肩こりに効果のあるツボ押し

デスクワークや家事をしている方の多くは、肩こりに悩まされています。
肩こりは肩周りのだるさだけではなく、悪化するとうつ症状が現れることがあるので、早めに対策を行う必要があります。
まずは、肩こりの原因について説明し、次に肩こりに効果のあるツボを紹介します。

肩こりの原因

肩こりは、肩周りの筋肉が緊張することにより、血行が悪くなり発生します。
さらに、緊張が続くことによって痛み発生物質が産生され、「こり」から「痛み」が発生されるようになります。
肩こりは、日常的に行っている動作が原因になっていることがほとんどです。
以下に、肩こりの原因となりやすい日常生活動作を紹介します。

姿勢

デスクワークや家事を行っていると、頭が前に出て背中が丸くなるいわゆる「猫背」になりやすくなります。
猫背になると首周りの筋肉に大きなストレスがかかるようになります。
そして、長時間猫背が続いて首周りの筋肉が緊張することにより、肩こりが発生します。

歩行

重い肩掛け鞄や、スーパーの袋を持ちながら歩いていると、荷物の重さで肩周りの筋肉が緊張したり、猫背になったりするので肩こりが発生します。
長時間歩く場合には、リュックサックを使用して両手を振りながら歩くことを意識すると予防につながります。

スマートフォン

現在ではほとんどの方がスマートフォンを使用し、ゲームや連絡、仕事をしています。
スマートフォンを操作するときは頭が下を向いて前に出る姿勢になり、首に大きなストレスがかかります。
その結果、首周りの筋肉が緊張し肩こりにつながります。

運動不足

現代では、移動手段が発達しているため意識的に運動をしないと運動不足になります。
運動不足になると身体を支える筋肉の筋力低下が起こり、良い姿勢で身体を支えることができなくなります。
その結果、首や肩周りの筋肉に余分な力が働くようになり、筋肉が緊張して肩こりが発生します。

肩こりに効果のあるツボ

肩こりに効果のあるツボは肩だけではなく、背中や腕にもあります。
肩こりに関係のある筋肉をまんべんなく刺激して、ほぐすことが重要です。
ほぐすべき筋肉は深部にありますが、ツボ押しであれば深部までしっかりと刺激することができます。

肩井(けんせい)

うつむいたときに首の付け根に出る骨と、肩先の骨を結んだ線の真ん中あたりに圧痛のあるシコリがあります。
中指または人差し指、中指、薬指の3本指をツボに当て、皮膚に対して垂直に惜します。

天廖(てんりょう)

肩甲骨の一番とがった位置に圧痛点あります。
中指をツボに当て、皮膚に対して垂直に押します。

肩中兪(けんちゅうゆ)

うつむいたときに首の付け根に出る骨の出っぱりから、左右に指幅3本分の位置に圧痛点があります。
中指をツボに当て、身体の中心に向かって押します。

曲池(きょくち)

肘を軽く曲げたときにできる、横ジワの外側にある出っぱった骨の少し内側に圧痛点があります。
軽く曲げた肘をつかむように親指をツボに当て、骨の内側を腕の中心に向かって押します。

以上の4つのツボを刺激することにより、肩こりが解消されます。
肩こりは、頭部や心臓の病気につながって現れることがある症状なので、肩こり以外に胸痛や息切れなどの症状がある場合には、病院へ受診することをおすすめします。

関連記事

  1. 目のかすみを解消するツボと目がかすむ原因&対処法

  2. 耳鳴りは内耳への血流を高めるツボ押しで改善

  3. 足腰の筋肉痛の解消を早くするツボ押し

  4. 集中力を高めるツボ

    腰がだるい、重たいと感じる時に有効なツボ押し

  5. 冷え性を予防するツボ押しと足湯について

  6. ふくらはぎのツボ

    自分でできる膝の痛みを緩和するツボ押し

  7. 魔女の一撃とも言われる、ぎっくり腰に有効なツボ押し

  8. 足の疲れに効果のあるツボ押し