痔の悩みを解消するツボとその原因&対処法

お尻の穴とその周辺にできる疾患の総称を「痔」と呼んでいます。痔は切れ痔・いぼ痔・穴痔の3種類が大半を占めています。痛みやかゆみ、出血などを伴い、ひどくすると手術が必要になることもあるので放置してはいけません。

そのような痔の原因と対処法、知っておくと得する改善のツボを紹介します。

痔を解消するツボを刺激する

古来より伝来する東洋医学には「ツボ」の概念があります。<気:き>と<血:けつ>の流れは身体の調子を整えるものであり、その通り道<経絡:けいらく>にある重要な点<経穴:けいけつ=ツボ>を刺激することで、脳から命令が伝達して気と血の流れを改善し身体の不調を良好にするのが「ツボ」の概念です。

<頭部にあるツボ>

①百会(ひゃくえ):⇒正中線と両耳を結んだ線の交差点にあるツボです。

<臀部にあるツボ>

①長強(ちょうきょう)臀部上部にある尾骨の真下にあるツボです。

⇒痔を解消するツボとして有名なツボです。

<腰部にあるツボ>

①腎癒(じんゆ):へその真裏の背骨から外側へ指2本分のところにあるツボです。

⇒親指で指圧しながら状態を反らすと効果的です。

<手・足にあるツボ>

①孔最(こうさい):手のひらを上にして肘の関節から前腕部を手首方向に指4本分の親指側の筋肉の外側にあるツボです。

②承山(しょうざん):ふくらはぎの真下、アキレス腱との交点にあるツボです。

 

どうして痔になるのか

・ほとんどの原因は排便が原因

⇒便秘で硬くなった便を踏ん張ってしまった時に肛門の皮膚が切れてしまったり、うっ血していぼ痔になったりしてしまうことが多いのです。

下痢の場合は、排便の勢いに負けたり回数多く排便をすることで痔を悪くしたり、細菌に感染して痔ろうを患っってしまうのです。

・動かない仕事や力む仕事

⇒ドライバーやパソコン仕事の方は臀部に負担がかかるので痔になりやすくなります。また板前職人や理容店の店員など立ちっぱなしの仕事をしていると常にお腹に力が入っているため肛門がうっ血しやすくなります。

・食生活の乱れ

⇒辛い物などの刺激物を好んで食べたり、過度の飲酒は下痢の原因となり、肛門にうっ血しやすくなります。

・血行不良や不潔

⇒運動不足や冷えによって血行不良を起こすと肛門に負荷がかかります。また肛門部を不潔にしていると細菌に感染しやすく、炎症が起きて痔になりやすくなります。

・妊娠や出産

⇒妊娠すると子宮が大きくなるので肛門を圧迫してしまいます。出産時には強く力むため痔になることが多いのです。

痔に対処する方法

ツボを押すことも有効ですが、痔になった時には以下のような方法で対処することも必要です。

・便秘を改善する

⇒下腹部や肛門を温めると便が柔らくなりやすいので便秘の改善になります。また水分をこまめに取ることが大切です。適度な運動をすることも便秘の改善になります。ウォーキングなど無理のない快適な運動をしましょう。

便秘を改善すると切れ痔・いぼ痔は改善の方向へ向かいます。

・安静にして炎症を抑える

⇒肛門に炎症や痛みがあるときは、アイシングすることが重要です。炎症を抑えることで痛みが治まります。風呂に入って肛門を清潔にしておくことも大切です。飲酒を控えて適切な睡眠をとることでストレスから解消され、痔ろうも回復に向かいます。

下痢をしないように普段から生活に気を付けて過ごすことが重要です。

痔の悩みを解消するツボまとめ

以上が痛くてかゆくて時には出血する痔の原因と対処法の紹介です。

便秘や下痢になると痔になってしまうので、普段からの生活習慣や食生活、睡眠時間を見直して心身ともに健康でいることが重要です。

ストレス社会の現代ではそれらを常にキープすることは困難であるといえます。もし過って痔になってしまい悩んだ時には、ツボを刺激する方法がとても有効です。

関連記事

  1. 体に力が入らない脱力感があるときに効くツボ押し

  2. 必見!生理痛を緩和するツボはここだ

  3. 目のかゆみを今すぐ抑えたい時に使えるツボ押し

  4. ふくらはぎのツボ

    ツボ押しに合わせて行う足のむくみ対策

  5. 鼻水を止めるツボの紹介と鼻水が出るメカニズム&対処法

  6. のどの腫れを早く緩和するツボ押し

  7. 鼻血を止めるツボの紹介と原因について

  8. 耳の痛みを和らげるツボとその原因から対処方法まで