腕や肘の痛みやだるさに使える簡単なツボ押し

運動や仕事で思いっきり腕や肘を使った時はもちろん、腕を使った重労働をしたわけでもないのに腕や肘が痛い時にも使えるツボ押しを紹介します。近年は肉体労働よりもデスクワークが増えているため、筋肉痛のような腕の痛みよりも、腕に力が入りにくい、だるい、肘に違和感のある痛みが多いです。このような時はツボ押しをすることで血液循環と神経の働きを高まり、腕や肘の痛みが緩和するので活用してください。

腕の痛みとだるさに郄門(げきもん)穴をツボ押し

腕がだるくて力が入らない時や、腕の真ん中の筋肉痛があるときにツボ押しすると効果があるのが郄門穴です。郄門穴は手首のシワと肘のシワの真ん中を線で結んだライン上の、また真ん中にあります。ほぼ腕の中心です。腕の痛みやだるさの他にも動悸、不整脈などにも効果が期待できます。

郄門穴の刺激方法

①郄門穴に親指をあて、四指で前腕を掴むように持ちます

②強く押さえると自然に指が曲がります

③その状態で手首の方向と肘の方向にスライドするようにツボ押しします

④少し強めにツボ押ししたまま、手をグーやパーに動かすのも良いです

⑤腕全体がポカポカしてくれば効果が期待できます

手首を動かす筋が束になっている場所にある支正(しせい)穴をツボ押し

支正穴は、手首の甲側のシワと肘頭を結ぶ線上の真ん中にあるツボです。その奥には手首を動かすための筋が束になって通過しているので、手首や腕の使いすぎによる痛みやだるさに有効です。

支正穴の刺激方法

①肘を曲げて手のひらを胸に向けます

②その状態で中指を支正穴にあて、親指で前腕を挟むように持ちます

③中指で円を描くようにツボ押しします

④ツボ押しされている中指のほうに響きを感じます

⑤中指への響きが軽減すれば効果が期待できます

肘の痛みを緩和する少海(しょうかい)穴と曲池(きょくち)穴をツボ押し

少海穴は肘を直角に曲げたときにでる肘の横シワの小指側にあります。曲池穴は同じ肘のシワの親指側にあります。どちらのツボも肘の痛みや動きに関係するので、肘に何らかの違和感がある時はツボ押しして下さい。

少海穴と曲池穴の刺激方法

①肘を軽く曲げて少海穴に親指を、曲池穴に人差指をあて、挟むように持ちます

②親指と人差指をスライドするように動かしてツボ押しします

③肘の内側と外側に響くような感じがでます

④軽く曲げている肘を少し伸ばしたり曲げたりしてもツボに良い響きが起こります

⑤肘の響きが軽減してくれば効果が期待できます

肘に電気が走るツボ、天井(てんせい)穴をツボ押し

肘を何かにぶつけた時にビリビリと電気が走るような痛みを感じるところがあります。その部分が天井穴と呼ばれるツボです。肘を曲げたり伸ばしたりする時にできる肘頭の少し上腕の方にある凹みです。その少し奥には手首を動かす神経が走行しているので、肘や腕の痛みとだるさに有効です。

天井穴の刺激方法

①天井穴に中指をあてます

②肘を曲げたり伸ばしたりを繰り返しながらツボ押しします

③肘の奥に響く感じが軽くなれば効果が期待できます

腕や肘の痛みに対するツボ押しのまとめ

人間はどうしても手を使う頻度が高いため、腕や肘が痛くなったり、だるくなることが多いです。腕を使わないと日常生活や仕事ができなくなるので仕方ありませんが、使いすぎて痛みを放置すると関節まで悪くする可能性があります。ツボ押しを活用して日頃から腕や肘に疲労を溜めないように心がけてください。

 

関連記事

  1. ふくらはぎのツボ

    自分でできる膝の痛みを緩和するツボ押し

  2. 目のかゆみを今すぐ抑えたい時に使えるツボ押し

  3. 動悸、息切れに心臓の働きと機能を調整するツボ押し

  4. 高血圧のセルフケアに使えるツボ押し4選

  5. 鼻水を止めるツボの紹介と鼻水が出るメカニズム&対処法

  6. ふくらはぎのツボ

    寝違えに効くツボとその症状と対策

  7. ひざ痛に効くツボの紹介とその原因&対処法

  8. 顔のむくみに効果的なツボ押し