手足は冷たいのに顔は汗?冷えのぼせに効果的なツボ押し

冷えのぼせは地味な症状ながらも6割以上の女性に自覚症状のある、手足は冷えているのに顔や頭は火照ってしまう不快症状のひとつです。元々は冷え性から始まる症状ですが、冷え性の改善を怠ってしまい、症状をこじらせてしまうことで冷えのぼせに発展してしまいます。原因の多くは血行不良や体内における水分調節の異常です。よって冷えのぼせを解消するためのツボ押しも血液循環と体内の水分調節に関わる腎臓系のツボを使います。

女性の必須穴!血に関わる重要な「血海」をツボ押し

血の海と書いて字の如く血海(けっかい)と言うツボは、膝のお皿の上にあるツボです。膝のお皿の内側の角あたりから指3本分ほど斜め上にある、血液循環に関わる重要なツボのひとつです。特に経絡の中では女性疾患に関係の深い脾経のツボです。血海のツボ押しすると、血液循環が上がり、冷えのぼせの解消や女性特有の更年期障害の緩和、生理痛などにも有効です。

血海穴の刺激方法

①血海穴に親指を当てます

②強く押すと痛いツボなので、痛気持ち良いくらいの強さで押さえます

③優しく円運動でマッサージします

④円運動で全体的にほぐれてから親指で少しだけ強めに指圧します

⑤血海穴が柔らかくなるまで③と④を繰り返します

膀胱経と腎経をつなぐ至陰穴で水分調節

体内の水分調節に欠かすことのできない膀胱の働きを調整する至陰(しいん)穴は、足の小指の外側にあります。そして爪の角を去ること1分(1~2mm)の部分にあります。至陰は冷えのぼせ解消には重要です。経絡上では膀胱と腎臓のつなぎ目にもなっています。体内の水分調整に関わる2つの内蔵を同時に効かせる有効なツボです。

至陰穴の刺激方法

①指でも良いですが、しっかり効果を出したい時は爪楊枝を使います

②至陰穴に爪楊枝の頭の部分をあてます

③至陰穴から小指の腹の方向へツボ押しします

④肉厚のないツボなので強く押す必要はありません

⑤3~5回ほどツボ押しして痛みが軽減してくれば終了です

下半身の冷えに対処する胞盲(ほうこう)穴

胞盲穴は仙骨にある第二仙骨孔と呼ばれる骨のくぼみから指の横幅3本分の位置にあります。胞盲のツボ押しは下腹部の張り、冷え症や腰痛などにも有効ですが、臀部を暖めることで冷えのぼせが緩和されることから胞盲への刺激も同じく有効です。

胞盲穴の刺激方法

①たっていると筋肉が硬くなりツボ押しが難しいので、うつ伏せに寝ます

②親指を胞盲にあて、臀部を包むように把持します

③近くに梨状筋があり痛みも伴いやすいので優しく押します

④痛気持ちよいところで10秒ほど持続的に指圧します

⑤お尻全体がポカポカしてくれば終了です

冷えのぼせのツボ押しは下半身のツボを重点的に

今回ご紹介した冷えのぼせに効果のある血海と至陰ですが、どちらも下半身にあるツボです。どの経絡のツボも頭から足まで存在しますが、冷えのぼせに使うツボ押しで大切なことは下半身にあるツボを使うことです。冷えのぼせの症状は東洋医学的には気血が上焦(上半身)に昇りすぎて降りてこない状態です。そのような場合は、下焦(下半身)に気血を引き下げる必要があるので、同じ血液循環や水分調整に関わるツボの中でも下半身にあるツボを重点的に使います。

 

関連記事

  1. 片頭痛を和らげるツボとその原因・前兆

  2. 止まらなくてつらい咳を止めるツボと対策の方法

  3. 毒素が溜まったこの身体からデトックスするツボと有効な手段

  4. ひざ痛に効くツボの紹介とその原因&対処法

  5. 立ち仕事の場所で働く方の悩みに効果のあるツボ押し

  6. ポッコリお腹のダイエットに効くツボと有効な対策

  7. 体が曲げにくい背中のこりや張りに効くツボ押し

  8. 集中力を高めるツボ

    やる気を出して集中力を高めるためのツボと改善策