拍動と一緒に痛む偏頭痛を緩和するツボ押し

片頭痛は特に片側の頭や、ひどい場合は両方の頭こめかみから目のあたりにかけて、血管の拍動に合わせて脈を打つように痛むのが特徴の頭痛です。多くの場合は首の姿勢が悪いことで、脳への血流が低下して脳が酸欠状態になるのを防ぐために起こる血管の拡張痛です。そのため服薬による偏頭痛の緩和を繰り返し続けると少なからず脳への負担も増すので、頭痛薬に頼り過ぎずツボ押しも合わせて緩和できると良いです。

首の血行を促し偏頭痛を緩和する天柱(てんちゅう)穴をツボ押し

天柱穴は首の後ろに並ぶ有名なツボのひとつです。頭頂部にある百会穴とも並ぶ万能のツボでもあります。首のこりや血行を促進するツボなので、偏頭痛の時にも硬くなりやすいツボです。天柱穴は後頭部の髪の生え際にあり、首の骨の横にある太い筋肉1本分を外側にまたいだ凹んだ部分にツボがあります。首にこりを感じるとき、自然に手がいくことが多い場所なので分かりやすいと思います。

天柱穴の刺激方法

①手を頭の後ろに回すようにして反対側の天柱に中指をあてます

②気持ち良いていどの強さで中指を固定して首を前後左右に動かしたり回したりします

③首を動かすと響くような痛みがありますが、それが緩和されれば効果が期待できます

側頭部の緊張を和らげる率谷(そっこく)穴をツボ押し

率谷穴は耳を前に折り曲げて耳の穴をふさいだとき、折った耳の上端が当たるところから、指の幅2本分上の部分にあります。側頭部の緊張を和らげ、血液循環を整える効果がります。その他にも難聴や吐き気を和らげる効果があるので、耳が塞がるような感じや偏頭痛で気持ち悪くなりそうな症状の時にもツボ押しすると有効です。

率谷穴の刺激方法

①両側の率谷穴に中指か人差指をあてます

②ツボ押しの方向は垂直で、痛くない強さで押さえます

③円を描くようにツボ押しします

④緊張が和らいできたら効果が期待できます

頭痛、偏頭痛を問わず万能に使える百会(ひゃくえ)穴をツボ押し

百会穴は頭頂部にあり左右の耳の穴を頭頂部に向かって上がり、正中線上にある万能ツボのひとつです。頭痛、偏頭痛の種類を問わず、頭の症状には何にでも使えるツボです。頭全体の緊張を緩める効果があるので、拍動痛があるときも優しくツボ押しすれば拍動が和らぎ偏頭痛も緩和されやすくなります。

百会穴の刺激方法

①百会穴の上に中指を重ねるようにあてます

②そのまま垂直に10秒ツボ押しして緩める動きを3回繰り返します

③硬さがとれない場合は円を描くようにツボ押ししても良いです

④百会穴が柔らかくなれば効果が期待できます

偏頭痛を緩和するツボ押しのまとめ

偏頭痛の場合は、血管の拍動に合わせて痛みがでるため、早く痛みを何とかしたいと思って強いツボ押しをしてしまうと、さらに血管の拍動が強くなり逆効果になることがあります。偏頭痛のツボ押しをする時は慌てずゆっくり優しく行うようにしてください。また、偏頭痛が起こってからツボ押しを行うよりも、普段からツボ押しをすることで、いざ偏頭痛が発症した時でも症状が軽く収まるケースがあります。偏頭痛の自覚症状がある方は予防する意識を持って習慣的にツボ押しを行うようにしてください。

関連記事

  1. 痔の悩みを解消するツボとその原因&対処法

  2. 足がつる時に、とっさに使える足のつりを治すツボ押し

  3. ふくらはぎのツボ

    ツボ押しに合わせて行う足のむくみ対策

  4. 二日酔いや乗り物酔いの吐き気がある時に押すべきツボ

  5. 不快な時期到来!花粉症を解消するツボを紹介

  6. 立ちくらみの時にマッサージするツボの紹介と立ちくらみの原因について

  7. 簡単!たった2ヶ所のツボ押しでスッキリ疲労回復

  8. 抜け毛・発毛促進にはツボが効果的