睛明穴の場所と効果、支配神経、使い方

睛明穴は足の太陽膀胱経に属している1番目の経穴になります。

足の太陽膀胱経とは内眼角という目の内側から始まり前頭部を上り、百会穴の所で左右の経絡が交わります。そこから脳に入って後頭部に出て健康晄津の内側を巡って脊柱の両側の後正中線の外側1寸5分を下り、腰のところで脊柱起立筋という筋肉を通ります。

その後腰から下って、臀部、大腿後面を下って膝裏に入ります。

そして頭頚部から分かれた支脈がさらに下腿後面を下り、下腿後外側、外くるぶしの後ろを通って足の第5指の外側端にいきます。

睛明穴は疲れ目を治してくれる経穴になります。

よく疲れた時に目頭を押さえることがあると思いますが、そこが睛明穴となります。

睛明穴の場所

睛明穴は目を閉じたときの内眼角の上方1寸にあります。

上記にもあるように疲れた時に目頭を押さえるポイントが睛明穴になります。

睛明穴の効果

睛明穴は主に疲れ目に対して効果がありますが、その他にもたくさんの効果があります。

頭痛やめまいがする時にも使用することで症状を緩和させることができます。

また経外奇穴である太陽穴と一緒に使用することでさらに疲れ目や頭痛に対して効果を発揮することができます。

鍼灸師やマッサージ師の方もこの経穴を一緒に使うことが多いようです。

睛明穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

睛明穴の支配神経は以下の通りになります。

支配神経:知覚神経 眼神経

眼神経はその通り目に関する神経になります。

最近ではデジタル製品の普及によりコンピュータ画面やテレビ画面を見ることでの眼精疲労症状が起こりやすくなっています。

睛明穴を刺激し、この眼神経へ刺激を与えることで、疲れ目などに効果を発揮するのです。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものとなりますのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:内側眼瞼靭帯

睛明穴は刺激することでこの筋・靭帯を回復させる働きがあります。

内側眼瞼靭帯は疲れてきて固くなると瞼が重くなり、睡魔が起こるようになります。

睡魔症状で困るケース、例えば会議があるなどの時は睛明穴を刺激しておくことで集中力を保たせたり、眠気を押さえたりすることができます。

睛明穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

睛明穴は顔面部にある経穴なので、両手を使ってしっかり刺激していきましょう。

両手の人差し指か中指使います。

押し方の手順は以下の通りになります。

1.睛明穴に指を当てたら細かく円を描くように押し込んでいきます。

2.10秒ほど時間をかけながらゆっくりと行ってください。

3.これを3セットほど繰り返します。

以上が押し方になります。

次に温めて刺激する方法をご説明します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次に仰向けになり、ホットタオルを両目の上にかぶせます。

3.この状態でホットタオルの上から睛明穴を上記の押し方で押していきます。

やっている最中に目の奥のほうからじわじわと血液が流れるような感覚があり、眠気が来て安らぐような感覚があればOKです。

押すときも温めるときもやりすぎてしまうとだるくなってしまうことがあるので注意して行うようにしてください。

関連記事

  1. 集中力を高めるツボ

    有名な足三里をツボ押しすることによる効果

  2. 風池穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 大鐘穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 集中力を高めるツボ

    陽陵泉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 集中力を高めるツボ

    迎香穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 100均で購入することができるツボ押し棒

  7. もものツボで痛み改善

    湧泉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. お腹のツボ

    人気があるツボ押しグッズを紹介します