女性に多い足の冷え性を解消するツボとその原因&対策

冷たい足の冷え性で悩んでいる方はとてもたくさんいます。身体が冷えると血管が収縮して血行が悪くなるため、代謝が低下し体調を壊して病気になってしまう原因となります。体温が35度になると白血球の働きが鈍り、ガン細胞を増殖すると言われています。どうして冷え性になってしまうのでしょうか。

原因と対策についてと足の冷え性を解消できるツボについて紹介します。

足の冷え性のツボ

「気」「血」の通り道である経絡の交差点に経穴(ツボ)があります。全身の不調を改善する有効な手段です。冷え性にも抜群の効果を表します。

①太衝(たいしょう):足甲の親指と人差し指の骨の交差点にあるツボです。

⇒足先の冷えを改善するツボです。

②太谿(たいけい):足首の内側くるぶしの後ろのアキレス腱との間のくぼみにあるツボです。

⇒冷え性の原因となる水分を体外に排出するツボです。

③湧泉(ゆうせん):足裏の親指側肉球と小指側肉球の交点にあるツボです。的を得ると非常に痛いツボです。

⇒ストレスを解消して自律神経を安定させるツボです。

④足三里(あしさんり):膝蓋骨(膝の皿)から指4本下がったところのすねの骨の外側にあるツボです。

⇒胃を快調にして体温を上げるツボです。

⑤三陰交(さんいんこう):足の内側くるぶしから指4本分上がったところのくぼみにあるツボです。

⇒女性特有の不調改善、水分の調整不良を改善するツボです。

⑥至陰(しいん):足の小指の爪の付け根外側にあるツボです。

⇒冷え性には有効で、膀胱炎や頻尿を改善できるツボです。

冷え性になる原因

体内で熱を発する場所は、「筋肉」「肝臓」「胃腸」です。

・女性は男性に比べて筋肉量が少ないため冷え性になる比率も高くなっています。特に足が冷えるのはハイヒールなど足首を固定しないと歩けない靴を履くため、ふくらはぎを使わないことが原因の一つに挙げられます。

・ネット社会の発達によって慢性的に運動不足になりがちな現代は筋肉量も少なくなっていて、足のみならず全身の低体温を招いてしまっています。

・自律神経のバランスが崩れたり、食生活が乱れていると肝臓や胃腸の働きを抑制してしまい、体温を下げてしまう原因の一つとなってしまいます。

<足の冷え性の種類>

①手足末端型冷え性⇒交感神経が優位になると発症します。

②下半身型冷え性⇒代謝不良により発症します。足のむくみ、多汗、めまい等が特徴です。

冷え性の対策

<NGな冷え性対策>

・靴下を履いて寝る

⇒靴下を履いたまま寝ると足を締め付けるので血行を悪くします。反って冷え性を助長してしまう可能性があるためNGです。

・熱いコーヒーを飲む

⇒コーヒーは体温を下げる飲み物です。冷え性対策としてはNGです。

<有効な冷え性対策>

・運動をする

⇒毎日30分以上のウォーキングやストレッチをして血行を向上させることは冷え性には効果的です。

体内で最も大きな筋肉は太ももにあります。太ももの筋トレを行うと体温を上昇させるので冷え性には効果的です。

・禁煙する

⇒タバコを吸うことによって血行不良を起こしてしまいます。禁煙して血行を改善するのは冷え性対策には有効です。

・体温を上昇させる食事を摂る

⇒しょうが、魚介類、肉類など身体を温める食事をすると冷え性対策になります。

・風呂に入る

⇒ぬるめの風呂に15分以上じっくり浸かると体温が上昇するので冷え性対策には有効です。シャワーは冷え性対策にはなりません。

足の冷え性のツボまとめ

以上が女性に多い冷たい足の冷え性の悩みを解消するツボの紹介です。いままで足が冷たいからと靴下を履いたまま寝ていた方はその方法は間違っているのですぐにやめることを提唱します。

運動をする、食事を改める、風呂に入る、禁煙するなどの対策がありますが、禁煙することでストレスを感じるようであれば特にはオススメしません。まずはストレスをなくして自律神経を安定させることに意識を持ちましょう。

それらの対策と合わせて、足の冷え性に効果があるツボを刺激すると冷え性の悩みが解消できるので試してみて下さい。

関連記事

  1. 目のかすみを解消するツボと目がかすむ原因&対処法

  2. 目のかゆみを今すぐ抑えたい時に使えるツボ押し

  3. 食欲不振に有効な胃のツボ3選

  4. 手足の関節痛や痛みに効くツボ押し

  5. 頭の痛みに効果のあるツボ押し

  6. 耳鳴りを解消できるツボとその原因から治療法まで

  7. のどの腫れを早く緩和するツボ押し

  8. 肩こりを解消するツボと改善のためのストレッチ