いつでも気軽にできる冷え性改善のツボ押し

冷えがつづくと代謝機能が低下して、さらに慢性化すると代謝も減少してしまいます。そして免疫力の低下や体のむくみ、倦怠感に留まらず、女性には由々しき問題である肌あれ・くすみなど美容のトラブルにも発展してしまいます。冷え性は体内における熱の発生力が少ないことと、熱を手足の指先まで送る力が足りない状態です。冷え性の改善に使われるツボ押しは、熱の発生力を高める力と送る力を補助するツボを使います。

足から血液の循環力を高める太衝(たいしょう)穴

まずは足の親指と人差し指の間で、その2本の指の骨が交わる谷の部分にある太衝穴をツボ押しします。太衝は肝臓のツボです。そのため血液に関係する病気に有用なツボのひとつです。またツボの奥には大きな動脈もあるのでツボ押しするとドクドクと血流を感じることもできます。

太衝穴の刺激方法

①太衝穴は骨と骨の間にあるので、ツボ押しには親指よりも人差し指がよいです

②ツボ押しの方向は真下ではなく斜めに骨のつなぎ目に向けて押します

③重たく響く感じと血管の拍動を感じます

④4~5回ほどツボ押しを繰り返し、重たい響きが軽くなれば大丈夫です

⑤指でのツボ押しが難しい場合は、鉛筆の頭の消しゴムで押しと良いです

手足の末端からの血流を促進させる四間(しかん)穴をツボ押し

四間穴は経絡に属さない独立したツボなので、内蔵に直接関係はしていません。しかし四間穴をツボ押しすることで末端から内臓へ向けての血流を改善させることができるので、冷え性には有効なツボです。手足全ての指と指の間にあるツボです。その谷間のところにツボはあります。

四間穴の刺激方法

①手の四間穴のツボ押しは人差し指を手の甲、ツボのある側に宛てがい、親指で挟みます

②人差し指と親指をスライドさせながらツボに刺激を送ります

③指と指の間が暖かくなってきたら大丈夫です

④これを四間穴すべてに行います

⑤足の四間穴の場合は、親指と人差し指が逆の方がツボ押ししやすいです

⑥手の四間穴と同じような感覚が生じるまでツボ押ししてください

補足ですが、健康グッズの中に足の指の間を広げる少し固めのスポンジのような物があります。あれは指と指の間を広げることでこの四間穴も同時に刺激され、足の指の中を走行している血管を広げる作用があります。体が硬くて自分の指でツボ押しするのが難しい場合は、そのような健康グッズでツボ押しの代用をしてください。

冷え性改善のツボ押しまとめ

冷え性の改善に必要となってくるのは、血液を作る力と送る力の回復です。紹介しました太衝穴は肝臓に関わる重要なツボのひとつで血液の産生にも関与します。もし太衝穴のツボ押しだけで効果を感じられない場合は、膝の内側にある血海穴や足裏にある湧泉穴も合わせてツボ押しすると冷え性の改善が早くなります。四間穴はどれも末端部分の動脈と静脈が切り替わる場所にあります。そこをツボ押しすることで血管の中を流れる血液の折り返しがスムースに行われます。そうすることで心臓へ戻ろうとする静脈血の流れが良くなり全身の循環力が高まります。足の四間穴のツボ押しは自宅など人目につかないところでしかできませんが、手の四間穴は通勤などの電車の中や、職場での休憩中にも気軽にできるので、冷え性を改善したい方は四間穴のツボ押しを習慣にしてください。

関連記事

  1. 鼻づまりを解消するツボの紹介と原因&対策方法について

  2. 下痢が治まらない時にマッサージするツボと下痢の原因を追及

  3. イライラや怒りを沈める情緒安定のツボ押し

  4. 肩こりに効果のあるツボ押しとグッズの紹介

  5. ふくらはぎのツボ

    自分でできる膝の痛みを緩和するツボ押し

  6. 片頭痛を和らげるツボとその原因・前兆

  7. 鼻血を止めるツボの紹介と原因について

  8. 動悸、息切れに心臓の働きと機能を調整するツボ押し