目のかすみを解消するツボと目がかすむ原因&対処法

目がかすんでカレンダーが判別できないこと経験ありませんか。歳を感じる瞬間かもしれませんがその原因加齢によるものだけではありません。

視界がぼやけてしまうのは目の使い過ぎによる疲れ目が大半ですが、時には目の疾患が原因となっている場合もあります。

目のかすみを解消するための原因と対策、簡単に解消できるツボについて覚えておきましょう。

目がかすみを解消するツボとは?

目のかすみに効果的なツボがいくつかあります。古来から伝わる東洋医学の伝統を活用すれば目のかすみを解消することができます。

<頭部にあるツボ>

①楊白(ようはく):瞳の中心からまっすぐ上で眉毛から指1本上にあるツボです。

⇒ゆるめに人差し指で指圧します。

②攅竹(さんちく):両眉毛の一番内側の端部にあるツボです。

⇒親指の腹でゆっくりと指圧し徐々に強くして痛気持ちいいところでキープします。軽く揉み回しても良いです。

③承泣(しょうきゅう):瞳の中心の真下、骨の縁にあります。

⇒人差し指の腹で頬に向かって押し下げるように指圧します。

④太陽(たいよう):眉毛の外縁と目尻の間にあります。

⇒人差し指で両側から内側へ向けてグッと押し込みます。

⑤目窓(もくそう):瞳の中心真上のライン上で生え際から指2本分上にあるツボです。

⇒人差し指と中指で瞳に向かって押し込むように指圧します。

<手にあるツボ>

①合谷(ごうこく):手の甲側の親指と人差し指の股の間にあるツボです。

⇒逆の親指で指圧します。痛みがある場合があります。

<背中にあるツボ>

①肝兪(かんゆ):第9胸椎(背骨)の両側指2本分外にあるツボです。こ

⇒れは自分では指圧できませんが親指でグッとお腹に向かって押し込むように指圧します。

目はなぜかすむのか

目がかすむ原因は「日常生活からくる原因」と「目の疾患による原因」とに分けられます。

<日常生活からくる原因>

・疲れ目によるもの

⇒パソコンやスマホなど同じ距離にあるものを長時間凝視していると、目のピントを調節する筋肉が疲れてしまいかすんでしまうことがあります。また度の合わないコンタクトレンズや眼鏡を使用していると目が疲れやすくなってしまうので、目がかすんでしまいます。

・目の乾燥によるもの

⇒エアコンがずっと効いている場所に長時間いると目が乾いてかすんでしまいます。また自律神経が乱れていると目が乾いてしまうことがあります。目が乾燥すると角膜を傷つけて視界がかすむこともあるので注意が必要です。

・コンタクトレンズの間違った使用によるもの

⇒適正な使用基準を超えてコンタクトレンズを使ったり、傷がついたコンタクトレンズを使用すると角膜が傷ついてしまいます。

<目の疾患による原因>

・老眼

⇒加齢によるピント調整の衰えからくる目のかすみで、40代の頃から発症してきます。近くものが見えにくくなることがあります。

・白内障

⇒加齢により水晶体が白く濁ってしまった状態です。視界全体が暗くかすむ、二重三重に見える、光がまぶしくなるなどの症状が出ます。

・緑内障

⇒ひどくすると失明に及ぶ疾患です。眼圧が急上昇して頭痛や吐き気を伴い発症から48時間以内に処置しないと失明することがあります。

・黄斑変性症

⇒60歳以上の男性に起こりやすい疾患です。片方の視野の中心がかすんだり物が歪んで見えるようになり、視力障害を起こします。

・糖尿病性網膜症

⇒現代の失明原因として最も多い疾患です。糖尿病に伴う網膜の破壊です。

 目がかすんだ時に普段からできる対処法

上記のように目がかすむ原因には単純な目の疲れや加齢だけではなく、失明にまで至る恐ろしいものまであります。そのようなことにならないように普段から自分でケアしておくことが必要です。

・こまめな休憩と距離を保つ

⇒長時間画面を凝視する場合は1時間に15分程度の休憩を取るように心がけましょう。目のマッサージをしたり、蒸しタオルを目に充ててしばらく目を閉じて休憩すると良いです。

また画面からの距離はパソコンなら40cm以上、テレビモニターなら1m以上は離れるようにしましょう。画面が目線より上にあると目が乾きやすくなるのでできるだけ目線より下に配置することがオススメです。

・室内を明るく保つ

⇒室内が暗いと目の疲れを助長します。室内を明るく保ち部分照明などを活用することも有効です。

・目の体操をする

⇒目の筋肉を動かすと筋肉が固まりにくくなり、疲れ目や老眼の予防になります。大きく目を見開いて部屋中をグルグル見回すと目の体操になります。この時顔は動かさないようにすると良いです。

・紫外線を避ける

⇒強い紫外線を避けることは白内障や老眼の予防に繋がります。日差しがきつい場合はサングラスや日傘を活用するとよいです。

目のかすみを解消するツボまとめ

上記のように目のかすみにもいろいろと原因があります。その対処法として休憩や画面からの距離、部屋の明るさ、体操、そして紫外線からの保護があります。恐ろしい目の疾患もほとんどが目の疲れを溜めてしまったことによるものです。普段から目を疲れさせないようにすることは健全な視界を確保するのには重要なことです。

上記のツボを心得ておけば、簡単に目のかすみを解消することができるのです。

関連記事

  1. 不安な気持ちを払拭できるツボ押し

  2. ふくらはぎのツボ

    胸焼けがする時に効果的なツボとその原因&解消方法

  3. 眼の奥まで痛い眼痛に効くツボ押し

  4. 低血圧の改善に欠かせない3つのツボ押し

  5. 喘息の症状を抑えるために知っておきたいツボ押し

  6. 寝違いで首が動かせない時に使えるツボ押し

  7. 手汗の多い方に効果的なツボ押し

  8. 高血圧のセルフケアに使えるツボ押し4選