集中力を高めるツボ

迎香穴の場所と効果、支配神経、使い方

迎香穴は手の陽明大腸経に属している20番目の経穴です。

手の陽明大腸経とは示指末端から始まり、示指と母指の間を通って前腕後外側を上っていき、肘窩横紋と呼ばれる肘を曲げたときにできるしわの外端に入っていきます。そして上腕の外側を上って肩峰突起と呼ばれる肩の端の盛り上がった部分の外端の肩髃穴に至ります。

迎香穴は鼻水や鼻づまりに対して効果があるとされていますが、他にも目の疲れや肩こり、ストレスなどにも効果があるとされています。また自律神経の働きを整える効果もあり、非常に多くの効果を兼ね備えている経穴となっています。

迎香穴の場所

迎香穴は顔面部にあり、鼻翼外側円の中点で、鼻唇溝中に取ります。鼻唇溝とはいわゆるほうれい線の所です。

場所的にかなり敏感な部分ですので、刺激する際は注意しましょう。

迎香穴の効果

迎香穴は上記にもあるように鼻水や鼻づまりに対して効果があるほか、目の疲れや肩こり、ストレスに対しても使用されます。それらの効果から花粉症の治療に使われることがあり、実際の治療現場でも使用されます。またほうれい線を目立たなくさせる経穴として美容分野でも活躍している経穴です。さらに迎香穴は顔面神経を刺激する事ができるため、ほうれい線を消すだけではなく肌の調子を整えたり、血色を良くすることもできます。

迎香穴の支配神経

支配神経とはその経穴を刺激した時にどの神経が知覚し、反応しているのかというものです。

合谷穴の支配神経は以下の通りです。

支配神経:筋枝→顔面神経 皮枝→上顎神経(三叉神経第2枝)

顔面神経はアプローチすることで、顔面部にある目や口などの部位の痛みや症状に対して効果的とされています。

また顔面の筋肉を活性化させることができるため、美容分野で刺激する神経です。この顔面神経が損傷されると、顔面神経痛といって激しい痛みを伴う場合があります。

また支配神経以外にも筋、靭帯というものもあり、そちらも治療効果に関係しているものですのでチェックしておきましょう。

筋・靭帯:上唇鼻翼挙筋・上唇挙筋・小頬骨筋

迎香穴は刺激することでこの神経や筋・靭帯を回復させる働きがあります。

そのおかげでほうれい線が薄くなるため、美容で活躍できているというわけです。

迎香穴の使い方

まずは押し方の説明をします。

上記の場所を参考にして迎香穴を取穴してください。

押し方の手順は以下の通りです。

1.迎香穴に人差し指を当てます。

2.円を描くようにゆっくりと20秒ほどかけて押し込んでいきます。

3.押し込んだらゆっくり離すのを3セット繰り返しましょう。

以上が押し方です。

次に温めて刺激する方法をご説明します。

1.まずタオルを40~45度くらいの熱めのお湯につけ、しっかり絞ったホットタオルを用意します。

2.次にホットタオルを迎香穴にあたるように顔全体に広げて置きます。

3.ホットタオルを置いた上から迎香穴を上記の押し方と同じように刺激していきます。

経穴を刺激するときは丁度気持ち良いくらいの強さで押すようにしてください。

押すときも温めるときもやりすぎてしまうとだるくなってしまうことがあるので注意して行うようにしてください。

関連記事

  1. 上巨虚穴の場所と効果、支配神経、使い方

  2. 下巨虚穴の場所と効果、支配神経、使い方

  3. 次髎穴の場所と効果、支配神経、使い方

  4. 外関穴の場所と効果、支配神経、使い方

  5. 集中力を高めるツボ

    陽陵泉穴の場所と効果、支配神経、使い方

  6. お腹のツボ

    太衝穴の場所と効果、支配神経、使い方

  7. 豊隆穴の場所と効果、支配神経、使い方

  8. 下関穴の場所と効果、支配神経、使い方