イライラや怒りを沈める情緒安定のツボ押し

日々の忙しさに追われて知らず知らずのうちに疲労やストレスを溜め込んでしまい、心に余裕がなくなっていると怒りっぽくなったりイライラしたり落ち着かなくなってしまいます。怒りやイライラは東洋医学的に診断すると肝臓が弱っている時に起こります。怒りすぎても肝臓を痛めますし、肝臓が悪くても怒りっぽくなるので、イライラの解消には肝臓のツボ押しが有効です。

肝臓を養う重要なツボである太衝(たいしょう)穴をツボ押し

太衝穴は、足の甲側の親指と人差指の骨と骨の谷間にあるツボです。肝臓に直接つながっている重要なツボなので、イライラしてしたり少しのことで怒りやすくなっている時は、こまめにツボ押しして肝臓の働きを高め、イライラを鎮めるようにしてください。

太衝穴の刺激方法

①人差指を太衝穴にあて、親指で挟むように持ちます

②少し踵の方向に向けてツボ押しします

③足首に響くような感じがでると正しくツボ押しできています

④響きが緩和されてくれば効果が期待できます

生理前のイライラにも効果的な期門(きもん)穴をツボ押し

期門穴はお腹にあるツボです。腹部の肋骨の縁をなぞり、乳首から真下のライン上にあります。期門穴は左右の腹部にありますが、特に右側の期門穴の奥には肝臓そのものが収まっているため、右側のツボの方が強く反応することが多いです。生理前のイライラにも効果的なツボです。

期門穴の刺激方法

①期門穴に中指の腹をあてます

②まっすぐ背中に向けて圧を加えた後に、少し背骨の方向に圧を入れます

③息を吐きながらツボ押しします

④息を吸うときは少しツボ押しを緩めます

⑤5回ほど繰り返せば効果が期待できます

疲労感からのイライラ解消には労宮(ろうきゅう)穴をツボ押し

手を軽く握り、中指と薬指の先があたる真ん中にあるツボが労宮穴です。労宮穴は疲労に関係が深いツボです。疲労感が原因でイライラする時は労宮穴をツボ押しして疲れを解消することで鎮まりやすくなります。

労宮穴の刺激方法

①労宮穴に親指をあて、人差指と中指で手の甲側から挟むように持ちます

②人差し指と中指に向けて、親指で少し強めにツボ押しします

③手のひら全体に響くような感じがでます

④挟んでいる指をスライドさせながらツボ押しするのも効果的です

⑤手のひらの響きが緩和すれば効果が期待できます

情緒不安定を整える神門(しんもん)穴をツボ押し

神門穴は、手首の内側にできるシワの上にあるツボです。シワの小指側の腱にぶつかる少し手前の凹みの中にあります。心臓につながっている神門穴をツボ押しすることで情緒不安定な心理状態を整えます。

神門穴の刺激方法

①親指を神門穴にあて、人差し指と中指で手首を挟むように持ちます

②そのまま挟むようにツボ押しすると小指に響きを感じます

③指圧を繰り返したり、挟んだまま手首をかるく揺らしてツボ押しします

④小指に響く感じが緩和すれば効果が期待できます

イライラや怒りを沈めるツボ押しのまとめ

普段なら怒らないような出来事でもイライラしてしまうときは、疲労が蓄積していたり、情緒不安定に陥っている可能性があります。そのような時はツボ押しをして早めに睡眠をとることで内蔵を休めて疲労回復をすることが先決です。短気は損気とも昔から言われていますので、いつまでもイライラを引きずらないようにツボ押しを実践して解消してください。

関連記事

  1. 足の筋肉痛を解消するツボとその原因と素早くなくす方法

  2. 鼻血を止めるツボの紹介と原因について

  3. 足がつる時に、とっさに使える足のつりを治すツボ押し

  4. 頭痛を和らげる方法って?ツボの正確な場所と効果とは    

  5. 太りやすい体質改善には食欲を抑えるツボ押し習慣

  6. 風邪の引き始めや治りかけの、せき、たん、くしゃみを緩和するツボ押し

  7. 歯痛に効くツボと歯が痛いときのNG行為&鎮痛法

  8. 二日酔いの苦しみを改善できるツボ