気持ちが不安定なときに効果のあるツボ押し

仕事や家事をしていると、思い通りにいかなくてイライラしたり、気分が落ち込んだりします。このイライラや気分の落ち込みはその時だけではなく、自律神経にも悪影響を与えるので、眠れなくなったり、胃痛や頭痛が出たりします。
イライラや気分の落ち込みなどで気持ちが不安定な時には、ツボ押しを行うことにより、心の緊張がほぐれ症状が落ち着きます。

イライラに効果のあるツボ

イライラは、ストレス、精神的疲労、女性では月経によるホルモンバランスの不安定による起こることもあります。

太衝(たいしょう)

足の親指と人指し指の間にある2本の骨と腱が接するV字のくぼみに、圧痛点があります。
人指し指をツボに当て、手前に引きながら脚の中心に向かって押します。痛みが強すぎる場合には、指や反対側の踵でこすっても効果があります。

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの上から膝方向に指幅3~4本分の位置で、すねの後ろの縁に圧痛点があります。
足首をつかむようにして親指をツボに当て、脚の中心に向かって押します。

玉堂(ぎょくどう)

胸骨のほぼ真ん中で、中心線上に圧痛点があります。
中指をツボに当て、皮膚に対して垂直に押します。

内関(ないかん)

手のひらを上に向け、手首の横ジワの中間点に薬指を当てて、肘方向に指幅2~3本分の位置に圧痛点があります。
親指をツボに当て、皮膚に対して垂直に押します。

気分の落ち込みに効果のあるツボ

気分の落ち込みが慢性化してしまうと、うつ病になる可能性があります。また、姿勢が悪くなったり、運動をしなくなったりするので、身体全身に不調が現れます。

湧泉(ゆうせん)

足の裏側で、第2指と第3指の間と踵を結ぶ線の、上からおよそ1/3の位置に圧痛点があります。5本の足指を曲げたときにできるくぼみの真ん中を探すとわかりやすいです。
椅子に腰かけて、ツボにボールをあてて体重をかけて足の中心に向かって押します。

足三里(あしさんり)

膝のお皿の下から、すねに沿ってつま先方向に指幅4~5本分の位置に圧痛点があります
ツボを押す側の膝をたてて座り、反対側の手の親指をツボに当て、脚の中心に向かって押します。

風池(ふうち)

後頭部の神の生え際にあるくぼみの真ん中に、圧痛点があります。
頭を支えるようにして親湯部をツボに当て、骨を押し上げるようなイメージで頭の中心に向かって押します。

列欠(れっけつ)

手首の親指側の骨の出っ張りの、肘側にあるくぼみに圧痛点があります。
親指をツボに当て、腕の中心に向かって押します。

疲労感

気持ちが不安定だと、身体に疲労感を感じます。大切なのは、疲労をため込まないことなので、ツボ押しをして疲労回復させましょう。

天柱(てんちゅう)

首の骨のラインを神の生え際までたどり、頭蓋骨の下にあるくぼみに圧痛点があります。
頭を支えるようにして親指をツボに当て、頭の中心に向かって押します。

膏肓(こうこう)

肩甲骨の上からおよそ1/2のところで、肩甲骨の縁の内側に圧痛点があります。
膝をたてて仰向けになり、置いたボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

この他にも、疲労感には湧泉と足三里を刺激すると効果があります。

身体のケアはしっかりと行っているけど、メンタルケアを怠っている方は多くいます。メンタルが安定することにより、身体の健康が保たれるので、ツボ押しをしてしっかりとメンタルケアを行いましょう。

関連記事

  1. ツボ押しと合わせて行うおすすめの肩こり対策

  2. 肩こりに効果のあるツボ押し

  3. 抜け毛・発毛促進にはツボが効果的

  4. 下痢が治まらない時にマッサージするツボと下痢の原因を追及

  5. 足の筋肉痛を解消するツボとその原因と素早くなくす方法

  6. 腕や肘の痛みやだるさに使える簡単なツボ押し

  7. 太りやすい体質改善には食欲を抑えるツボ押し習慣

  8. 顔痩せしたい、美肌になりたい、女性の願いを叶えるツボはここ