低血圧の改善に欠かせない3つのツボ押し

低血圧の方は、体が常にだるい、朝起きるのが苦手など、少し症状が貧血症と似ていますが特に貧血でなければ低血圧が予想されます。低血圧の種類は三つあります。何かしらの病気により、長期にわたり体を動かせなかった時におこる症候性低血圧症です。この場合は時間の経過と共に低血圧も回復します。次は、立ち上がると急に血圧が下がる起立性低血圧症です。体の動かし始めに血流が追いつかないことで起こります。特に痩せ型の女性にみられます。そして最も多いのが本態性低血圧症です。まだ詳しいことは判明されていませんが、先天的であったり体質的なものが原因ではないかと予想されています。

気血の停滞を治す足三里(あしさんり)穴をツボ押し

膝のお皿の外側から下に指4本分下にある足三里は胃の経絡に属するツボです。体の中をめぐる気血は、飲んだ水と食べた物から作られます。胃の働きを高める足三里穴を刺激することで気血の停滞を治し、血液に栄養と流れる力を生み出します。また足三里をツボ押しすると歩きやすくなるため運動不足の解消にも役立ちます。適度な運動も血流を改善して低血圧の予防になります。

足三里の刺激方法

①足三里穴に親指をあて、四指でふくらはぎを軽く掴むようにします

②その状態で円を描くように揉みほぐします

③足の外側のラインに響くような感じがあります

④響く感じが緩んできたら効果がでています

消化のサポートもする脾臓のツボ三陰交(さんいんこう)穴をツボ押し

三陰交穴は内くるぶしの真上から指幅4本分上がった骨と筋肉の境目にある脾臓に属するツボです。胃の消化の働きをサポートする脾臓の中でも血液循環に関係の深いツボです。女性疾患の治療には欠かすことのできない重要なツボのひとつです。

三陰交の刺激方法

①三陰交穴に親指をあてます

②息を吐きながら優しくツボ押しします

③息を吸いながらゆっくり指を戻します

④これを3回ほど繰り返します

⑤膝の内側に響く感じが緩んでいれば効果がでます

造血作用を高める湧泉(ゆうせん)穴をツボ押し

湧泉穴は腎臓の経絡の始まりです。そして造血作用を高める効果も期待できます。人間の血液の多くは骨髄で造られていますので、骨を司る臓器である腎臓を元気にしてあげることは、低血圧や貧血の方に欠かすことができません。湧泉穴をツボ押しして体内をめぐる血液量を増やし、貧血とともに低血圧を改善する必要があります。

湧泉の刺激方法

①湧泉穴に親指を重ねてあてます

②息を吐きながら20秒ツボ押しします

③息を吸いながらツボ押しの力を緩めます

④これを3回ほど繰り返します

⑤足の裏全体がポカポカしてきたら効果がでます

低血圧の改善に欠かせないツボ押しのまとめ

低血圧の改善には栄養バランスや規則正しい生活習慣と適度な運動が大切です。しかし食べ物も胃の消化能力が衰えていると吸収が悪くなります。体が疲れてしまって腎臓の働きも悪いと造血作用も落ちてしまい、低血圧の改善は難しくなります。紹介した低血圧に有効な3つのツボ押しは、それを補う作用があるものを厳選しました。日頃の食生活の改善と生活習慣の見直しに、ツボ押しをプラスして低血圧から卒業できるようにしてください。

関連記事

  1. 不快な時期到来!花粉症を解消するツボを紹介

  2. 風邪の引き始めや治りかけの、せき、たん、くしゃみを緩和するツボ押し

  3. 太りやすい体質改善には食欲を抑えるツボ押し習慣

  4. 顔痩せしたい、美肌になりたい、女性の願いを叶えるツボはここ

  5. 集中力を高めるツボ

    やる気を出して集中力を高めるためのツボと改善策

  6. 石のように重い、硬い肩こりにツボ押し

  7. 四十肩/五十肩をどうにかするツボとその症状を解説

  8. 苦しい咳が続く慢性気管支炎の時に有効なツボ押し