集中力を高めるツボ

やる気を出して集中力を高めるためのツボと改善策

どうにも朝からやる気が出ないと思うことは誰にでもあります。やる気が失せていて集中力が欠けていると、とんでもない大失敗をして後に大変な災いを呼ぶことになってしまうことにもなりかねません。どうすればやる気が出ない日にやる気を出して集中力を高めることができるのでしょうか。

今回はやる気を出して集中力を高める方法と特効のツボについて紹介します。

やる気が出ないのはどんな時

やる気になれないのにはいくつかの原因が考えられます。

・体調が悪い。⇒身体の不調など肉体的な不満があるとやる気は出てきません。

・悩み事を抱えている。⇒心配事や悩みを抱え込んでしまうと集中力がかけてしまいやる気は無くなっていきます。

・周囲の人間関係に不安がある。⇒自分の存在する立ち位置に不安があるとやる気はなくなってしまいます。学校でイジメに合って不登校になってしまうなど社会問題にもなりかえない深刻な状況もあります。

・やっていることの目的が見えていない。⇒会社の上司に命令された仕事であっても、その業務を達成する目的が見えない時には、やる気が失せてしまう場合があります。

・頑張っても評価されないとき⇒自分が必死に頑張ったことに対し、周りから思った評価が得られない場合にやる気を失ってしまいます。

このようにやる気を喪失する原因はさまざまありますが、それを改善するためにどのように努力すればよいのでしょうか。

やる気を出すツボはここ

集中力を高めるとやる気が沸き上がってきます。集中力を高める効果があるツボを刺激してみましょう。

 

<手・足にあるツボ>

①労宮(ろうきゅう):握りこぶしを作った時に中指の指先が手のひらに当たる部分に存在するツボです。

全身の血行を改善するので脳が元気になり、集中力が高まります。

②湧泉(ゆうせん):足の裏の中心線上で指を曲げた時にできるくぼみに存在するツボです。

かなり痛みを伴いますがマッサージ棒などを使ってしっかりと刺激するとスカッとやる気になれるので集中できるようになります。

<腹部・胸部にあるツボ>

①気海(きかい):へそから下へ指1本~2本分下がったところに存在するツボです。

⇒マッサージしてお腹を元気にするとやる気がわいてきて集中力が高まります。

②だん中(だんちゅう):左右の乳首を結んだ線の真ん中に存在するツボです。

⇒両方の中指を押し当ててゆっくりと押圧します。

リラックス効果があり集中力を高めます。

<背中にあるツボ>

①身柱(しんちゅう):両側の肩甲骨の上角(肩甲骨の上端の角)を結んだ線と背骨の交差点、第3胸椎と第4胸椎の間にあるツボです。

⇒この周囲をマッサージすると効果的です。

 

 

やる気を出す方法とは

ツボを刺激する以外の方法でやる気を出すには以下のような方法があります。

・やる気が出ない理由を書きだす

⇒やる気が出ないのには理由があるはずです。その時の自分の想いを書き出して自分で再確認すると現状に納得してやる気が出る場合があります。

・無理矢理にでも目標を定める

⇒目標を失ってやる気が出ない場合には、無理矢理にでも達成目標を定めると、ひとまずのモチベーションにはなります。目標設定は集中力を高めるためにも重要な要素です。

・やる気がなくても先に進む。

⇒やる気がしないからと立ち止まってしまっていては何も始まりません。とにかく手を動かして目先の業務・家事などを一つずつでも片付けていくと、気づいたら達成感が沸いてくるものです。

やる気を出すツボまとめ

やる気が出ないときには気持ちも乗って来ないので楽しく過ごすことができません。やる気が出ない原因がわかれば、書き出して原因と対策を自分で確認するのも効果的です。また肉体的要因が病気ならば医者に行き治療をすれば解消されるでしょう。

無理矢理にでもやる気を出したいとき、やる気を出して集中力を高めなければならないときにはツボの指圧が役立ちます。

関連記事

  1. 眼精疲労に効果的!いつでも簡単な手と目のツボ押し

  2. 拍動と一緒に痛む偏頭痛を緩和するツボ押し

  3. 冷え性を予防するツボ押しと足湯について

  4. 足がつる時に、とっさに使える足のつりを治すツボ押し

  5. 真っ赤な目の充血を解消するツボとその原因&対処法

  6. 気持ちが不安定なときに効果のあるツボ押し

  7. 苦しい咳が続く慢性気管支炎の時に有効なツボ押し

  8. めまいが出た時にマッサージするツボとめまいの原因について