが、体を大切にしないまま、疲れを溜めこんでしまいますと、寝たきり状態になる場合があります。そのため、疲労回復できるように、きちんとツボを刺激することが大切です。

足の疲労を回復させてくれる足三里や、背中や腰の疲れを癒すことができる湧泉など、魅力的なツボはいくつか存在しています。体のどこに疲労を感じているかで刺激するべきツボは異なっているのですが、効果が得られる刺激の仕方はツボの位置で違いますので、ツボを押す前にしっかりと確認する必要があります。

長い時間を必要としませんので、休憩時間のような限りのある時間であっても、簡単に押すことができるでしょう。

関連記事

  1. ふくらはぎのツボ

    天容穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 肩井穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 横骨穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 太陽穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 百会穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 顴髎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 缺盆穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    水突穴の場所と効果、支配神経、使い方