もものツボで痛み改善

生理の悩みを解消することができるツボ

生理の始まりとともに、下腹部や腰が痛み、重度な場合には頭痛や吐き気、めまいなどを伴うこともあります。
また、生理周期の乱れは体調不良につながり、生理痛もひどくなりやすいです。
さらに、月経前症候群は心と身体に大きな影響を与えます。
ここでは、女性の方が悩まされる生理に関する悩みの原因と、効果的なツボを紹介します。

月経前症候群(PMS)とは

生理の1~2週間前から現れる身体の症状の総称です。
症状は、めまい、むくみ、頭痛、腰痛、腹痛、肌荒れ、乳房の張りなどの身体に関する不調や、イライラ、不安感、無気力、気分の落ち込みなどの精神的な不調が現れます。
決まったパターンはなく、人によって症状の現れ方は異なります。
原因の詳細は明らかにされていませんが、女性ホルモンのバランスが大きく崩れることにより、起こるといわれています。

生理痛の原因

生理痛の原因は、生理の時に崩れた子宮内膜から、子宮を収縮させる作用がある「プロスタグランジン」という物質が分泌されるため起こります。
さらに、経血が塊となって子宮頸管を通過するときに痛みを感じます。

生理の悩みへの対策

ツボ押し以外にも対策方法があります。月経前症候群や生理痛はストレスや疲労が溜まっていると、症状が悪化することが多いです。
そのため、まずはリラックスできる時間を作り
気持ちを落ち着かせることが大切です。
しかし、現代の女性は仕事や家事に追われ、なかなかリラックスすることができません。
そんな方には、腹巻きや靴下などで身体を温めたり、ハーブティーを飲んだりするなど、何かをしながらでも行える対策をおすすめします。
他には、ヨガやストレッチなどの軽い運動や、カルシウムやマグネシウムを多く摂取する方法があります。

生理の悩みに効果的なツボ

月経前症候群と生理痛に効果のあるツボを紹介します。
まずは、2つの悩みに共通するツボを紹介します。

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの上から膝方向に指幅3~4本分の位置で、すねの後ろ側に圧痛点があります。
足首をつかむようにして親指をツボに当て、足の中心に向かって押します。

血海(けっかい)

膝のお皿の内側上端から、指幅3本分斜め上の位置に圧痛点があります。
上から膝をつかむようにして親指をツボに当て、膝の中心に向かって押します。

次に、生理痛に効果のあるツボを紹介します。

次寥(じりょう)

仙骨の中心線から左右に指幅2本分の位置にあり、仙骨の上から2番目にあるくぼみの中に圧痛点があります。
膝をたて仰向けになり、ボールの上にツボがくるようにして体重をかけます。

最後に、月経前症候群に効果のあるツボを紹介します。

太衝(たいしょう)

足の第1指と第2指の間にある2本の骨と腱が接するV字のくぼみで圧痛点をみつけます。
人指し指をツボに当て、手前に引きながら足の中心に向かって押します。痛すぎる場合には指でこするようにすると、刺激が少なくなります。

これらのツボは日常的に押すことにより、ホルモンバランスや生殖器の機能を高められ、生理に関する悩みが減少します。
ツボ押しに合わせて、冷えを予防したり生活リズムを整えたりして、生理で不快な気持ちにならないように対策してみてください。

関連記事

  1. 手のしびれに効くツボとその原因&改善策

  2. 止まらなくてつらい咳を止めるツボと対策の方法

  3. くしゃみとしゃっくりを解消するツボと実用的な止め方について

  4. 真っ赤な目の充血を解消するツボとその原因&対処法

  5. 腕や肘の痛みやだるさに使える簡単なツボ押し

  6. 毒素が溜まったこの身体からデトックスするツボと有効な手段

  7. 風邪の予防や早期回復に役立つツボ押し

  8. 足がつる時に、とっさに使える足のつりを治すツボ押し