お腹のツボ

眠気覚まし効果があるツボはいくつかある

大切な時に眠りたくない

勉強中や仕事の最中は、集中しなければならず、眠気は最大の敵です。大切な時に眠気が原因でミスをしてしまわないためにも、眠気覚まし効果があるツボをしっかりと刺激し、集中することが大切です。

天柱を押して眠気覚まし

眠気を感じた際、効果を発揮するのが、天柱です。天柱ツボを刺激することで、眠気覚まし効果を得られますし、肩こりを解消させることができます。天柱は頭の後ろにある僧帽筋の外側に存在します。天柱刺激することで、肩部分の血の流れを良くすることができるため、眠気を覚ましながら肩のコリを解消できます。

天柱を押す時は、頭の後ろ側に両手を移動させ、両手で頭を抱えながら頭の中心部分に向けて動かしながら圧力を加えましょう。両側にあるツボを一度に刺激すると、より気持ち良くなりますし、良い影響を与えることができます。

湧泉を押して眠気を覚ますことが可能

眠気覚ましに効果があるとして注目されているのが、湧泉ツボです。足を裏側にし、人差し指と中指の付け根部分から3cmほど踵側に下ると見つけることができるでしょう。眠気覚ましの他にも、熱量を改善させる効果があると言われており、万能的なツボです。

湧泉を刺激する時は、3秒間押し、3秒かけてゆっくりと指を話す必要があります。押す時に足が冷たいと感じた時は、足湯などでしっかりと温めてから行うことで、より高い効果が得られます。強く押しすぎてしまわないように、力の加減はしっかりとかんげることが大切です。

足臨泣で眠気覚ましができる

眠気覚ましに効果がある足臨泣は、足の甲部分にあります。足の小指と薬指にある骨部分が交差する箇所にあるツボです。指を使って刺激すると、痛みと気持ちよさによる何とも言えない感覚があります。

眠気を覚ます他に、肝臓や胆嚢に効果を発揮すると言われています。足臨泣を押す時は、親指や人差し指を使って、適度な圧力で5秒から10秒間刺激しましょう。刺激した後は、圧力を弱めます。繰り返し5回行うことが重要です。

百会でスッキリすることができる

眠気を覚まし、スッキリすることができるツボとして有名なのが、百会です。百会を刺激することで、眠さから解放してもらうことができ、体の調子も良くしてくれる素晴らしいツボです。百会ツボは、頭の頂上部分を触ると見つかる、少しくぼみのある個所にあります。

百会の正しい刺激方法は、息を吐きながら両方の手の中指を用いて、押すことが大切です。自分で強さを調整師ながら、15回から20回刺激を与えましょう。

まとめ

ご飯を食べた後などは、ついつい眠りやすくなってしまいます。しかし、学校のテストや会社で行われる重要な会議の前に眠気を感じてしまってはいけません。そのため、眠気覚ましをする必要があります。体にあるツボの中には、眠気覚ましに効果を発揮する場所がありますので、しっかりと刺激しながら頭をスッキリさせることが大切です。

百会や足臨泣など、刺激すべきツボはいくつかあるのですが、刺激方法や圧力を加える時間はツボによって違いがあります。間違った方法で刺激しないように、正しい方法をしっかりと理解することが必要です。短い時間で刺激できるので、休憩時間を上手に活用しながら、ツボを押してみましょう。

関連記事

  1. 太谿穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 下関穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 風門穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 気穴穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 顴髎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 中注穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. ツボ押しが迅速に効果が出る理由

  8. 冷え性に悩む人必見!緩和効果のあるツボ一覧