目の疲れを改善できるツボ

2つある目の疲れ

パソコンを長時間使うことが多い現代人は、目の疲れを感じやすくなっています。エアコンによって生まれる乾燥や、ストレスなどが原因とされる目の疲れですが、目の疲れと呼ばれている症状は、大きく分けて2種類存在します。目の疲れでも、睡眠を摂ることで改善させることができる眼疲労と、睡眠によって目を休めたとしても、疲れが溜まってしまう眼精疲労があります。

眼精疲労は、頭痛や目の痛みなどを感じることがあるため、多くの人が苦しめられています。目の疲れに効果があると言われているツボを押しながら、目を大切にすることが大切です。

睛明を刺激して目の疲れを解消

目頭から上に移動し、内側を触ると発見できるツボです。骨がくぶんでいる場所ですので、簡単に見つけることができるでしょう。睛明を押すことによって、目の疲れを改善させることができ、緑内障などにも効果があると言われています。

睛明を刺激する際は、親指と人差し指で、骨を掴むようにしながら押すことが大切です。刺激しにくい人は、両手の人差し指を使ってみましょう。睛明を押す時は、3秒間かけて力を加え、一度休憩を行い、再び3秒間刺激することが必要です。押す時は、目を閉じてツボ刺激に集中しましょう。

太陽ツボで目の疲れを解消させることが可能

太陽ツボは、眉尻と目じり中心部分から外に移動した場所にあります。太陽ツボを刺激すると、目の疲れを改善させるだけではなく、老眼予防や改善を期待することができると言われています。疲れ目が原因で発生する片頭痛にも効果がありますので、悩みを抱えている人は、押してみましょう。

太陽ツボを刺激する時は、両手の人差し指と中指、薬指を使って中指の先端部分が太陽に触れるようにしながら押さなければいけません。3秒かけて刺激し、休憩をしながら再び3秒間押すのが正しい刺激方法です。

承泣を押して疲れ目を改善

目の下部分を触ると骨があるのですが、その周辺部分にあるくぼみが承泣と呼ばれているツボです。承泣は、疲れ目の改善や目の下にできるたるみ、目のクマなどを改善させることができるツボです。

承泣を押す時は、太陽ツボと同じように、両手の人差し指と中指、薬指を活用しながら中指の方向を下に向けて優しく刺激しましょう。眼を閉じながら、太陽同様3秒間かけて力を加え、休んだ後に3秒間刺激することが重要です。

まとめ

目の疲れには、眼疲労と眼精疲労があるのですが、なかなか疲れを取ることができない眼精疲労は、多くの人を苦しめています。そのため、目の疲れをいやす効果があるツボを刺激しながら、目を労わってあげることが必要です。

目の疲れを解消できるツボには、太陽や睛明などがあるのですが目はデリケートな場所ですので、力を加減しながら優しくツボを押すことが大切です。ツボを刺激することで、様々な効果を期待することができるため、ツボを押す人はたくさんいます。

実際にツボを刺激する時時は、目を閉じながらツボに集中したり、休憩を入れながら押したりすることで、より効果が期待できます。

正しいやり方をきちんと学んで、目の疲れを解消させましょう。ツボ押しは短時間で終わることができますので、限られた時間を無駄にすることはありません。

関連記事

  1. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    天柱穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 集中力を高めるツボ

    有名な足三里をツボ押しすることによる効果

  3. 大腸兪穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 天宗穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 陽白穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 上巨虚穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 遍歴穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. ツボ押しの資格と通信講座

    ツボを学びたい人にオススメの本