缺盆穴の場所と効果、支配神経、使い方

缺盆穴は足の陽明胃経に属している12番目の経穴です。

足の陽明胃経とは鼻の根元から始まって鼻の外を巡り、上歯の中に入って、巡り出て唇を巡って承漿穴で左右が交わります。

そこから下顎の下縁を通って大迎穴から頬車穴を巡って耳の前に上って客主人穴を通って側頭髪際を巡って額に至ります。

大迎穴から別れた支脈が人迎穴に入ってのどを巡り缺盆穴に入り、そこから胸を下って胃に至ります。

さらに缺盆穴から乳中穴を通りさらに下がってへそを通って気衝穴に入ります。気衝穴から大腿前外側を通って膝関節を巡って下腿前外側を下って足の第2指外端に終わります。

缺盆穴は肩こりや頭痛といった筋肉の疲労からくる痛みや倦怠感に対して効果的です。

また、胸郭出口症候群に対して非常に高い効果があり、その治療によく使われる経穴でもあります。

またデコルテ痩せに対しても効果があるため美容分野でも活躍している経穴です。

使用する際は非常に強い響き感覚が出る可能性があるため注意して押すようにしましょう。

缺盆穴の場所

缺盆穴は大鎖骨上窩にあり、鎖骨上際の陥凹部で、乳頭線上に取穴します。

丁度窪みができる部分のため見つけやすく、押してみると簡単に響き感覚を得ることができます。

缺盆穴の効果

承泣穴は肩こりや頭痛といった筋肉疲労からくる症状に効果的ですが、上記にもあるように胸郭出口症候群に対して効果的です。

ただし缺盆穴は非常に効果が高いため刺激量が多くなると気分が悪くなり吐き気などを催す場合があるので使用する際には軽い刺激量にしておきましょう。

缺盆穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

缺盆穴の支配神経は以下の通りです。

支配神経:運動神経 顔面神経、頸神経前枝

知覚神経 鎖骨上神経

顔面神経は表情筋を支配している神経ですので、年齢とともに肌がたるんだりするのが気になる方は缺盆穴を刺激して顔面神経へアプローチするのも効果的です。

缺盆穴が美容の分野で使用されるのはこの顔面神経にアプローチできることも一つの理由です。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものですのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:広頚筋、中斜角筋

缺盆穴は刺激することでこの筋・靭帯を回復させる働きがあります。

缺盆穴が胸郭出口症候群に対して効果的なのはこの中斜角筋を刺激できるというのもあります。

この筋肉が上肢へ行く神経を圧迫し痺れを引き起こすため、この筋肉を弛緩させるために缺盆穴を用います。

缺盆穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

缺盆穴は頸部にある経穴なので、刺激の量に注意しながら両手を使って刺激していきましょう。

両手の人差し指か中指使います。

押し方の手順は以下の通りです。

1.缺盆穴に指を当てたら細かく円を描くように押し込んでいきます。

2.10秒ほど時間をかけながらゆっくりと行ってください。

3.これを3セットほど繰り返します。

以上が押し方です。

次に温めて刺激する方法をご説明します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次にホットタオルを首の前から包むように首に巻きます。

3.この状態でホットタオルの上から缺盆穴を上記の押し方で押していきます。

やっている最中に缺盆穴の奥のほうからじわじわと血液が流れるような感覚があり、心地よいくらいの響き感覚があればOKです。

押すときも温めるときもやりすぎてしまうとだるくなってしまうことがあるので注意して行うようにしてください。

関連記事

  1. 肩中兪穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 外関穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 頬車穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 天鼎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 大鐘穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. 大椎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 吐き気を感じた時はツボを押して解決!

  8. おしりのツボ押しでヒップアップ効果

    聴宮穴の場所と効果、支配神経、使い方