目の充血は目の周囲のツボ押しで緩和

白目の部分が真っ赤に染まる目の充血は、結膜と言われる薄い膜の中にある血管が何らかの原因で以上に膨らんだ時に充血を起こします。多くは目を擦りすぎた時にできた小さな傷や、目の使いすぎによる疲労が原因ですが、アデノウイルス感染による流行性結膜炎などもあります。ここでは目の緊張を和らげ、目の周囲の血流を高めて目の充血を解消するツボ押しを紹介します。

眼筋の疲労を回復させる陽白(ようはく)穴をツボ押し

陽白穴は眉毛の真ん中から額の方向は2センチ上がったところにあります。眼筋の緊張を緩め血液循環を促すツボです。表情筋を引き締める美容的な効果も合わせて期待できるので、目の充血とともに顔にも疲れが出ているときはしっかりツボ押しすると良いです。

陽白穴の刺激方法

①陽白穴に中指をあてます

②筋肉が薄く皮膚の下はすぐ骨なので力は必要ありません

③陽白穴をツボ押ししながら上下左右に皮膚の遊びを取るように動かします

④皮膚の遊びが柔らかくなってくれば効果が期待できます

外眼筋のうっ血予防に魚腰(ぎょよう)穴をツボ押し

眉毛の真ん中にある魚腰穴は外眼筋のうっ血予防に使えるツボです。集中して一点を見つめすぎると目の筋肉が硬くなり充血を起こしやすくなります。魚腰穴のツボ押しは老眼や乱視にも効果がある目の重要なツボのひとつです。

魚腰穴の刺激方法

①魚腰穴に人差し指をあてます

②皮膚の遊びが多い部分なので滑らないようにツボ押しします

③円を描くようにツボ押しするのが効果的です

④目を開けたり閉じたりして開きやすさを感じれば効果が期待できます

自律神経を調整して充血を和らげる少沢(しょうたく)穴をツボ押し

少沢穴は小指の爪の外側にあります。爪の生え際のところにあるツボです。自律神経の調整に使われますが、目の充血を緩和するにも有効なツボです。頭痛と目の充血が併発している時には特に有効に使えます。

少沢穴の刺激方法

①人差し指と小指でつまむように少沢穴にあてます

②5秒ほど持続的に挟むようにツボ押しします

③3回ほど繰り返しツボ押しして終了します

脾臓の弱りを改善して結膜炎を緩和する陰陵泉(いんりょうせん)穴をツボ押し

結膜炎のときに目立つ下まぶたの充血は脾臓の弱りも原因のひとつです。陰陵泉穴は膝の内側の大きな骨の下で脛骨を下から上に擦り上げた時に行き止まりになる場所にあります。脾臓が弱っているときにツボ押しすると痛みが出ていることが多いです。下まぶたの充血が目立つ時に消化不良も自覚症状があれば押さえてみると効果的です。

陰陵泉穴の刺激方法

①反対側の親指を陰陵泉穴にあて、四指で挟むように持ちます

②5秒ほど挟むようにツボ押しします

③足の内側の骨に沿って響く感じがします

④その響きが緩和するまでツボ押しします

目の充血を緩和するツボ押しのまとめ

目の充血は眼精疲労の顕著な症状のひとつです。コンタクトレンズの使用しすぎや目の乾燥によっても引き起こされます。ツボ押しの効果を最大に引き出すために、ツボ押しする前にホットタオルなどで目の周囲を温めてあげると良いです。目の充血も、目の血液循環を高めるための防御反応とも言えるので、目立ち始めたら早めに目を休めてあげましょう。ツボ押ししても目を休めても改善が遅い場合は、感染症などの可能性もあるので、早めの受診をおすすめします。

関連記事

  1. 毒素が溜まったこの身体からデトックスするツボと有効な手段

  2. 苦しい咳が続く慢性気管支炎の時に有効なツボ押し

  3. もものツボで痛み改善

    臨月の時に押すと効果があるツボ押し

  4. 不安な気持ちを払拭できるツボ押し

  5. 魔女の一撃とも言われる、ぎっくり腰に有効なツボ押し

  6. もものツボで痛み改善

    歯が痛い!しみる時に効果的な歯痛を緩和するツボ押し

  7. 夏バテを一発改善できるツボとその症状&対策

  8. 喉の痛みや腫れに効くツボとその原因&対処法