ふくらはぎのツボ

パンパンの脚のむくみをスッキリさせるツボ押し

一日仕事が終わると脚はパンパンになってしまいます。指で押してみると跡が残ってしまうのは体の余分な水が流れず老廃物と一緒に滞ってしまった状態です。むくみを起こす原因として、塩分過多、運動不足、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどがあります。むくみがひどい場合は腎臓や心臓血管系などの病気が潜んでいる可能性も疑われます。そのような場合は早めに医療機関への受診をおすすめします。

腎臓の働き直結する太渓(ていけい)穴をツボ押し

太渓穴は内くるぶしとアキレス腱の間にある腎臓の働きと関係の深いツボです。腎臓は体の中の水分調節を司るので、腎臓の機能が衰えると脚はむくみを起こしやすくなります。太渓をツボ押しすることで腎臓の働きを高めると同時に疲労回復の効果も期待できるので、むくみの解消に有効です。鍼灸治療でもよく使われる重要な経穴ですので積極的にツボ押ししてください。

太渓穴の刺激方法

①同側の親指で太渓穴に親指をあてます

②少し骨側の方向に向けてツボ押しするのが有効です

③腎臓が疲れていると少し痛みがあるので、優しく押してください

④優しく円を描きながらほぐします

⑤やわらかくなったり、響くような痛みが和らいだら効果が期待できます

骨盤内の循環を高める八髎 (はちりょう)穴をツボ押し

八髎 (はちりょう)穴は仙骨にある8個の骨の穴を総称したツボです。むくみを解消するには骨盤内の流れを良くすることが大切です。八髎穴は子宮や生殖器への神経の流れや働きに関係しているツボの集まりです。そのため骨盤内の循環や内臓の働きを高める作用が期待できます。

八髎穴の刺激方法

①八髎穴の一番上に左右の中指を当てます

②左右4個、合計で8個ありますので上から順番に揺らすようにツボ押しします

③八髎穴の上には硬い靭帯がありますので、少し強めにツボ押しします

④ツボのゴリゴリした感じが柔らかくなると効果が期待できます

足裏の万能ツボである湧泉をツボ押し

足裏の万能ツボである湧泉は腎臓の経絡の始まりです。そのため湧泉穴が硬くなると腎臓の経絡の流れがスタートから滞ってしまいます。リフレクソロジーでも最初に刺激する場所が湧泉穴になっているのも頷ける話です。腎臓と関連性が深いため脚のむくみ解消にも外すことのできないツボ押しです。湧泉穴は足の裏の中央よりやや上です。足の指をグーに曲げた時に一番へこむところです。

湧泉の刺激方法

①湧泉穴に親指を重ねて四指で足の甲を支えます

②そのまま指圧するようにツボ押しします

③5秒ほど圧をかけたら緩め、それを3回ほど繰り返します

④圧を入れると痛い時は、クリームを塗ってマッサージするように押すのも良いです

むくみをスッキリさせるツボ押しのまとめ

足のむくみの主な原因は、血行不良やリンパの滞り、運動不足などがありますが、何を行っても改善しないむくみの場合は腎臓や血管の病気が潜んでいる可能性もあります。そのような場合は早めに医療機関への受診をお願いします。多くの場合は運動不足による筋力低下で血液の流れを起こすポンプ作用の低下や、外食に偏った塩分過多により体内の水分調節が乱れていることが原因になりやすいです。むくみ解消のツボ押しと合わせて、そのようなことが思い当たる方は、生活習慣の見直しも同時に行ってください。

関連記事

  1. 歯が浮いた時に治めるツボと歯が浮く原因について

  2. お腹のツボ

    いつまでも元気で過ごすために健康維持と病気予防のツボ押し

  3. 石のように重い、硬い肩こりにツボ押し

  4. ひざ痛に効くツボの紹介とその原因&対処法

  5. 腰の痛みの予防や改善に使えるツボ押し

  6. 目の疲れ、眼精疲労に効くツボの解説と疲れ目について

  7. もものツボで痛み改善

    歯が痛い!しみる時に効果的な歯痛を緩和するツボ押し

  8. 頭痛を素早く和らげるツボ押し