ツボ押しと合わせて行うおすすめの肩こり対策

肩こりに悩まされている方は多くいます。原因は人によって異なりますが、長時間のデスクワークや立ち仕事による不良姿勢が主な原因となっています。
猫背になると、頭が前に出るため首と肩の筋肉に大きな負担がかかり、肩こりが生じます。
肩こりが発生した後の対策としては、ツボ押しか有効です。
しかし、肩こりが発生する前に予防の対策をすることが、ストレスを感じずに生活するためには大切です。
そこで、ツボ押しと合わせて行う、おすすめの肩こりの予防対策を紹介します。

ストレッチ

ストレッチは、筋肉を伸ばすことにより、コリ固まった筋肉の血流を促進させて、痛みを予防することができます。
首や肩の筋肉をストレッチして、肩こりを予防しましょう。
1つのストレッチにつき10秒を目安に行い、ゆっくりと呼吸をしながら行うと効果的です。

首の筋肉のストレッチ

痛まないように、慎重に行います。
①背中を伸ばして、肩の力を抜きます。
②ゆっくりと下を向き、首の後ろの筋肉をストレッチします。
③正面に顔を戻したら、左右順番に首を横に倒します。倒した方の耳たぶが肩につくように意識しましょう。

肩の筋肉のストレッチ

①背中を伸ばして、右手だけを前ならえのように前に伸ばします。
②左手で右肘をかかえるように持ち、身体の方に引き寄せます。
③右手が終わったら、左手も同じように行います。

背中の筋肉のストレッチ

①背中を伸ばして、両手を胸の前で組みます。
②両手を前に伸ばして、背中を丸めます。
③ゆっくりと10秒数えたら、①の姿勢に戻ります。

肩甲骨体操

肩甲骨は、肩の動きや姿勢に大きく関わっています。
肩甲骨の動きが固くなると、肩が上がらなくなったり、猫背の姿勢になりやすくなったりします。
背中の筋肉や肩の筋肉が緊張すると、肩甲骨の動きが固くなるので、肩甲骨をしっかりと動かすことは、肩こり予防につながります。

前後への動き

①背中を伸ばして、右手指を右肩、左手指を左肩に当てます。
②息を吐きながら、両肘を胸の前で合わせます。
③息を吐ききったら、息を吸いながら肘を離して、胸を開きます。
④呼吸に合わせて、3回ほど行います。

上下前後の動き

①背中を伸ばして、右手指を右肩、左手指を左肩に当てます。
②両肘で大きく円を描くように、ぐるぐると回します。
③前回し5回、後ろ回し5回行います。

背伸び

①背中を伸ばして、両手を組みます。
②息を吸いながら、ゆっくりと両手をばんざいするように上へ上げます。
③息を大きく吸ったら、息を吐きながら両手を下ろします。
④ゆっくりと呼吸に合わせて、5回ほど行います。

肩こりに効果のあるツボ押し

最後に、紹介したストレッチと肩甲骨体操に合わせて行うと、効果的なツボを紹介します。
肩こりで迷ったら、この2つのツボを押してみてください。

肩井(けんせい)

うつむいたときに首の付け根に出る骨と、肩先の骨を結んだ線の真ん中あたりに圧痛のあるシコリがあります。
中指または人差し指、中指、薬指の3本指をツボに当て、皮膚に対して垂直に惜します。

天廖(てんりょう)

肩甲骨の一番とがった位置に圧痛点あります。
中指をツボに当て、皮膚に対して垂直に押します。

肩こりはひどくなると、睡眠障害やイライラ、集中力の低下につながってしまいます。
そのため、症状が悪化しないように対策を行いましょう。

関連記事

  1. 頭痛を素早く和らげるツボ押し

  2. 腰の痛みの予防や改善に使えるツボ押し

  3. 肩こりに効果のあるツボ押し

  4. 耳の痛みを和らげるツボとその原因から対処方法まで

  5. いつでも気軽にできる冷え性改善のツボ押し

  6. 真っ赤な目の充血を解消するツボとその原因&対処法

  7. 風邪の引き始めや治りかけの、せき、たん、くしゃみを緩和するツボ押し

  8. 過剰な免疫反応アレルギーを抑えるツボ押し