集中力を高めるツボ

腰がだるい、重たいと感じる時に有効なツボ押し

腰痛というほどではないが腰がだるい、重たいなど違和感を持つことがあると思います。腰のだるさや重さは腰痛が始まるサインです。長時間の立ち仕事やデスクワークの人は同じ姿勢が続くことで、その姿勢を維持する腰の筋肉が緊張を起こし、血液循環がしょうじるため、腰にだるさを感じます。この段階でツボ押しなどで対処をすれば腰痛を未然に予防することができるので、腰のだるさを感じる人は積極的にツボ押しすると良いです。

慢性的な腰のだるさに腰眼(ようがん)穴をツボ押し

腸骨と呼ばれる骨盤の骨の上部にある腰の凹みが腰眼穴です。骨盤の上部の淵に手をあてて背骨の中心に親指を滑らせると指がはまるところです。腰を横から支える腰方形筋肉が近くに付着しており、慢性的な腰痛の人はその筋肉が硬くなり、腰のだるさを引き起こします。

腰眼穴の刺激方法

①腰に手を回して腰眼穴に親指をあてます

②そのまま腰を前後左右にゆっくり動かしながらツボ押しします

③腰に響くような感じが出ます

④響く感じが緩和したり腰が動きやすくなるまで続けると効果が期待できます

股関節痛にもよく使う環跳(かんちょう)穴をツボ押し

環跳穴は股関節の骨のでっぱりの前で、少し上の凹んだところにあります。中国式とか色々な表現で環跳穴のツボの位置は違う説がありますが、股関節の骨の出っ張りの周囲で押さえると一番お尻に響きを感じるところを選ぶと良いです。股関節痛にもよく使うツボですが、慢性的な腰痛やだるさにも有効です。腰がだるくなる人はよく中殿筋と腸脛靱帯が緊張していることが多いので、環跳穴をツボ押しすることでどちらの筋肉も緊張がとれて腰が軽くなります。

環跳穴の刺激方法

①環跳穴に親指をあてて、四指はお尻のほうに伸ばして固定します

②親指を少し股関節の方向に向けてツボ押しします

③お尻に響くような感じがでれば正しく押せています

④響く感じが軽減すれば効果が期待できます

腎臓を元気にする湧泉(ゆうせん)穴をツボ押し

症状が軽くても重くても腰痛には腎臓の問題がかかわります。特に腰のだるさの場合は腎臓が疲労をお越しているサインでもあるので、腎臓を元気にする湧泉穴をツボ押しすると良いです。長時間の立ち仕事の人は、足が疲れてくると湧泉穴のあたりも張って硬くなります。その段階で湧泉穴をツボ押ししておけば腰のだるさも緩和して腰痛の予防にもなりますので積極的にツボ押しして下さい。

湧泉穴の刺激方法

①湧泉穴に親指を重ねてあてます

②持続的な圧で気持ち良いくらいの強さでツボ押しします

③10病押して緩める動きを左右5回繰り返します

④足の裏がポカポカしてくれば効果が期待できます

腰がだるい、重たい時のツボ押しのまとめ

腰がだるいと感じる時は、筋肉の使いすぎによる筋肉疲労の他にも、内蔵疲労によって起こっている可能性もあります。同じ姿勢での長時間の仕事は筋肉だけでなく、内蔵が収まるお腹のスペースにも不良姿勢による変化が加わるため、内蔵がストレスを感じて腰にだるさや重たさを出すことがあります。腰のだるさは腰痛が始まるサインでもあるので、まだ痛くないからと油断ないで、早めにツボ押しをしっかり行って予防してください。

関連記事

  1. ふくらはぎのツボ

    ツボ押しに合わせて行う足のむくみ対策

  2. 胃が痛い、腹が痛い!そんな時に効くツボとその原因&対策

  3. 足がつる時に、とっさに使える足のつりを治すツボ押し

  4. ひざ痛に効くツボの紹介とその原因&対処法

  5. 首が凝って痛いときのツボと凝りについて

  6. 性的不全に愛情を込めて二人でツボ押し

  7. 女性に多い足の冷え性を解消するツボとその原因&対策

  8. 食欲不振に有効な胃のツボ3選