性的不全に愛情を込めて二人でツボ押し

性的不全は男性においては勃起不全です。女性においては不感症が代表的です。どちらもホルモンバランスの異常をともなう更年期に起こりやすい症状です。女性には耳馴染みのある更年期ですが、これは男性も例外ではなく骨格筋や筋肉の形成や生殖器の発達にも大きく作用する、テストステロンと言う男性ホルモンの減少により引き起こされます。性的不全は夫婦やカップルのコミュニケーションにも障害をきたします。そのため関係性が悪く前に早めの対処が必要です。スキンシップも兼ねてお互いにツボ押しし合うのも良いです。

子宮や生殖器への血流を高める八髎 (はちりょう)穴

八髎 (はちりょう)穴は仙骨にある8個の穴を総称したツボのことです。子宮や生殖器の神経支配に関係している大事なツボ群になります。性的な働きと関係の深い副交感神経の中でも特に陰部への神経が集合している部分です。自分で刺激するのも良いですが、夫婦やカップルでお互いにツボ押しするのが良い場所です。

八髎穴の刺激方法

①自分でツボ押しするときは八髎穴の一番上に左右の中指を当てます

②左右4個、合計で8個ありますので上から順番に揺らすようにツボ押しします

③八髎穴の上には硬い靭帯がありますので、少し強めにツボ押しします

④ツボのゴリゴリした感じが柔らかくなると効果が期待できます

⑤二人で行う場合は、うつ伏せに寝てもらい上から親指で押してもらいます

子宝のツボ三陰交(さんいんこう)穴をツボ押し

三陰交はその名のとおり、3つの陰経の経絡が交わる大切なツボです。陰経と呼ばれるだけあり陰部の働きとも関係が深く、別名「子宝のツボ」とも呼ばれています。三陰交穴は内くるぶしから上に指4本分上がったところにあります。

三陰交穴の刺激方法

①三陰交穴に同側の親指をあてます

②デリケートなツボなので優しく円を描くようにツボ押しします

③膝の内側に響く感じがゆるくなってきたら効果が期待できます

男性ホルモンの分泌を促す大赫(だいかく)穴をツボ押し

大赫穴はおへそから指4本分下の正中線より指半分のところから、5mmほど外側にあるツボです。男性においては精力増強のツボとして有名です。女性の場合は子宮の働きや生理痛にも有効です。生殖器系のホルモン異常を治療するのによく使うツボなので、性的不全に欠かせないツボ押し部位になります。

大赫穴の刺激方法

①アバウトでよいですから大赫に人差し指、中指、薬指の3指をあてます

②軽くお腹の脂肪の遊びがなくなるまで押します

③硬いところにあたってから息を吐きながらツボ押しします

④息を吸いながらツボ押しをゆるめます

⑤この動きを5回ほど繰り返し、お腹が柔らかくなれば効果が期待できます

性的不全のツボ押しまとめ

性的不全はデリケートな問題です。そのため単刀直入に指摘するとお互いを傷つけることにもなりかねません。そのような時に性的不全のツボ押しを思い出して、お互いのスキンシップも兼ねて行ってください。性的不全のツボ押しで使う部分は、内臓の機能においてもデリケートな部分なので、無理に強く押したりしないように注意が必要です。ツボ押ししているうちに気分が高まってくるような押し方がベストです。愛情を持ってツボ押ししてあげてください。

関連記事

  1. お腹のツボ

    いつまでも元気で過ごすために健康維持と病気予防のツボ押し

  2. 胃が痛い、腹が痛い!そんな時に効くツボとその原因&対策

  3. 眼の奥まで痛い眼痛に効くツボ押し

  4. 喉の痛みや腫れに効くツボとその原因&対処法

  5. 声が枯れた時に解消できるツボとその原因&対処法

  6. 片頭痛を和らげるツボとその原因・前兆

  7. ポッコリお腹のダイエットに効くツボと有効な対策

  8. 耳鳴りは内耳への血流を高めるツボ押しで改善